FC2ブログ
2016/03/11.Fri

思いもよらない、人から。

お待合せの場所へ行き、その辺を見回しても おられません。

( あれ?)

と思ったと同時に、違う方向を見ますと、いらっしゃいました。

( きっと あの方だ。)

「 Mさ〜ん!」

私の呼び声が届いたようで こちらを向かれました。

「 早くに着いてしまって・・・すみません。」と申し訳なさそうに

おっしゃいました。



お会いする前に 私に話しかけてくださった方々もおられるのですが

私もうっかり者で、書き留めておける時と お話を普通に聴き、

ちょっとしたお喋りのようなことをして そのまま消え入られることも

あるのです。

この日も そうでした。



Mさんにアガサ部屋へお越し頂いて、少しだけお喋りをして

静かな時間を1分程頂くと、

ある男性が姿を見せてくださいました。

視えること、感知することをお伝えしますと、

「 主人ですわ。」

「 え? ご、主人、ですか? 」

「 はい。姿からすると・・・」

正しい、という連絡がむこうから来ないこともあり、

私自身もそうだとは思えません。

「 失礼ですが、ご主人は お元気なのでは?」

「 はい。」

協力しようと思ってくださるお気持ちをとても有難く思いつつ、

「 いえ。私がお伝えする方は、" あちら " の方々です。

 ご主人がお元気なら、この方はご主人に似ておられる方だろうと思います。」

ちょっと お考えになっていたご様子。

「 無理にお探しにならなくても 良いんですよ。

 でも、この方はご親戚だと私は思います。

 親戚であっても、よくわからない・・・ということもありますから。」

「 はい・・・

 あ! 義父かも。あ、そうです。」

「 あてはめなくても良いですよ。私が描写したような方ならば、

 きっとそうでしょうけれど。笑 」

と言いながら、伝えてこられることを追加で話しました。

「 エプロンをされています。お店をなさっていたのでしょう。

 えっと、何のお店かわかれば良いんですが・・・」

 ( 食べ物・・・ですか?)

正しいという連絡がむこうから来ますので、そのことをお伝えすると、

「 そうです。義父の仕事はそうでした。」

私が感知するご性格面も その通りだったようです。



「 では、何をお話になりたいのか待ってみましょう。」

「 はい。」

「 怒っておられるようです。Mさんに対してではありません。

 息子さんに、です。 あ、ご主人に、ということです。

 怒るという表現もしっくり来ないな・・・

 Mさんには感謝なさっています。

 とても良い嫁さんだと思っておられます。

 が、『 甘やかしているように思える。』とも思っておられます。

 お分かりになりますか?」



Mさんの空気は びっくりしているようでした。

思いがけない人が伝えられ、その思いがけない身内の方からの

話しかけに Mさんの心を見透かされていた、

ご存知だったのだと嬉しかったのでしょうね、

泣いておられたように思います。



「 まさか、義父が来てくれるとは思いませんでした。

 特別に仲が良いというわけではありませんでしたが、

 私のことを親切にしてくれていたように思います。

 病院へ行った時に・・・

 病院へは身内はほとんど顔を出さなかったようですが、

 私が病院へ行った時に、『 お義父さん 』と声をかけたんです。

 そのあと しばらくしてから 亡くなったという連絡を受けて。

 私が声をかけたのがよくなかったのかな・・・と思っていたのです。」



< 有難かった・・・嬉しかった・・・>

「 ありがたかった、うれしかったと 思っておいでですよ。」

< それを言いたかったんです。>

「 御礼の気持ちを言いたかったそうです。」

「 そうでしたか。」



お義父さんのおっしゃりたいことが まだ どことなく

続いていような気がしたので、私は、この方以外に心を向けました。

( あ、ワンちゃんが いる。ワンちゃんと一緒なんだ。)

「 あのですね、この方、ワンちゃんと一緒ですよ。

 ある一定の距離を持っておられるんですけど、

 おとうさんなりに 気にされて 可愛がっておられるんじゃないかと

 おふたり(一人と一匹)を視ていて そう思います。」

Mさんは、そのワンちゃんをご存知でした。



「 他にどなたがおられるのか、探しましょうか・・・」

「 私が会いたいと願っていたのは、そのワンちゃんです。」

「 あ、そうなんですか。」

「 はい。」

「 仲の良かった祖父母もいるんですが・・・

 まさか、義父が真っ先に来られるなんて 思ってもみませんでした。」

「 あちらの順番というものは、どういうふうになっているのかは

 わからないんです、私。 分析することもしません。」



誰かが自分の心(悩みなど)を知ってくれている、

関心をよせてくれている_

しかも、思いもよらない人から。

それはそれは、びっくりですが、ほっとすることでもあるように思います。

なかなか口に出せない思い、悩みを

ひたすら耐えてきている時に そうしたことを知る、知らされるのは

本当に心安らぎます。

耐えていただけに、心が温かくなるような経験が私自身にあります。






伝えられるその人が、誰であるか。

それを認めようとする、しないは、ご依頼人さんの心の状態に

関係してくると私は思っています。

少しの描写などでも「 そうです。」と思える人と、

多くの情報を言われなければ認められない、と思う人と、

自分が言ってほしいことを伝えてこれなければ、と思う人 等

実に様々です。



私が、常に申し上げていること_

" 会いたいと思う人だけに限定しないでください。

 親戚、知人といったところまで、心を広げてあげてください。" 

ということ。

あちらの世界の自由度を広げてあげたいのです。

私たちが四角四面に " 決め込んで " しまったならば

それは、交流ではなくなるように思うのです。



Mさんは、わずかな描写ですでに「その人」だと思われました。

頭で理解(納得)する前に 心がそう感じます。

人によっては、涙となり流れ出てくるものがあり、

人によっては、夢うつつのような時間を感じられるようです。

いづれにせよ、

ご依頼人さんの心が受け入れられた場合、

すぐに、私の身体には わかってもらえた喜びが流れます。

その体感を感じ取りながら、あちらとこちらの人同士の交流を

心身で共有させて頂くのです。

本当に嬉しいだろうなと思います。



思いもよらない人からの伝言は、

思いもよらないほど

心にズドンと

優しく、温かいものを与えてくれました。





















自由を尊重することは、覚悟も必要です。


アガサ 葉山在住
天国との対話 愛しい家族との時間
~天国の人々の思いを伝えています~












愛しい家族、大切な人との交流 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示