FC2ブログ
2016/08/16.Tue

過去の上に成り立っている今。

ご依頼を頂いた方々から、その後も時折、メールを頂きます。

最近は、返信時間がとてもゆっくりになってきました。(苦笑)

すみません。



8月に入り、いろいろなことを振り返り、考えます。

今までのことや、これからのことの両方に思いを馳せたり。

原爆、終戦があった月であり、

命について、平和について、

あらためて考えることが多い月でもあります。



そうこうしていましたら、

ある方から久しぶりのメールを頂きました。

書いてくださった方の心の流れをご紹介したいと思います。



- - - - -

2015年の○月にそちらに伺わせていただいた○○と申します。
何度かメールのやり取りをさせていただきました。
憶えていただいてると嬉しいのですが。
あの節は大変お世話になり、主人との仲を取り継いでいただき感謝しております。

あれから一年以上が過ぎ、わたしもいろんな事がありました。
お陰様で落ち着きを取り戻し、幸せな時間を過ごす事が出来ております。
主人が亡くなったことで、沢山の気づきを与えてもらい、
亡くなる以前より多くの事がわかるようになりました。

あの時にわたしも死んだのだなと、近頃強く思います。
自分の設定を新たに作り上げる日々が続いていました。
古い価値観をすて、固定概念を外し、新たな価値観で新たな自分。
(中略)
あれから本当にいろんな心の動きがありました。


「生きねば」
ただそれだけの思いで、ここまできたような気がしています。


(中略)

主人のことはとてもとても哀しい。
今もとてもとても愛しい。
でもわたしの幸せと環境は無関係ですから、
それはそれとして「生きねばならない」のなら、
「幸せで楽しい」という感情をメインにすることを選択しました。

(ご主人の他界は)
わたしに「愛である」ことを気づかせてくれました。
それに関しては、ほんとに感謝しかありません。
主人が身をもって教えてくれたんだと思ってるので、
わたしは生きねばなりません。
しかも、よりいっそう輝いて生きねばなりません。
どんなことがあっても、笑っていられるよと怖くないよと安心してと、
皆に感じてもらえるように。

彼の命を無駄には出来ません。
彼はわたしの中で生きている。
よく聞く言葉ですが、これは比喩のようなものではなく、
ほんとにそういう意味なんだと、ほんとに生きてるんだなと感じています。

(略)

- - - - -



愛しい人の他界は、それまでの考え方や生活を一変させます。

価値観も。

全てが無駄に感じ、空しく思えことが多い。

今までに湧いてこなかった感情や憶測というのも

あるかもしれません。

そうであっても、自分と向き合い続け、

「 生きねば 」と思うことは、実に大変なことです。

" 言うは易く、行うは難し " です。

言うことは、自分のことであっても" 他人事 " 的で、

好き放題、言いたい放題、言えます。

行うことは、自分から奮起せねばならないのです。



最愛の人の他界を無駄にしないためにも、

より一層輝く、笑って生きるんだという方向を辿るに至っても

日によって、時間によって、山あり谷ありのこともあるでしょう。

それでも、笑って生きていく・・・ように感情を切替えるのは

心のしなやかさだろうと思います。



私が回想を書き続けることが少なくなってきています。

素晴しい交流の仲介をさせて頂いているにも関わらず、です。

回想を書き続けることが、

読み手であられる方々にとって、

最愛の人の他界を経験された方々にとって、

心のしなやかさに繫がるのだろうか?

ということ。

善い面もあるでしょうし、

違う面もあるでしょう。



人や動物の死後に起こることを

" 不思議系 "や " 現象扱い " したくありません。

ご依頼人をはじめ、読んでくださる方々を

そうした方向へ注目させ、いつしかそれが "執着" のようなものに

なってしまうことは、本末転倒であり、不本意です。

そして、他界された方々に対して失礼な話。



証拠、証拠、証拠と いつしか 目を吊り上げるような狭い心を

発露させたくも ありません。

ご依頼くださる方々のなかには、そういう方もたまにおられます。

そういう時に限って、通常の何倍も気力と体力を消耗します。

お帰りになったり、お電話やスカイプを切ったあと、

空しさが胸に広がります。

( 精一杯ご自分のことを伝えて来られたのに、

 なぜ、認めてあげようと出来ないのか・・・

 なぜ、" あぁ、そうだ。"と心で感じてやれないのか・・・)

( 誰にとっての「 証拠 」なのか?

 なんのための「 交流 」なのか?・・・)

という思いがぐるぐると駆け巡ります。







愛する、

大切に思う、

感謝する、

こうしたことのなかに、純粋性がなければ

一歩間違えれば、欲が絡んでいることも大いに在ります。

誰のために、愛している のか、

誰のために、大切 なのか、

誰のために、感謝する のか。



自分のために(相手を)愛していたり

自分のために、大切だと思っていたり。

感謝という衣を身にまとっているだけで、

それを感謝だと思い込んでいたり。



本当に、相手を大事に思えるならば

「 生きねば 」なりません。

心歪めて生きるのは、

本当に生きているとは言いづらい。



" 私は誰からも愛されていない "、

" 私には家族はもういない "、

というような、すべてに対して否定的に生きることを

愛しい人や愛しい家族が思っているわけが ありません。



うまくいかないことがあっても、

なにくそと踏ん張りながら、

腹で泣きつつも、

顔では笑って・・・

いつしか それが 本当の心のしなやかさとなり、

うまくいかないことがあっても、

悲しいと思うことがあっても、

「 まぁ、安心してて。」

と、

腹でも顔でも 笑顔が出てくるようになってきます。



家族の他界は、過去ではありません。

大切な人との時間が、消滅したわけではありません。

過去の上に、今が成り立っているのです。



原爆や終戦記念日と設定されている、8月。

この日だけ、

この月だけ、

命について考えたり、黙祷したり、でOKなはずがない。

普段、日常から、私たちは、

自分の考えと行動を一致させていくよう努力し続けることで

他を思いやり、命を祖末に扱わないことで、

「 生きている 」ということになるのだと思います。



" 悲しい。"

この感情の上に、新たな心ある行動を少しずつやっていくこと。

それは、この世を生きている私たちの使命であり、責任。



どう生きていくかを 愛しい家族のせいにしないで頂きたい。

悲しみのせいに しないで頂きたい。

自分の人生におけることを、誰かのせいにしないで頂きたい。



肉体を有することだけに「 生きる 」を結びつけてはなりません。

そうした現象などに頼ることは、私は勧めません。

なぜなら、

肉体(物質)に偏っていて、存在というものからかけ離れているからです。



" 心の中で生きている。"



いつか、ある日、この真意を感じ取られることを

心から祈ります。













アガサ 葉山在住
天国との対話 愛しい家族との時間
~天国の人々の思いを伝えています~






思うこと | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示