FC2ブログ
2016/12/15.Thu

ドラマのように・・・

他界との交流は、二日前のことであっても

遠い昔のように思えたり、

一ヶ月程前の交流であっても、数日前のように

思えることもあります。



さて。

今回もほとんど覚えていませんが、何気なくメールを

拝見して印象的なことを思い出しました。

それは、Kさんのご機会の前夜のことです。

前夜8時半ぐらいだったでしょうか?

(わが家は8時になると寝る準備をしますから多分その頃です)

私に近づいてこられた方に気づきました。

( 申し訳ないのですが、当日のその時にお越し頂きたいと思います。)

< ・・・の妻です。>

( そうでしたか。明日にお話を伺いたいと思います。)

< あなたの、あのぉ・・・なんというか・・・>

少し言いにくそうになさっていましたので、黙って聴くことにしました。

< あなたの身体をお借りしたいのです・・・>

( え?・・・)

一瞬、驚きました。



( いいえ、それは出来ません。申し訳ないですけれど。)

< でも・・・>

そう言いかけて何かをお考えになっておられましたが、

しばらくして、私から離れて行かれました。

( そういうことは良くない。それは現実的じゃないんですよ。)

女性に話しかけるように、

あらためて自分に言い聞かせるように、呟いていました。



翌日、Kさんをお迎えして交流をはじめ、

交流も終わろうとしていた時のことです。

私的に、すっきりしない " 何か " 。

" 何か " を伝え忘れているような気がする・・・。

それが何かであるかさえも、わからなかったのです。



次の瞬間、私の口から出た言葉で結果、ストンと納得出来たのです。

「 Kさん、昨夜のことなんですけれど、夜8時半ぐらいでしょうか、

 私に近づいて来られたんです、奥様が。

 それで、ですね・・・あのぉ、ちょっと言いづらいような気もしますが

 失礼となればお許しください。」

「 はい。大丈夫です。」

「 奥様が、私に近づいて来られて、何と言いますか、何かを考えながら

 おっしゃったんだと思います。そういう雰囲気でしたから。」

「 はい。」

「 私に < あなたの(アガサの)身体をお借りしたいです。>

 とおっしゃったんです。

 私は『それは出来ません。現実的ではないですよ。』と

 申し上げたのです。」

こんなことを突然言われたら困るなと思いながら、

自分のなかにある常識と葛藤しながらも話しました。



すると、Kさんはちょっと驚かれたような、

だけど どこか嬉しさがにじみ出るような雰囲気で

こう話してくださいました_

「 以前、私と妻は熱心に見ていた外国のドラマがあるんです。

 そのドラマでは、あちらにいった人が霊媒だったかな・・・

 こちらの人の身体に入って、家族を探す、というようなものでした。

 妻は、とても熱心に見入ってまして、何かそのようなことを

 話していたと思います。」

「 なるほど!あぁ、そういうことだったのか!

 Kさん、ありがとうございます。

 おかげで 理解出来ました。

 あぁ、そういうことだったんですね。」





もちろん、そういうことは現実とは違うということを

おふたりはご理解なさっているでしょう。

けれども、

そうしたことも愛情から発せられることだと思います。



奥様のお気持ちは、お察し致します。

ドラマと現実は違うということもご理解なさっていることも。

ご主人のことが本当に大好きな奥様。

だけどだけど、

駄目もとで、、、

万が一にでも可能なら、、、

そのように思うことは誰しもあると思います。



このことで、奥様だということが

揺るぎない確信になったのは言うまでもありません。





家族への愛は、どのような素晴しいドラマでも

表現出来ないと思います。



愛深く。













一ヶ月前ぐらいの、日曜散歩の時にパチッと撮りました。
コスモスの花は好きです。
誕生月あたりから咲く花でしたので、意識するんでしょうね。
自分の影が映ったりしましたがご勘弁を!







アガサ





愛しい家族、大切な人との交流 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示