FC2ブログ
2017/06/13.Tue

報われる

交流お伝えが一段落しますと、相続に関することをよくお話しされます。

胸の内、ですね。私なんかが丁度良い"距離感"だからだと思います。

口も硬いし(笑)。



相続というのは、一般的には "本性" が出るように思います。

法律に則って分配されることもあれば、

" ご本人の意思 " が文章で残されていればそれに順じられます。



どちらにしても、受け取る側が互いに譲り合い、気持ち良く分配!

となれば最高なのですが、ぽんっと目の前にお金や不動産がちらつきますと

なかなか そうは行かないように思います。

専門家に間に入って頂いても、ややこしいこともたくさんあります。

遠い親戚までご参加される場合も、あります。(苦笑)

" 貰えるもんは、貰いたい!"

そうなるんでしょうね。



「 え? そんなの、仲良く分けたらいいじゃな〜い!」

と思われる方々もいらっしゃると思います。

すんなりと皆が譲り合うことが出来るのなら、私なんかには

お話しになりません。

皆が譲り合い出来るなら、この世に、警察、弁護士、税理士、

裁判、犯罪というもの自体が存在しないと思います。

その場になると、ころっと変わるというのもあるし、

欲が沸々と沸き出すのが、人の感情です。

魔が差す、というのもあるでしょうね。



想像で考えるのとは違って、現実その場そのケースに遭遇しないと

人間というのは分からん、のです。



私がよく観ていた「名探偵ポアロ」シリーズでも、よく揉めておられます。

「 何にもしていない◯○さんには、相続があって、

 いつもお世話をしていた私には何も頂けないんです。」

というのは可愛いぐらいで、大抵は、犯罪が起こります。

いつの時代も、人の欲は いかばかりか・・・ですよね。



ご依頼を頂くということは、その方のプライベートなことまで

知らされます。

びっくりするような話をよく耳にします。



大抵は、正直で誠実で我欲の少ない方がご心労なさいます。

我欲の強い人に翻弄されるのです。

本当に気の毒に思います。

わが家も、そうした時期が10年程続きましたから、心から

ご心労をお察し出来るのです。



" 人に迷惑をかけず、真面目に地道に生きて質素に暮らしています。

あの人達は何もせず、自由気ままに 生きているのに、

どうして相続出来るのでしょうか? "

空しい限りです。

世の中、どうなってんだろう?って思いますよね。

本当にお気持ち、わかります。

努力や誠実さって報われないのかなぁ・・・と思えたり。



そもそも、" 報われる " ってどういうことだ?と思いました。

" 報われる " というのは、

「 努力や苦労に対して、それに見合ったような期待通りの成果や成功が得られること。」

だそうです。



ここでふと思いました_

" それに見合ったような・・・"

" 期待通りの成果や成功・・・ "

そう考えてしまうことに、そもそも 無理があるんじゃないか?

努力して、苦労して、それに見合った成果や成功をしている人って

この世の中に一体、どれだけいらっしゃるのだろう?と。

結果を期待するから、頑張る・・・というのは確かに在ると思います。

だけど、期待通りに行くというのは、誰にもわからないことです。



例えば、運動会。

子どもたちが皆、頑張りますね。

特にリレー。観る側も力が入ります。

皆、頑張っています。

だけど、突然転倒したり、バトンの受け渡しが上手くいかなかったり・・・

というのが発生してしまいます。

なんでだろうな〜 と思いますが、思ったところで仕方が無い。

一時的にがっかり、悔しくて泣いたりするけれど、

" 皆で頑張ったんだ!"

" ◯○君、◯○ちゃん、頑張ったよ!"

というように、負けてもそれを乗り越えて、清々しい気持ちになります。

これは、勝った側では、味わえません。

種類が、違うのです。



悔しさを乗り越えるというのは、本当に大変なことです。

でも、それは勝つよりも、見えない価値があると思いますよ。

勝ち続けることは、ないし、

負け続けることも、ないでしょう。

人生は、勝ち負けではないし、ましてや、他の人と比べることでも

無いのだと気づいていきます。



それは、" 報われなかった "という悔しさを経験しているからです。

逆に、

「 あぁ、努力が報われたぁ!」という思いは、用心です。

喜んでも、気を引き締め直すこと。

これは肝心ですね。

そのままにしていますと、足元をすくわれます。



この世は、物質至上。

触れられる物が優先されています。

お金は、無いより有った方が良いでしょうし、

家も、そう。

在った方が良い、ですよね?
(うちなんて、両方、ありません! 大笑)




何不自由なく有る、という方々も世の中におられます。

家計は安定し、

家族も元気、

持ち家もある。という方々。

だからといって、そうした方々に一切の不安が無いか?といえば

それは違う話だと思います。

人様を羨む気持ちは、あって自然と思いますが、

くれぐれもご自分の感情にぐるぐる巻きされないよう、ご留意ください。



まぁ確かに、ポンっと相続で入ってくるのは助かるでしょう。

家計も助かるでしょうし、家計に余裕が出来ると

精神的にもゆとりが出てくるかもしれません。

しかしながら「相続する」というのは、プラスもマイナスも相続せねばなりません。

プラスだけの相続は出来ないのです。



この世的(物質的)に考えて生きることは、

私たちの心を狭くしてしまうように思います。

自分の得しか考えないような、ね。

損得勘定しか働かないなんて、味気ないですよ。

人間に深みがありません。



物質的に報われたいと切望されるのなら、我欲強欲で生きねばなりません。

他のことを考えることなく、自分中心で生きねばなりません。

人が泣いていても、自分さえ楽出来れば良いと思えねばなりません。

それが出来れば、物質的に報われると思います。

自分の心と行いは、表情・人相・空気感にまで影響を及ぼします。

どちらで生きようとも、バランスは取られます。



この世は、ごちゃ混ぜ。

不完全な人間で世の中は動いています。

だからこそ、自分の心と対峙出来るのだと思います。

甘い誘惑が多いからこそ、理性を輝かせることが深い意味と意義を持ちます。

" 他の振り見て、我が振り直せ " です。



" 自分の存在を忘れ、

少しでも、自分以外の誰かのためになるかもしれない。

自己満足に浸る暇もなく、葛藤しながらも地道に地味に続けて行く。"

それが本当に幸せだなぁ と思うのです。



報われるとか、報われないとか、そういうのは

どうでもいいと思うのです。



あなたは、素晴しく 心を尽くしておられるのです。

私はそう思いますよ。

















この季節は、ほおずき。
わが家では、食用のほおずきを家族が育てています。
鑑賞用のとは違って、とても美味しかったそうですよ!
「まるでマンゴーのようだった!」と本人びっくりしていました。
(へぇ〜、そうなんやぁ〜・・・)
と思いながらも、私は、今一、勇気が出ません。(笑)
まぁ、そのうち、頂いてみようかな。






アガサ



思うこと | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示