FC2ブログ

動物たちのための工夫 〜山の中での山荘暮らし〜

今日は、立冬。

とうとう、冬がやってくるんですね。



自然の美しさと静けさの恩恵を受ける面があり、

自然の中で生きることの内省はいつもあります。



自然と共存して生きるというのは、一時期、

不可能なんではないかと思えました。

所詮、その環境で住んだことのない人が言う言葉_

そんなふうに思ったこともありました。



山の中に住むということは、自然界にお邪魔すること。

人間にとって、不便や快適ということなんて、

どうってことがないように思える事が日常に起きます。



それは、

山の中に家を建てたがゆえに動物達の命を奪ってしまう、

ということ。



そのひとつに、バードストライクがあります。

バードストライクというのは、窓に周囲の景色(自然)が

映り込むために野鳥が窓に思いっきり、突っ込んでしまうこと。

これは、人災です。

そんなことも、私は知りもしませんでした。



引越してきたまなし、突然、ドンッ!という大きな音に驚き、

振り向きますと ツグミが倒れていました。

脳しんとうのうえ、大切な命を落としました。

家族全員、悲しみに包まれました。

せめてもの償いに、近くの木の下に、心から埋めました。

子は泣きながら、墓標を作りました。

私は心が張り裂けそうでした。

「 もう二度とこういうことが起きないように気をつける。」

そう心にしました。



約半年後の先日、突然の「ドンっ」。

ドキっとして振り向くと、雀に似た小鳥がベランダに居ました。

苦しそうにくちばしを開けています。

「 ごめんね、まただ・・・本当にごめん 」

ボロボロと出てくるのは涙だけ。(情けない自分)

気の効いたことも出来ずに、祈るだけの自分に苛つきながらも、

祈るだけ。

( あの子を助けてやって。

 誰か聞いてくれてるんやったら、あの子を助けてやって。

 あの子は何にも悪くないのに。)

本当に無能な自分です。




苦しそうにクチバシを開けたまま、じっとしながらもふらふらの野鳥。



そうこうしていましたら、一匹のシジュウガラがその子に近づいて

鳴いていました。

「 どうしたの? だいじょうぶ?」

と言ってるかのように。

すると、何匹もの小鳥たちも近くの樹に停まり始めました。

仲間を心配したのかどうかは、分かりません。

十数秒後、彼らはどこかへ飛んでいってしまいました。



「 私、傍に居るから・・・」

そう言いながら、息をひそめていました。



その小さな身体の空気が段々と弱々しくなってきたのです。

( 助けてやって!)

その子は私の気配を感じ取ったようで 弱々しく瞼をあけました。



( この子にお願いする何かは残ってるんかな。

 ぺこ(野良愛猫)の時に全部使い果たしたように思うけど、

 ちょっとだけ残ったり貯まってる何かがあるんやったら、

 この子が何とか生きていけるために使いたい。)

誰にお願いをしてるのかは分かりませんけれど、涙と鼻水を

流しながら そういうことを心の中で思っていたのです。



( 無理かもしれんけど、祈るから。)

そう思った直後、その子はパッと飛び立って お隣の山荘の屋根まで

飛べました。

( 最後の力を振り絞ったんかな・・・)

日課の外掃除をしながら、屋根の上を見つつ。

外掃除を終え、再び屋根の上を見ると、あの子は居ません。

( 飛んでいけたかな? それとも、落っこちたかな・・・)



そのままにするのも自然なのかもしれませんが、

命に関わることですから、最後まで・・・ね。

ぺこには、そうしてあげれなかったというのも関係してると思います。



庭ほうき2本とデカちりとりを邪魔にならないところに置いて、

屋根の下あたりに小鳥が落ちていないかどうかを

目をさらのようにして見ていました。



見つくしたのですが、見つけることは出来ませんでした。

見落としてるのかもしれないし、

もしかしたら、飛んでいけたのかもしれない。



何ともすっきりしない気持ちを感じていました。

「 よし!」

今、自分に出来ることをやろう!

わざわざ、防止用グッズを買わなくても出来ることをやる!

家に今あるもので、小鳥達に注意を呼びかけれるものは何?



無い知恵絞りながら、何度か替えました。

" 買わずに、家にある物で バードストライクを防ぐんだ! "



山の中で暮らすというのは、人間がどうこうだけではない。

不便とか楽しいとか、その前にやるべきことがある。

生きていくために、知恵をしぼろう。

命を守るために、行動あるのみ。








あの子が生きていればいいな。








11/9 追記:
R様より頂いた実践なさっている"生活知恵"
・台所で使うアルミ箔をリボンのように細長く切って貼り付ける。
 またはクリスマスやパーティの飾りつけで使うキラキラモール。
(ア:なるほど!キラキラする方が鳥さん達には良いですね!やってみます。)





=おまけ=

最初は、手作りしたペーパークラフトを部屋の内側に釣りましたが
「部屋の内側じゃ、鳥さん達には一緒じゃないの?」
「屋外に釣れるものは、なんだ???」
「古いDVDではどう?」
独り言もここまで来ると大したもんです。
そういうことで窓の外に釣ってみました。
畑でよくある " 鳥よけ "みたいですね。

「これなら、鳥さん達も分かるでしょ!」
独りご満悦の数分後、微風が吹き始めました。
コツン、コツンとDVDが窓にあたります。
(あちゃー、そういうこともあるね。確かに。)
しばし、考えました。

現在は、リボンをプレスリーの衣装の袖下のようにしました。
これを毎朝かけて、毎夕取り込みます。
小鳥さんのために。






アガサ



Comments 1

-

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2018-11-08 (Thu) 07:55 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply