FC2ブログ

何も出来なくても、自分は自分。

車の免許のない私が山を降りる術は、歩きだけ。

とはいえ、

最寄りバス停まで、徒歩40分強、

村の中心まで、約10キロの道のりを歩こうとは

未だ思えず。(笑)

ほとんど人が歩いていない道を

若干、体調に不安がある自分が単独で出歩くのは

後々考えますと、迷惑がかかるかなぁ・・・

と思ってしまい、ついつい 尻込み中。

たぬき、いたち、きじ、ねこ達では、畑仕事をされている

方々のところまで行けないだろうからねぇ。(笑)



山の中での生活は、ある意味、天の国のよう。

時間の流れるスピードは その日によって違い、

家族以外の方々との たあいもないお喋りは、

山荘に来られた時だけ。



自転車か原付バイクでもあれば・・・

と思いましたが、何かが違うような気がして

気が進みません。(笑)

気が進まない時は、合理的であっても 行動しない。

自分のそうした気のおかげで、不便です!

でも、まぁ、不便ということは、" し過ぎることはない " ですから。

便利な環境だとついつい、" し過ぎて " しまいます。

おやつ、食べ過ぎ。

親離れ子離れ時期に差し掛かっているのに、出しゃばり過ぎたり。あはは







山の中に住んで、いつも 思っていることがあります_

" 自分に何が出来るのか。

 何も出来ない。

 自分には何があるのか。

 何もない。"

という自問自答。

いろいろなことがあって、最近、ふと こう思えてきました、

" 何も出来ず、何もない自分で良いんじゃないか "

って。

そんなふうに思う時もあれば、

いや、もうちょっと頑張れよと思い直したりもします。



そうした何でも無い自分を感じる時、

幼い頃から繰返し見る夢が ふと頭に浮かびます。

穏やかな雰囲気の ひょっこりした山がひとつ。

まるで、色鉛筆か水彩画で描いたような烏帽子のような山に

祖母が幼稚園ぐらいの私の手をひいて、

「 あの山へ行こか 」

「 あそこへ行くで 」

とでもいうような祖母の心の声がしている、のんびりした不思議な夢。



「 うん。行く!」

と祖母に返事した途端、

登っていく感覚はほとんどなく、突然、私の目の前に

山の中腹か 頂上近くにある古い山小屋が建っていました。

焦げ茶色の、古びた木の家。

まるで、今のこの山小屋のような感じです。(笑)



ただ違うのは、店先のような造りで、物を並べる木の台が

いくつもあるのです。

子どもの腰ぐらいの高さの木の台には、何も無いのです。

子どもですから、" お店に何も無い " ことの方が不思議で

「 おばあちゃん、なにも ないで!」

と大きな声で言いますと、

祖母は いませんでした。

「 あれ? おばあちゃんは?」と周りをきょろきょろする私。

いつも ここで起きてしまうのです。

何度も 何度も 見ました。



この山小屋に決まり、周囲が緑で包まれているのを

実際に目にした時、この夢のことを思い出しました。

ここで何があるのかわかりませんし、

用心はすれど、期待は少しもありませんが

いろいろと考える時期なのかも、しれません。

まぁ〜、考えるには ぴったりの場所ですね。(笑)



テレビ無い生活9年目に入り、

テレビ見たいな〜とシビレを切らしかけていた私は

自転車もない生活になり、

歩くしかない。(笑)



360度 緑の世界。

自然の中にいると、自分の弱さや何も出来ないことを

これでもかと知らされました。

" 人は考える葦 " とおっしゃったパスカル氏は、

上手に例えられたと思います。



何も出来ない弱っちぃ自分ですが、

人のことを考えて

家族のことを考えて_

そうやって こちらでの一生を暮らせたら

しあわせだと思います。



何も出来なくても、自分は自分。

自分の価値を問い出したり、見い出そうとしたら、

私は終わりと思います。

価値の有る無しは どうでもいい。

価値があるかないかは 知らん。(笑)



ただ、

人のことを考えて、

家族のことを考えて、

出来る限りのことをしてあげたい。

出来る限りの範囲のことをちまちまと出来るのが

しあわせかなと思うのです。










わけのわからないつぶやきに おつきあいくださり、

ありがとうございます。










= おまけ =

ようやく、春のような気候になりました。(笑)
と思ったら、梅雨だ!
今日の気温は、21度くらいだそうですが、わが家は16度。
長袖ででないとちょっと寒いです。
晴れた日はこんなふうに景色が綺麗です。





可愛い花でしょう?
名前はわかりませんが、可愛いなと思い、撮りました。
名前はわからないけど、良いなと思えるのが気楽です。
自分もそうありたいと思っています。欲深いですな!(笑)





家族が借りている村の畑に久しぶりに行きました。
虫、蛙、花、草・・・その成長ぶりに圧倒されます。
陽にあたると皮膚が痒くなるみたいなので、とりあえず帽子、手袋、マフラー。
今までの自分では考えられない出で立ち。
そのうち、身体が慣れてくるからね、待っとけよ!と思っています。(笑)











アガサ







Comments 0

Leave a reply