FC2ブログ
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事

カテゴリ

プロフィール

アガサ

Author:アガサ
他界された愛するご家族、大切な方との対話を地道にお伝えしています。

アガサ

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

友人ならば

2019.08.25 08:34|頂いたメール
他界された人のことの過去のことを知ったそうにおっしゃる方が

いるそうです。

悪口、陰口、そういった類いのことを わざわざ、SNS経由で

おっしゃるのだそうです。

当然ながら、聞かされる方は、辛くなりますよ。(当たり前)



それだけ、悪口陰口をたたきながらもご自身のことを「友人」と

おっしゃる。

そういう関係は、友達とは言いませんのに。

同じような思いをされている方がおられるかもしれませんので

お返事したものを基にして掲載させて頂きます。



これは、私個人の考え方です。

無責任な気持ちは一切ありませんが、正しいかどうか

わかりません。

冷静に捉えて頂けますことを心から願っています。



- - - - -

(略)

なんと申しましょうか。
友としても、おかしいでしょう。
(友ではないと言えます)

人として、どうかと思いました。

人の悪口や陰口というのは、卑怯者が言うことです。
例え、何かを知っていても、そういうことに触れないのが
「普通」の神経持ち主です。
それが、友情であり、思いやりです。

その方はきっと、その方にずっと嫉妬されていたんだと思います。
(勝手に嫉妬する人は、おられますから)

今もその嫉妬が残っているから、見境無く、そんなことをおっしゃるのです。
(言わない方が素晴しいのに。ね。)

本当に「友」かどうかは、わかりませんよ。
嫌なことをおっしゃる方について、確かめる必要もないと思います。


友というのは、相手を尊重し、相手を尊敬し、
辛い時苦しい時にはそっと見守り、
言葉数が少なくても、お互いの心が心に響くのです。

真の思いやり、時に、道をあやまりかけたら、冷静に意見を本人だけする
真の勇気を持ち合わせている者同士の関係が「友」です。
決定的に言えるのは、本当の友は、自分から「友」なんて言いませんよ。

友ならば、知人ならば、ご本人がいないところで、陰口のようなことを
言い、聞き手を傷つけるのは、正義でもなんでもありません。

まして、ご本人が他界されてそう時間が経っておられないのに、
悪口や陰口などを言うのは、大変失礼で無礼すぎます。

友達、知人ならば、
自分の友達、知人の悪口は言わない。
陰口や悪口を言う人にかぎって、当人の前ではへらへらするのです。
良い人ぶる。(苦笑)

そういう輩とは、一旦、距離と時間をおかれることが善いように
思われます。

(略)

- - - - -



誰しも過去にいろいろなことを持っているのです。

いろんな思いを経験して、重ねて、年齢を重ねていくのです。

若い頃の経験 _

若いがゆえの身勝手さなど、ありますよ。誰にでも。

だからといって、若い時の考え方や行動が今の自分やその人と

同じなわけがありません。



他人様の悪口や陰口をどなたかに言ってる暇があるのなら、

自分の、毎日の行いと心と精神が、どうか? をお考えに

なった方が善いと思います。



悪いこと、言ってしまったな・・・

傷つけてしまったかも・・・

少しでもそう思えるなら、素直に謝る姿勢を育むこと。

行い自体が消滅するわけではありませんが、

心を入れ替えるということは 出来ます。



多分、他人様のことをどうこういう方は、

ご自身のご家庭や生活に 不満たらたらです。



口が悪くてすみません。

メールを頂いた方に代わって吠えさせて頂きます_

" ひとのこと、言うてる暇あったら、自分とこ ちゃんとせぇ!"

ですよ。

自分の身の回り、家族への対応を見直すことの方が

大事だと思います。






インターネットは便利なツールで、今や、時代に欠かせないもの。

便利な反面、不便な面、不都合な面もあります。



悪用するに至る人達は、多い。

広い世界なのに、視野が狭くなるデメリットも含まれています。

インターネットが悪いわけじゃなくて、使い方の問題。

使う人が気をつけなければいけないだけです。



なんでもそう。



友達関係も、そう。

悲しみを持っている人に対して、圧力をかけた口調や態度は

もってのほか。

日常、普段の生き方が、口調や態度、空気に出てしまいます。

どんなに繕っても、です。



"あなたの気持ちを自分は100%理解している。

あなたの知らない事実も知っている。

だから、自分の言うことは正しい!

あなたの考えはおかしいから、言うことをききなさい!"

もうこれはね、おかしいですよ。(苦笑)

そんなふうに、言うこと自体、おかしい。



圧力ですよ。

圧力。



相手のことを本当に思うならば、そういう言い方はしません。

そんな一方的な考え方も、しない。

単に、不満を他人様にぶつけているだけ。



「 困っているあなたをほっておけない!」というのも、

その方の自己満足。

自分のこと(自分の感情)のことしか、考えていない。



そんなの、友達でもなんでもない。

相手のことなんて、全く考えてない。



所詮、

" 友達の友達は、友達ではない " のです。

知人でさえ、ないのです。



出会いは何であれ、時間をかけ、月日が流れいって、

信頼と友情を育み、知人といえ、友に成るのです。

人の関係まで、インスタントや時短はありません。



友に対して持つのは、心からの尊敬。

それがお互いになければ、友ではない。

尊敬と信頼が育くめてこそ、友人。

揺らがない尊敬と信頼ことが、証。

と、思いますよ。





友は、大切な存在です。

数よりも、質。

口数よりも、心が落ち着くかどうか、です。
















アガサ



テーマ:日々のつれづれ
ジャンル:心と身体

コメント

非公開コメント