FC2ブログ
2017/07/24.Mon

人と人との繋がり

大切なご家族を亡くされた方々のお気持ちを思いますと、

地道に生きていくことしか能がない私に出来ることは、

今、与えられているこの生を大切にする以外ないと思っています。



誰かのために、どういうふうに自分が役立っているのかは、わかりません。

直接分からなくても、良いと思っています。

役に立つ、立たないというような判断は誰もすべきではないと思うのです。

大切なのは、心。

自分以外の誰かのために尽くすことが生きている証拠だと思います。

例え、大したことは出来なくても、心を尽くすことぐらいなら

自分にも出来そうだと思えるからです。



" 寂しい思いをしていないでしょうか? "

ご家族、大切な方を亡くされた方々のほとんどが思われるでしょう。

今までも、これからもお尋ねになる限り、お答えします。

知っていることはお話し出来ますが、知らないことは言えません。

(伝え手が憶測や想像で言い切ってしまったら終わりです。苦笑)



" 人と人との繋がり " は、私達の居るこの物質界だけでは

ないようです。

そのことに気づかされることが増えてまいりました。

私たちの世界は、殺伐とした世情になって来ました。

だからこそ、

人と人との真の繋がりや思いやりというものを知らされる度に

生きるということはどういうことなのかを深く思います。



Nさんとご家族の交流からも、温かい繋がりを知らされました。

Nさんから頂いたメールを一部掲載させて頂きます。



- - - - -

(略)

初めにいらしてくれた女の子はおそらく以前に別の霊媒の方に視ていただいたときに
来てくれた子と同じ子なのだと思います。
その方とのお約束は三十分間で息子にたどり着いたか着いてないかくらいで
終了のお時間になってしまいました。
(その女の子が)息子を導いてくださったようでとても感謝しています。
もしかしたらひとりでは会いに行くのに躊躇している息子を連れてきてくれたのかな
とも思います。

細身で顔も細目で額に少し前髪がかかっているとお聞きして息子だとわかりました。
そして十三日にもアガサさんのところに行っていたとのこと。
私が待ちきれなくて月曜日の夜に
「金曜日によかったらアガサさんのところに行ってね。会いたいよ」と話していたのでした。
もしかしたらそれで間違えてしまったのでしょうか。

アガサさんが息子に、助けてくれてありがとうと言ってくださって
息子はとても喜んでいると思います。
人に優しくて人のためになることが好きで、そしてお礼を言われるのが好きな子なんです。
ありがとうございました。

(中略)

息子が言ったことで、アガサさんが「『ごめん』?『ごめんなさい』?どっち?」
とお聞きくださったときに息子は「ごめん、ママ」と言っていたのかもしれないと思いました。

(略)

- - - - -



Nさんの息子さんだと分かった時、本当に嬉しく思いました。

なぜなら、それまでに何度か、私のところに来てくださっていたからです。

私に近づいて来られる方々がそれぞれのご家族や会いたい方と

結びつく瞬間は、何とも言えないものがあります。



前日の夜、間の抜けた顔をしながら、いつものDVDを観ていた私。

そっと優しく、私の腕に触れてくれたのは、この女の子でした。

( 用事があるんですね。明日、必ず、向かいますから。)



伝え手が他界と繫がる時間については、心身が楽なのは、

30分程度だろうと思えます。

しかしながら、

ひとりひとり、性格も事情も違い、

伝わり易い人もおられれば、伝わりにくい人もおられます。

繋がりはじめたかどうかの判別がつかない頃に

タイムオーバーになってしまうのは、私としても不本意。

ようやくエンジンがかかってきた時に、

何とか手応えを感じ始めた時に、

電源オフにするなんて私には出来ない。

何のための、誰のための交流なのか?ということです。

簡単なことではありませんが、尽くしがいのあることです。

ご家族に会って頂きたいって思うことは、自然だと思います。



私達の居る物質界で人と人とが繫がるように、

他界でも人と人とが繫がるようです。

真の優しさと温かい心をかけることは、かける側にとっても

かけられる側にとっても、心温まる機会でしょう。



" 独り寂しく、泣いてさまよっている・・・"

ということはありません。

もし、こういったことを伝え手(霊媒等)が言ったとしたら

それは伝え手の先入観であり、先入観と想像が作り上げたイメージ。

亡くなり方によって、伝え手が決めつけては真実もへったくれも

あったもんじゃない。



真実と先入観は、違います。

先入観は、真実を歪め、妨害します。



あなたの大切なお子さんは

ひとりぽっちなんかじゃない。

真の " 人と人との繋がり " の恩恵を受けておられます。

少しは安心なさってください。












Nさんのお子さんや他のお子さん方に優しい真心で声をかけたその女の子は
Nさんの交流から約1ヶ月に、判りました。
彼女もご家族と交流なさったのです。
本当に良かった。









ごんの散歩道にある、傾きつつも頑張っている桃の木です。
立派に実をつけていますよ!
たま〜の、早朝散歩時にチラ見出来て嬉しかったです。
こうしたことからも勇気と元気をもらえますね。




アガサ









愛しい家族、大切な人との交流 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示