04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

愛しい家族、愛しい人との対話 _ 静かで 心穏やかなひととき

他界された愛しいご家族や方々との対話回想、思うところを書いています。

【陳謝】対面再開時期につきまして 〜4/20追記〜 

4/20追記

おかげさまで、顔の腫れと痛みが和らいできました。

対面を予定通り、5月から再開いたします。






- - - - -

いつも ご厚意をお待ちになり、長くお待ち頂き、

本当に有難うございます。



対面の再開時期につきまして、5月からと思っておりましたが

体調の都合で判断させて頂きたいと存じます。



(理由)

顔面が赤く腫れ上がって、痛みを伴っている状態です。



(経緯)

天候による花粉シーズンのズレ、

乾燥地域、

疲れやストレス等が一気にきたのでしょうか、

4月3日頃から突然、顔面が真っ赤に腫れ上がりました。

そりゃもう、びっくりしました。

我慢していたのですがあまりにも痛く、ヒリヒリしてきますので

診療所に行きましたが、小康状態すら感じられず、とうとう、

隣の市にある皮膚科まで行かずにはおれない状態でした。



焼けただれたような・・・感じです。

ずっと痛くヒリヒリし、皮膚は腫れ上がっています。

このような状態ですので、どうかご勘弁ください。



対面再開は、顔面の皮膚の状態が治り次第、

させて頂きたいと思います。

再開目処は、拙ブログで必ずご連絡させて頂きます。



生活するだけでも一仕事でしたが、

さらに、顔面の痛みが発生し、

自分にとって不都合なことばかりが起こり、気弱になったら

「 どうして・・・」

と思ってしまいます。

が、そう思いましても現状が回復するわけでもありません。(苦笑)



すべてを、

本当にすべてを、

受け入れるしか他ないんだ・・・という気持ちです。



まるで、自分の弱さと脆さとの勝負のようです。(苦笑)

痛みが増す夜になりますと、不安も出てきます。

" 明日、目が見えなくなっていたら・・・"

" 身体の内側が腫れてきたら・・・"

とかね、笑ってしまう程、不安なことばかりが

夜、頭に浮かぶのです。(苦笑)



世の中には、病気と日々暮らしておられる方々が多いです。

" 自分の、この症状などは とるに足りないもんだ!"

と思ってはいますが、" でも、痛いよなぁ・・・" と弱音を

心のなかで吐いてしまいます。(大笑)



人の心境、気持ち、感情、というのは本当に色々と動きますね。

日々、実感しています。

山の中に引越しましてからは、私という人間は、

「 なんと脆く弱いものだろう!!!」

と呆れる毎日です。




大切な方との交流は、正直になればなるほど、

繊細になっていくんだなと思えています。

繊細というのは、言葉を変えれば、生き難さも含まれます。



続けてゆくなかで、より繊細になっていってしまう_

自分が望まなくても、です。

些細な感触も感覚も逃さなくなってしまいます。

ということは、感じなくても良いことまでも我が身への侵入を

受け入れてしまうということなのかも しれません。

この皮膚もそうなのかも・・・しれませんね。



顔面の痛みとヒリヒリと腫れは、焦っても仕方ないと思い、

ご希望くださる皆様のご厚意に 大きく頼らせて頂くほか、

方法がないと思っております。

重ね重ね、お許しください。





腫れ上がった顔を毎日見ている私の家族たちも、辛いだろうと思います。

身体のどこかが不調な家族が、痛みに耐えている姿を傍で見る_

これは相当辛い。

気が滅入ると思います。

家族たちのためにも、普通の状態に戻れるようにと思っています。









= おまけ =



午前3時ぐらいから灯油ストーブをONしないと寒いのです。
4月中旬の最低気温は、0度ぐらいでしょうか。
氷点下もあり、先日は雪が降っていました。
最高気温は、天気予報で20度ぐらいの日もありますが、
山の中では5度程低いです。
お天気にも心身共に慣れていきますように。





桜のつぼみがようやく膨らんできました。
地面にも少しずつ、草が見え始めています。





陽の暖かと陽射しが貴重だと実感する日々です。
気持ちを明るくするためにも、家族がお花を買いました。
なんていう名前だったかなぁ・・・
えっと・・・・あぁ、思い出せません。(苦笑)
あ!思い出した! ゼラニウムです。








アガサ











Posted on 2018/04/12 Thu. 11:08 [edit]

category: アガサよりお知らせ

thread: 生きること  -  janre: 心と身体

TB: --    CM: 4

12

再開時期、場所につきまして 〜 山の中での生活中間報告 〜 

いつも温かいお心で接して頂き、有難うございます。

随分長い間、お待たせしてばかりで本当に申し訳ございません。

次々に頂くメールのお返事も追いついておらず、重ね重ね、

失礼ばかりしています。



引越から10日間程経ったと思います。

家族が山の中で住みたいということをずっと夢見ていましたが、

あくまでもそれは、家族の願望だと思っていた私です。

まさか、私が、しかも、50才を過ぎてこういう生活をするとは

思いもしませんでした。

ある一定の便利さの中で生まれ育った私にとりまして、

山奥暮らしは未開の土地であり、慣れるには時間のかかる生活。

今迄の生活とは180度違います。



食器洗剤、洗濯洗剤、、、すべてを変えねばなりません。

洗うことが台所に立つことよりも好きで、好きな洗剤を

使うことがある種の憩いになっておりました。

「ささやかなその憩い?と、自然の保護とどちらが大切?」

と家族に何度も問われますと、何が正しいのかは一目瞭然。

自分のささやかな憩いを断念する他ありません。(苦笑)



選択をせまられる時に、正しいことが頭では分かってはいても

人間というのは、なかなか、気持ちをばさっと切替えることが

難しいなぁぁ・・・と痛感します。



正直、好きに選んでいた洗剤が恋しくなりますし、

自然保護は大事と思っておりましても、

面倒くさいなぁと思ってしまう自分がおります。(苦笑)



" 言ってることと やっていることを合致させる "

このことは、自分の内にある感情や欲との闘いだなと

そんな些細なことの中に思います。



まあ〜でも、(苦笑)、現実、自分が流した物(生活排水)を

定期的に確認せねばなりませんので、そうも言ってられません。

便利で好みのものというのは、最後の最後は、とても書けないような

形状と臭いを発するのだと視覚と嗅覚で目の当たりにしました。

使う時は、とても便利で芳しい香りなのに、です。(苦笑)



山奥ということで、

土壌に負担のかけない生き方をせねば、まわりまわって

自分にも経済的負担が大きくのしかかってくる・・・

そんな生活なのです。(苦笑)

不便極まりないこと、このうえないように感じています。



とはいえ、自然の中にお邪魔するのは私たち人間。

人間にとって都合の良い、便利な環境を作っていくことは

自然を壊さねばならないんだと経験しました。

今さら遅いと思わずに、出来る範囲でやっていこうかと

思っています。



今までの生活とは違うことで、初日にびっくりしたことは、

日が沈むとあたりは真っ暗!

ということです。

引越荷物を出した夕方、長野についたのは夜。

慣れた町灯りが次第に少なくなってきます。

村に入ってまいりますと、本当に真っ暗。

ビビりました。

私が子どもの頃からなぜか恐れていた「 真っ暗(暗闇) 」です。

まだ夜の8時過ぎだったと思いますが、真っ暗。

『村の皆さんは、もう寝てるの?』

と思わず、車の中で独り言が出てしまう程でした。



『やだなぁ・・・平地でこんな暗いんじゃ、山の中はもっとすごそう。』

初日からビビりまくり、葉山が恋しくなりました。

でも、物は考えよう。

人工的な灯りが少ないから、見える星の数が多い。

月明かりの明るさが幻想的で美しいのです。



そして。

野生動物達が食べるものを探しに歩き回る時間帯。

彼らの邪魔をしないように、夕方冷えてきますと雨戸をしめます。



不便を承知し、

不便を楽しめたら・・・。

それがいつしか、習慣になっていけたら・・・と思っています。



いかに 今までの生活が 超が付く程、便利であったのかを

実感しています。

水洗トイレ、浄化槽ってなんて便利だったんだろう!

と思っています。



上記の通り、自宅周辺の環境を整える(木を切る等)日々です。

新緑を迎える前に、屋根にかかっている分だけを切らねば

なりません。

少しだけ切る理由は、枝が屋根にあたったり、葉が屋根にたまり、

月日が流れますと屋根に穴が空いてくるからのです。

メンテナンスを怠りますと、サビが出来、穴が出来、雨漏り。



専門家に頼めば、解決して頂けますが、わが家には

そういう余裕資金はありませんので(苦笑)、

家族全員の力で出来る範囲でやっています。

ぼちぼちと。



このような生活を送っていますので、どうしても時間が必要です。

皆様の交流に臨むためには、ここの空気と調和をしていく時間を

是非とも頂きたいと思います。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

【再開時期】2018年 5月1日より

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



長くお待たせすることになり、大変心苦しいですが、

どうかご勘弁ください。

交流を正しくお伝えするのは大変繊細なことなのです。

ビジネス的には出来ない不器用者ですので、

ご理解頂ければ助かります。



対面場所につきましては、

小さな山小屋に住んでいますので、葉山のようなスペースがなく、

あまりにも、山奥すぎるので、考えねばならないなぁ・・・

と思っています。

こちらももう少し考える時間をください。



ご迷惑ばかり、お待たせしてばかりで すみません。

毎日、自宅周辺の散歩(アップダウンがキツいです)を

していますので、少しは体力や体調も良くなればと思います。










= おまけ =

村の中心まで、約10キロ。
車の免許を持っていない私は、完全封じです。
歩いてでも山を降りるぞ!という心の余裕がまだないので(苦笑)
家族のお世話になりっぱなし。
山を降りたところの平地の風景です。
のどかな農村です。





10日間、朝から夕方までずっと作業しとおしでしたが
ようやく、半日休もうということにして、近所(近所という概念が葉山とは違う)の
国宝の三重塔を観に行きました。
とても古かったですが、とても落ち着きました。
葉山で起こったあることが、どういうことなのかが
この三重塔に来て、はっとして、腑に落ちました。

すごーく、地味なんですけどね、度々訪ねたいと思います。










アガサ









Posted on 2018/04/02 Mon. 11:12 [edit]

category: アガサよりお知らせ

thread: 生きること  -  janre: 心と身体

TB: --    CM: 0

02

インターネット繫がり状況ご報告(3/28) 

3/28の今日も腫れています。

お久しぶりです。

海から山へと生活拠点が移り変わり、

様々なことを次から次へと経験している毎日です。

(日常の報告はまたの機会にさせてください。笑)



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

インターネットが繫がりました。

ほっと一安心です。

メールへのお返事は、遅くなりますがさせて頂きます。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -




(一週間程前のご報告↓)

いつも温かいお心を有難うございます。



本日より、インターネット回線を外します。

明後日にインターネット回線工事を長野にて致しますので、

メール等のご返信は、来週26日以降になると思います。



励ましのメールを頂き、本当に有難うございます。

引越先でも、どうぞ宜しくお願い致します。



アガサ










Posted on 2018/03/21 Wed. 05:58 [edit]

category: アガサよりお知らせ

TB: --    CM: 1

21

記念ではなく、日常に刻む。 

大震災、終戦、事件、事故。



命に 関わることは 記念にするもんじゃない。

記念ではなく、日常に刻むもの。



その日だけ 神妙な面持ちをして

合掌する、国の要人や大会社のおえらいさん方。

それらをとりまく空気は 行事的空気。



今も 飼い主を待ちわびる犬や猫や動物達が居る。

彼らを撮り続けるカメラマンがおられる。

彼らにご飯を持っていく保護団体の人達がおられる。



まっすぐな瞳が写った写真に 胸がいっぱいになり、

無責任な権力に 腹をたて、

何も出来ていない自分に 一番腹がたつ。



尊い命を奪われた多くの人達、

多くの動物達。

奪われつつある動物達は、健気にも

心ある人達が来るのを 待っている。

待ち続けている。

今も。

私達が 自分のことしか考えていない時も。



国の偉いさん方、大会社の人達が

心を向けたなら、救える命と心は いっぱいなのに。

賢くない私にさえ それぐらいのことが わかるのに。





" もっと便利に! "





電気を際限なく使う人間の鈍さが

便利を当たり前に思っている人間の勘違いが

多くの命を 奪い続けている。





命に関わることは、記念ではない。

記念でなく

日常に刻み

血の通った動きをすれば

落ちぶれている国政も すこしはマシに

なるかも しれない。
















この日だけ 私は神妙に合掌しては いない。

電気スイッチを押す時に いつも 刻んでいる。



アガサ















Posted on 2018/03/11 Sun. 09:04 [edit]

category: 日常

thread: 心、意識、魂、生命、人間の可能性  -  janre: 心と身体

TB: --    CM: 0

11

愛する人の思い。愛する人への思い。 

人生というのは、本当にさまざまです。

交流の間に入らせて頂くようになりましてからは、

以前よりも 深くものごとについて考えるように

なってきたように思えます。

(単にそういうお年頃になってきたからなのかも。)



交流では、実にさまざまなことを経験させて頂きます。

けれども、交流を通しての経験のみならず、今の自分を

形作っているのは、子どもの頃からの自分だと思います。

口には出さなくとも 胸の内で うっすらと はかなげに

思えていたことが、大人となってしまった私に

濃い影を落としているのだろうと思います。



" 愛する人(恋人、パートナー、伴侶)の思いやり、愛する人への思い "

について 思うところを大切に述べさせて頂きたいと思います。



出会ってからの年数によって、それはそれで様々と思いますが

一概に分けることは出来ないと思います。



一生、同じ人と共に暮らせるのも幸せですし、

ご縁があって、別の方と共に暮らせるのも幸せです。

また、

戸籍に関わらず、互いを思いやれる関係に成れるのも幸せ。



人生は、こうでないといけない、ということは無いと思います。

何をどう選ぶのも、

どう生きるのも、

必ず、覚悟をせねばならない時や事が起きます。

覚悟なしで生きていくことは、難しいかもしれない。

小さい時に、「覚悟かなぁ?」と思えたことを思い出しました。

私の大好きなおばのことです。



おばは、戸籍でいうと遠い親戚。

今はすでに他界しています。

生きておられるとどう? 何才? 120才近くなるかな?

おばは、私の祖母の兄のお嫁さんです。

彼女は、戦争でご主人(祖母の兄)を亡くしました。

結婚したばっかりだったそうです。

昔は多かったようですね。

未亡人となった頃、まだまだ若かったろうと思います。

20才そこそこだったんじゃないかと思います。

でも、一生、再婚しませんでした。



姪っ子の子である私と兄弟をとても可愛がってくれました。

口の悪い、愛嬌たっぷりな弟はニヤニヤしながら、

「おばはん!」と呼んでいました。(笑)

おばのことを本当に大好きでしたし、今も大好きです。

夏休みには、家族で泊まりに行ってました。本当に田舎。

ひっそりと小さな農家をしていたようです。



子どもながらに 私は、

「 おばちゃん、なんで結婚せぇーへんの? 」

と何度か尋ねたと思います。

おばは、にこにこしていただけだと思います。

私もそれ以上、尋ね返すことはしませんでした。

子ども心に、何か納得したんだと思います。

口には出さないおばの思いというものを。



交流を通して、あふれる程の愛情を実感します。

あなたの愛する人は、

残して来た愛する人のことを心から思っておられます。

 何とか元気になってほしい・・・

 少しでも元気になってほしい・・・

 微笑む瞬間があってほしい・・・

というように。



なかには、

新しい愛する人と出会いについて触れる方もおられます。

言われる方としては、

" ずっとあなただけを愛し続けたいのに、そんなことを言わないで!"

ですよ。

だけど、どうか、勘違いなさらないでください。

決して「自分を忘れてほしい」とは思っておられませんから。



あなたが愛する人は、あなたの幸せを願っておられるのです。

あなたにとっての幸せが、ひとりの人を思い続けることならば

それが、あなたにとっての最高の幸せだと思います。

私の愛する「おばちゃん」のように。



ただ、頑なにならないこと。

" 絶対に私は誰とも出会わないし、出会いたくない!"

というように心を固く閉ざすことは なさらないこと。

新しい出会いを受け入れることが善い、という意味では

ありませんよ。



心を固くしてしまうことは、

あなたの愛する人からの愛情や思いやりさえも遮断してしまう、

ということを私は申し上げたいのです。



あなたが他界したと仮定します。

愛する人を残してしまった・・・

愛する人が悲しみの日々を過ごしている・・・

涙で頬の皮膚が荒れてしまっている・・・

そんな姿をずっと見ているとしたら、

そんな姿をずっと見せられていたら、

あなたは、どう思われますか?



愛する人の幸せを祈らずにはおれないし、

愛する人が、愛せる存在や機会を望んでしまうと思います。

それが、人であれ、動物であれ。



逆の立場を想像したら、その言葉の意味がわかってくるように

思います。



愛するというのは、縛りつけることではなく、

愛する人のしあわせを願い続けられることに

似ているんじゃないかと 思うのです。



愛が深くなるほど、静かになっていきます。

心が穏やかになってきます。

愛はとても強いですが、同時に静かなのだと思います。



無理は しない。

心を 閉ざさない。



自然に 沿う。

心を しなやかに。






これからも愛する人の思いを

乏しい語彙力で伝えたいと思います。

ご勘弁ください。









アガサ部屋にずっと居てくれます。
20才の時に母からもらった熊さん。
(もう32年程になるのかぁ・・・)
7年程前、突然他界したMダックスが恋しくて買ったもの。
(色は違うんですけどね。笑)

家族達からは、「お母ちゃんの棺に入れておくんだよね。」と
念押しされます。
「そうや、入れといてや。」と言い返す私。
「入れるものがいっぱいすぎて、入らないんじゃないかなぁ〜」と家族達。
「ぎゅぅ〜と押し込んだら、入るって!」と大笑いする私。

私の棺桶に入れて欲しいリストも言うてあります。(笑)
「書いておいてよ。」と言われたことがあるのでね。
定期的に整理するんですよ、宝物入れのダンボール箱を!(大笑)






アガサ



Posted on 2018/03/09 Fri. 12:00 [edit]

category: 頂いたメールへのお返事

thread: 心、意識、魂、生命、人間の可能性  -  janre: 心と身体

TB: --    CM: 0

09