FC2ブログ
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事

カテゴリ

プロフィール

アガサ

Author:アガサ
他界された愛するご家族、大切な方との対話を地道にお伝えしています。

アガサ

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

粛々と生きていこう

2019.10.18 09:28|思うこと
自分がこの世に生まれたのは、親のおかげ。

その親も、それぞれの親のおかげ。



自分に物心がついてくると、特に若い頃なんかは

正直、感謝の「か」の字もわかっていなかったと思う。



若い頃を過ぎ、年齢を重ねていくなかで、

様々な経験を 自分なりに重ねていく。

嬉しく、楽しい経験よりは、むしろ、苦しく辛い経験を

重ねていくことで、感謝の「か」の字がようやく身に沁みる。



親心の温かさ、

友情の温かさ、

人様の温かさ、

動物家族の温かさ、

いろいろな温かさが 自分の内で浸透していく。

馴染んでくる。



そうやって、感謝の「かん」の字がわかってくる。

災害、事故、病気、、、

世の中の 他人様の 様々なことを 独り祈るように

なってくるのは、

感謝の「しゃ」の字に指をのっけているのかなぁ〜

と思う。

謝という漢字には、

" ありがたく思う心を言葉に表す " という意味が

あるそうだ。



自分が無事であることを有難く思うという意味ではなく、

今、自分がこうして生きながらえているのは、

知ってる知らないに限らず、自分以外の人達のおかげ。

命を差出し、食として生をささえてくれている動物達の犠牲のおかげ。



いつ 大きな辛さがやって来、

いつ 深い悲しみがやって来るのかは わからない。

いつ やって来ようが、動揺しながら、泣きながらでも

粛々と生きていけるように 平凡極まりない日常を

夜空に輝く星々のごとく、貴重に思いたい。



平々凡々と暮らしていれば、他界は美しく充実している。

それが本当かどうかを調べたいとは思わない。

他界に思いを寄せ過ぎることもなく、

この世に居る限りは、この世での生を粛々と受け入れたい。






困っている人達、動物達が、救われますように。

強き立場の者が、弱き立場の命と心を救いますように。



霊媒、霊能者という者がこの世からなくなりますように。

真心を持ち続ける人達が増えますように。















生まれた日に寄せる思い

アガサ


コメント

非公開コメント