FC2ブログ
2019/08/13.Tue

空気の流れに沿って 〜 お盆明けより 〜 追記:8/17

空気の流れやそこに含まれるものというのは、実に不思議です。

不思議に思いながらも、数日、数週間、数ヶ月経ちますと

空気に察知した流れや含まれるものの確かさに驚きます。



何が起ころうとも不思議でないこの世ですから、

年齢と共に静観できるようになりつつあるとはいえ、

その流れや変化に応じるには、思案と勇気が必要。



日常を生きるなかで、偶然のことのように起こること_

それらを特別に意識することなく、自分なりに、その時なりに、

過ごしていく。

そして、ある日、突然、「 ああ、そうか 」と気づきます。



気づいてしまうと、今までのようでは居づらく思えます。

それは、まるで、服のサイズが合わなくなったかのように。



とは言え、

" 本当にそうなのか・・・" とも思います。



思案しながらの日常を送り、自分が独りになれる時間を重ね、

少しずつ、頭の中が整理整頓されていきます。

頭の整理がつきはじめると、心の中にある"決断の扉"の取っ手に

手をかけることが出来るのです。





自分には確固たる意志と信念があり、こんな自分に

信頼を寄せてくださる方々が、いつも胸にあります。

中途半端、道半ばでも、自分を優先できることであれば、

迷うことなく、私は気楽な方を選びます。

自分以外の人が関わっている限り、自分を優先しないことを

選ぶ方が自然に思えます。



過去、家庭事情のために辞めることも何度か よぎりました。

自分は影の存在だから、辞めたところで

星の数程おられる霊媒がくりひろげる通信や霊視というものに

何の影響もありません。

これは、自虐でも卑下でもありません。



どのような仕事(作業)も、その人でなければ出来ないというのは

ないと思います。 そのうち、まわっていきます。

だけど、信頼は違うと思うのです。

信頼は、人と人としての繋がり。

一度頂戴したならば最後の最期まで、その方の信頼に尽くしたいと

思います。

期待に応える程の能力はありませんが、尽くすことは出来ます。

それが私の願いであり、信念です。



自分が信頼を寄せたからには、何があろうとも一途に

信頼を心に持っていたいと思います。



交流に重きを置き、静かに内で燃やし続けるように臨み、

お伝えさせて頂くなかで、

必要で大切だと思えるものが芽生え、静かに育まれていきました。



” 交流はまるで、花火のようだ ” といつでしたか、拙ブログでも

述べさせて頂きました。

ご存知のように、日常は、花火的ではありません。

( 日常的ではないから、花火は美しいのだと思います。)



交流を伝え終わる度、頂いたメールにお返事を出す度に、

あっけらかんと平然と割り切ることが、

どうしても出来難い自分がおりました。



お盆明けには、ウェブサイトにも、わかりやすく表示が出来るように

致します。



すべては、空気の流れに素直に応じようと思います。
















【追記】8/17
ウェブサイトの内容を整理しました。
もしよろしければ、ご覧ください。













アガサ







アガサよりお知らせ | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示