FC2ブログ

秋の晴れ間に。 〜 父の訪問 〜

すっかり秋らしくなりました。

お元気ですか?

わが家はおかげさまでぼちぼちと暮らしています。



以前からこのことを何気なく申しますとびっくりされました。

(一般的には「いつでも見えます!」という誇張が多いですもんね。苦笑)


↓↓↓


「 人様からご依頼を頂いて交流をお伝えしても、

 私自身は、他界した家族や親戚とは滅多に会えません。

 多分、元気にしてるだろうと思うのですけどね。」

ということ。

「 えっ?! そうなんですか? アガサさんは

 自由自在にご家族と話されているのかと思ってました。」

そうおっしゃいます。



もし、他界した家族や親戚や知人友人恩師と私が

好きな時に交流していたとしたら・・・

ろくでもない人間になっていると思います。

人の気持ちがわからない人間に。



もっと会っておけば良かった・・・

手紙や葉書のやりとりしておけば良かった・・・

優しい言葉のひとつでも かければ良かった・・・

自由に会えないと思うからこそ、次から次へと思い浮かびます。

十分に介護をし、看取れたとしても やっぱり いろいろと

思い浮かぶでしょう。

仕方ありません。

それが 人間。

そう思う時があっても日常の流れに押し流され、

あっという間に一日が過ぎていきます。

それの繰返しだと思うのです。



数週間前、ふとした時に 煙草のニオイがしました。

蚊取り線香のニオイかなと思ってみましたが、違います。(笑)

家の中と外の火の元の確認をしましたが、何もなし。

まぁ、いいかと気に留めませんでした。



眠る前の貴重な時間にも ニオイがしたのです。

( あ、また、煙草のニオイがする・・・)

本を読みながらも、しばらくニオイがします。

( なんで煙草のニオイがするんやろ。)

考えても分からないので、まぁ、いいや。(笑)

眠る前の読書時間は、本当に貴重ですから。



その頃の私は 何故かいつも心の中がモヤモヤしていました。

自分は何も出来ない・・・

何も役に立たない・・・

こんな不便な暮らしはいつまで続くんだろう・・・とかね(苦笑)

自分でも珍しいなと思う程、感傷的になっていたようなんです。

もとがいい加減なので、感傷的時間は長く続きませんでした。



待ちに待った秋。

秋は、カラッと晴れる日が多いイメージがありましたが

今年は雨が多いですね。

豪雨、長雨。

久しぶりに晴れましたので、日頃の運動不足解消!とばかりに

30分程の散歩に出掛けることにしました。

家の外に出てしばらく歩きますと、ふわりと煙草のニオイが

また してきたのです。



「 お父ちゃん 」



自然と口からこの言葉が出ました。

ついそう言ってしまったことに驚きました。

心がそう言うのです。

頭ではわかりませんのに。

不思議なもんですね。



「 姿、見せて 」 とか

「 誕生日、言うて 」 とか

「 名前、覚えてる?」 とか

そういうのは 全く要らない。

心がそうだと認識したことに対して、証拠も理由も

何も要らないのです。

あぁ、そういうことだったのかと思いました。

立ち寄ってくれていたんだ。

親って こういうもんなんだ。



煙草のニオイが ふわりとし続けていた数日間は

( 誰やろう・・・)

と思っていながらも、父だとは気づかずでした。



父は 二言 三言 話してくれたと思います。

普通の会話。

帰郷した時に交わすような、普通の会話です。



困っている時ほど何も話さない頑固な娘だと

わかっていたのでしょうか。

それとなく気遣う父の気持ちが有難くて

散歩していましたが、涙がこぼれそうになりました。

山の中の散歩で良かった と思いました。



父の訪れの後、もう 煙草のニオイはしません。

このことは 母には話しません。

話せば きっと 母は淋しがると思うのです。

母はとても純粋な人なので、淋しく感じることは

言いたくない。(笑)



父は、この秋の彼岸入り頃に来たのだと思います。

私が気づいたのは、彼岸明けの翌日。

( 父はお彼岸を大切にしていたっけ? まあ、いいか。)



自覚するほど、父と仲良しだったわけではありません。

可愛げのない少女時代娘時代を過ごし、

父へのわだかまりがほどける30代半ばまで

会話らしい会話をしたことがありませんでした。

それでも わかり合えるんですね、家族って。



親に言えないことが沢山ありました。

今もあります。

困っている時ほど言えないもんです。

それと同じように、親も子に言えないことが

沢山あったと思います。

それで 自然なんだと思います。



細かいことは 要らない。

今、元気なら それで良い。

元気やったら、良いんです。

元気でいると思うことにしています。





秋の晴れ間に 何年振りかで 父の思いに触れました。

ありがとう、お父ちゃん。


















= おまけ =

自宅のベランダから見える秋の晴れ間です。
葉っぱが落ちてきましたので、空が何となく見えるようになりました。(笑)

それにしても、台風が多いですね。大きな地震も。
「もう、ええで。」というぐらい。
そう思うのは人間都合なんでしょうか。
何やら、人工的に地震を起こせるようですね。
海外から日本政府への忠告も無視されているようです。
権力というのは、困ったもんですな。









アガサ







Comments 0

Leave a reply