FC2ブログ

願わくば・・・ 〜 子ども達へ 〜

春が近づいてきました。

春といえば、日本では 新しい環境に入っていく季節です。



わが家も、引越・転校となりました。(苦笑)

そこで、思うところを子に

先に言っておくことにしました _


「 もう中学か。早いなぁ・・・。

  中学になったら突然勉強が難しくなるわけやない。

  小学校からの積み重ねで、続きやから。ビビることはない。

  そんなことよりも、大事にしてほしいのは、礼儀正しく楽しむこと。

  将来やりたいことがあって、それをやるために勉強が必要なら、
 
  勉強したらいい。

  本当にやりたいと人間思ったら、人から言われんでも

  自分から懸命にやるもんや。

  何回失敗しようが、泣こうががっくりきても、頑張れる。

  勉強に関して、親が勉強させるのはおかしいとお母ちゃんは思ってる。
 
  だから、勉強しなさい、とは言わない。
 
  ◯○○の人生だから、勉強するしないは任せる。

  

  ただ、

  "皆が高校に行くから高校受験する・・・"

  そういう考えは、わが家には、ない。

  皆がするから、周囲がそうやから・・・というので決めるのは

  よくない。

  これは、自分の頭で考えず、自分の気持ちを無視してることになる。


 
  嫌々、勉強するのはよくない。

  勉強が嫌だから働く、というのもよくない。

  卑怯な考えやと思ってる。

  何を選ぶにしても、自分で決めること。それが覚悟するということ。

  もちろん、いつも相談に乗りたいと思ってるよ。

  

  ◯○○がやりたいと思うことに対して、

  それが良いと思えればお母ちゃんは

  出来る限りの協力はしたいと思ってるから。

  

  ただひとつだけ、気を付けてほしいことがある。

  身体を大事にしてほしい。」






" 親は子に何をしてやれるのか・・・"

いろんな育児書や育て方の書籍がたくさん出版されていますが

他人様が書いた本を読んで、わが子にあてはめるなんて

とんでもない。(笑)

同じように成るはずが、ありません。

これが正しい!というのは、私には分かりませんが、

出来ることなんて そうはないように思っています。



人というのは、"あなたのために!"という大義名分?を

自分の中で勝手に掲げて動いたら、大抵は、その相手から

見返りを求めてしまうのです。

子のために親が動く・・・

動き過ぎるぐらいに動く・・・

子がそれを望もうと望んでいなくとも、

親は何かに取り憑かれたように動いてしまう・・・

これは、もはや、愛情ではなくて、欲です。

欲を欲だと思いたくないのも、人間。

正当化させますね、大人は。(苦笑)



お子さんのことでいろいろ悩んでおられる親御さんは多いです。

一番は、学校のことです。

世の中が変わってきたので、学校での勉強がすべてではない、と思います(笑)。
(ア:私は学校がずっと好きでした。)



お子さんが学校に行くのが辛そうであれば、休ませればいい。

言える子どもさんは、まだいいです。

言えない子どもさんも 多くおられるでしょう。

我慢して我慢して、親に心配させたくない一心だと思います。



親は、子どもに何かを買い与えて喜ぶ顔を見て、

自己満足している役目ではないと思います。

むしろ、

子の雰囲気(空気)を感じ取るのが、大事と思います。

そこに " 世間体 " や " 常識 " というのに対して、勇気をもって

大人が立ち向かうことです。

世間体や常識というのは、あっけない程、コロッと変わるもんですから。(大笑)

そんなもんですよ、世間体や常識って。

いい加減と言えば、いい加減。



勉強はどこでだって出来ると思います。

勉強やりたい子は、ほっといても やります。

やらない子は、いくらお金積んでも やりません。

親が見極めてあげること。

親が自分の内にある世間体を取り払うこと。(笑)



本物の友達は、どこでだって出来ます。

クラスメイトだけが「人生で決められた出会い」ではありません。

時期がくれば、心友と出会うのです。

そのかわり、数少ないですよ、本物は。

だけど、本物とは、そういうもんです。










身体を大事にすること。

心を大切にすること。

すべての子ども達に願うのは、このことです。

















ご近所散歩道にある梅です。
ほぼ毎日、「ごんと歩く時間」を作っています。往復30分弱。
梅が好きなんです、私。
寒い頃から咲くでしょう?!
毎年、スゴいな!と思います。
だけど、地味。
桜や他の花達の可憐さと比べるとものすごく地味。
惹かれるんですね、そういうところに。




アガサ




Comments 0

Leave a reply