FC2ブログ
2016/05/03.Tue

心で感じるもの

人生のほとんどを外国で生きている友人から

教えてもらった詩です。

もう5年程前になるでしょうか・・・。

拙ブログをご覧くださる皆さんにご紹介したくなりました。

その友人の承諾を得て、ここにご紹介いたします。



原文は英語なので、本来の意味と微妙に違う部分もあります。

翻訳、通訳というのは、100%ではないことも、ご考慮ください。



いろいろなご意見や考えがあると思います。

どれが正解というのは、ないと思っています。

静かに、心で感じて頂ければ・・・と願って。



- - - - -



「 魂の会話 」



人間としての生命を試す時期が来た魂がいました。

その魂は、他の似た境遇にある魂が集まる大洞窟へ出向きました。

その洞窟には何百何千の魂が集っており、

それぞれが小さな青白い炎の姿をしていました。



順番が来ると、この魂は立ち上がりこう言いました。

「 私が人間として生まれ変わり、働いたり多くの教訓を学んだりする時が来ました。

 人間としての人生の中で、私を援助し、愛し、育ててくれる家族と誠実な友人が必要です。

 誰が地上での家族になってくれますか?」

そうすると何千もの炎がさざ波のように揺らめき、

何人かが前方に踏み出してこう言いました。

「 私達はあなたを知りません、またお会いした事もない他人ですが、

 親切にしたり愛情を与えるのは非常に快適でかつ容易な仕事です。

 私達が、地上でのあなたの家族と友人になりましょう。」



魂は、再度言いました。

「 地球上で、私を導き、是正し、躾る先生が必要です。

 誰が私の先生になってくれますか?」

また、集まっている炎がさざ波のように揺らめき、

あるグループが前方に踏み出してこう言いました。

「 私達はあなたのことを他の人生で知っていますし、

 尊敬して好きになりました。

 私達が、あなたの先生となる仕事を請け負いましょう。」



魂は、三度目にまたこう言いました。

「 地球上において、私は最大の教訓を学ぶ事になります。

 それは謙虚さ、挑発下での忍耐、それと私を嫌う人々を愛する事です。

 それには、私を嫌ったり暴力を与える人が必要です。

 誰が私の敵となってくれますか?」



今度は、洞窟内に長い沈黙が続きました。



この沈黙を破り、小さなグループが前方に踏み出して言いました。

「 我々はあなたのソウルグループです。

 あなたのことを長い年月を経て知っていますし、

 あなたの学習は自分の事のように大切です。

 これは、一番微妙で難題な仕事ですが、

 もしあなたが傷ついたり暴力を受けたりするのであれば、

 愛する友達にされるほうがいいでしょう。

 我々が地上での敵となりましょう。」





- - - - -






私は ふとした時に、

自分の歩いてきた足跡や足元を見つめる時に、

これを思い出すのです。


























アガサ 葉山在住
天国との対話 愛しい家族との時間
~天国の人々の思いを伝えています~



思うこと | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示