FC2ブログ
2015/10/29.Thu

やりたいことがあった・・・けど、

< 頑張ったんだよ。>

< やりたいことが あった。けど、大丈夫。>



まだあちらに行かれて間もない、10代前半の男の子は

そう私に伝えてくれました。

当たり前のように、

誰もが言うように思われるかも しれない。

けれど、同じようなことを話されたことは

ありません。

ひとりひとり、違います。



本当に頑張った人が言う響きと、

普通に頑張ったような響き、

口達者な人が言う響きとは

まったく違う。

私には それが本当に「違う」とわかる。

口先で言わない自分だから わかる。

心が伴っているかどうか、一心瞭然だから。



間もないのに、いろいろなことを話してくれたように

思います。

印象的だったのは、

お父さんの心を気にかけていたこと。

それは、ご依頼人であるお母さんが後で

話してくださったことで、

息子さんの心の深さに しみじみしました。



- - - - -

今日は息子の声を届けて下さりありがとうございました。
外見的な特徴も、内面的なことも、
まさに愛おしい息子の姿でした。

(中略)
○○○○が、今の自分をしっかり受け止めて、
強く生きていてくれていることがわかり安心しました。
悔しさも、執着も、頑張って乗り越えて、前に進んでいる。
家族を愛してくれていて、見守ってくれている。
○○○○が生き続けていて、そしてつながっている。
やっぱり大好きな自慢の息子のまんまでした。

一生懸命伝えてくれた、「頑張ったんだよ」に、
何度でも「頑張ったね、えらかったね」と返していきたいと思います。
大きく手を振ってあの子が迎えてくれるその日まで、
私も優しく、強く、愛を大切に生きていきます。
どんなに悲しくても苦しくても、絶対に腐らないように。

伝えて下さった、お手伝い?応援してる?・・・。
もしかしたら、私が始めたホスピスのボランティアを
応援しているよ!!と伝えてくれたのかもしれません。

(略)

- - - - -



お伝えが一段落したあと、Nさんは

息子さんの最期のその時のことを話して下さいました。



「 神様、僕には

 やりたいことがいっぱいあるんです!」

これが最後の言葉。



私は 

私は 言葉が出なかった。

息子さんご本人は、周囲を明るくし

いつも " 楽しみ " を見つけるのが得意な子。

今こうして、文字を入力していても、

目頭が熱くなり、

喉が ぎゅっとしまり、

胸が 締めつけられる思いがします。



こちらでの一生を伝えるに値するのか、

この子のような素晴しい心を伝えられただろうか、

他のご家族のように 温かな心や深い愛を

そのまんま、伝えられているのだろうか_

人としてやらねばならないことが 山積するばかりです。



< やりたいことが いっぱいあった。>

そうした気持ちを自分で乗り越えて行く過程。

だから、出た言葉 _

< 頑張ったんだよ。>





誰ひとりとして、

同じようなことを話して来られない。

誰ひとりとして。



私も いつか、

○○○○君のように、

「 頑張った。」と言えるように

成長したい。



ありがとう、○○○○君。













アガサ 葉山在住
~天国の人々の思いを伝えています~
天国との対話(霊交信 / 霊界通信)



愛しい家族、大切な人との交流 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示