FC2ブログ
2015/09/16.Wed

心静かなひととき

先日、「心静かなひととき」の依頼を頂き、

機会を持てました。

ご依頼の日々のなかで、私自身にとりましても

そうした機会は タイミング的に良かったようです。

依頼を下さった方々との再会は、本当に

とても懐かしいものでした。



瞑想的なことから始まり、

その場の雰囲気を視て、変えます。

自分でも

(なぜ、これを話しているのだろう・・・)

と思いながらも 流れに任せています。



ひとりひとりの調子を 実感し、

必要があれば お話もさせて頂く_

そういう具合です。



アガサ部屋は狭いので、

おふたりで 丁度いっぱい。

私を入れて、3人となり、

ドアをしめますと、空気がぎゅうぎゅうになります。

生体から発せられる空気感は

本当に わかりやすい。

言葉通り、エネルギッシュです。



おふたりの間に 私は位置して、

静かな時間と空間に入っていきますと、

それぞれの方々から 映像が発せられ、

ちょうど 私の前で ふたつの世界が出来ます。

( あぁ、そうなんだ。

 ○○○さんは、こういうところを視ておられ、

 ○○さんは、こういうところにおられるのか・・・

 へぇ。どちらも良いところだなぁ・・・)

と一瞬思い、

話している自分へと戻ります。



終わったあと、お茶で喉を潤しながら

ちょっとした感想を話してくださいました。

おふたりとも、私が拝見したとおりのところを

話されました。

ともすれば、それっぽいこと_

スピリチュアリティ溢れるようなことを

言いたくなったり、妄想してしまったりします。

そうした知識を付ければ付けるほど、

知識に溺れ、過信し過ぎてしまう人ほど、

視えてくるもの、聞こえてくるものは、

” 色眼鏡 ” 的なものが 増えてきます。

おふたりは、実に ご自身らしさに溢れていました。

自然体で実感することは 本当に

素晴しいのです。



自分のことを 過大評価する人も居ますが、

ほとんどの人は 過小評価します。

過小評価することは 悪いことではない、

と私は思っています。

自分に対して、疑問のようなものが持て、

いつかは、良いことへ繫がるようにも思います。



自分を知るということは、本当に難しい。

一生かかっても、知れるかどうか わからない。

けれども、よく耳にする言葉_

" 自分のことは一番自分が知らない "

というのは、少し違うのだと思いました。

無意識のところなのか、

潜在意識の欠片なのかは わかりませんが

(どっちでもいいですが)

心を静かにしていくと、

(眠りかけている、寝ている感覚)

自分が一番リラックスできる環境や

自分らしさ(個性)というのを

知ることが出来るのかも・・・しれません。



おふたりを拝見し、再認識しました。
























アガサ 葉山在住
~天国の人々の思いを伝えています~
天国との対話(霊交信 / 霊界通信)






思うこと | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示