FC2ブログ
2015/07/22.Wed

一行日記

その女性は 私にこう話されました_

< この時をどんなに心待ちにしていたか

 わかりません。・・・

 そちらにいる間に 娘に何かしてあげれたかなぁ

 と思うんです。>

非常に楽しみにされている気持ちを込めて、

そして、

こちらのでの人生を振り返りながら

少し寂しそうにそうおっしゃいました。

Tさんからお電話を頂く1時間程前のことでした。



脚のあちこちに移る、不思議な感覚と

頭の痛み・・・前頭葉右寄りだったり、

頸椎のあたりから後頭部にかけても痛みが

起こりました。

< 人生 忙しいばかりじゃ いけませんねぇ・・・>

そうおっしゃると 空気ががらっとかわり、

とても嬉しそうに、

とてもしあわせそうに こう話してくださったのです_

< 今日は おばあさん(私の母)と一緒に

 来たんです!

 娘にそう伝えてください。>

私の目の前に在る椅子には、

仲睦まじい母娘の姿が ありました。

50代後半にみえるその女性は 本当に幸せそう!

おばあさんはとても穏やかな温かな感じの方でした。



その様子や話されていることを

Tさんに伝えました。

Tさんは、どれもこれも思いあたるようで

胸につかえていたことを涙ながらに話してくださいました。

「 身体の弱かった母は 働いて働いて働きどうしでした。

 母の苦労をみていましたから、

 私に辛いことがあっても 母には言いませんでした。

 母が大好きです。

 なのに、病気を治してあげることが出来なかった。

 いろいろなことを謝りたいんです。」



娘のTさんの話を聴きながら、

お母さんも泣いておられました。

Tさんがそう話されている間、

お母さんはお母さんで、

「 私にとって娘が支えでした。

 だからどんなに辛くても耐えれました。

 娘が本当に愛おしいです。」

と。



娘は 母を慕い、思い、

母は 娘を愛おしみ、思い。

そのような光景が、数秒続いたように思います。

お母さんが私に、

< これ・・・>

そう言いながら 一冊の本を差し出されました。

黒か、濃紺か・・・そのような色の表紙でした。

Tさんに説明するも、心当たりがないようです。

「 あ、もしかしたら、棺に入れたノートかも・・・

 闘病中の母と私の会話です。

 色は・・・覚えていませんが、普通のノートです。

 母は目が悪くなってほどんど見えなかったので。」

そうご協力くださるも、あちらからの” サイン ”が

私の身体に起こりません。

「 どうやら 違うようです。

 お母さんにお尋ねしますので

 少し待っていてください。」

10秒程経って、

「 黒か濃紺の表紙のものをご存知ありませんか?

 それに拘られているわけではありませんが・・。

 それに、お母さんは、字が読めるようです。」

あちらからの正しいという合図の” サイン ”が

なかなか 来ません。

( ・・・日記・・・日記 確かに日記に

 関係することなんだけど・・・

 一方的な感じは 受けない。

 お母さん、日記が どうされたのですか?)

十数秒経ったころ、

「 あ、わかった! わかりました。

 お母さんは、Tさんと交換日記をしたいそうです。

 もちろん、お母さんの書かれる字が見えてくる、

 ということはないでしょうけれど。」

「 日記、書こうかと思っていました。

 けれど、書けず終いです。」

Tさんの声は 少し嬉しい声に変わっていました。



「 あ、ちょっと待ってください。

 まだ続きを言いたいそうです。」

< 一行だけ と言ってください。

 それ以上長くは(娘にとって)良くないから。(笑)

 私も それぐらいが丁度良いです。>

「 Tさん、お母さんが『一行だけ書いて』と

 おっしゃっています。

 それ以上書くと、娘が悲しむからって。」

「・・・わかりました。母の言うとおりだと思います。

 一行だけにします。」



< 娘に伝えてください。

 私のことを思って、自分の幸せまで制限しては

 いけないって。あの子は私を思って、娘自身が

 幸せを感じ過ぎてはいけないって そう思って

 いるのです。>

そのまま伝えますと、

Tさんは涙声で「そうです」とおっしゃっていました。



< 娘がしあわせを感じる時、私も幸せを感じます。

 幸せになっていいんだと伝えてください。>

( はい。よくわかりました。)

Tさんにそう伝えますと、こうおっしゃっていました。

「 母にいっぱい謝りたいこともあって、

 いろいろ聞きたいこともあったんです。

 でも、

 一番知りたかったのは、

 母が今しあわせかどうか ということでした。

 私が電話する前から、母は アガサさんに

 祖母と一緒に来ていて、とてもしあわせそうだと

 伝えてもらいました。

 私が一番知りたかったのは それでした。」



以下、Tさんから頂いたメールの一部に助けてもらいます。

- - - - -

(略)

セッション中殆ど泣いてしまい,申し訳ありませんでした。
何故か,朝から涙が止まらないのです。
久しぶりに母の声が聞ける喜びなのでしょうね。
こんな歳なのに,恥ずかしいです。

(中略)
祖母と一緒にいると聞いて安心しました。
以前の様な弱々しい母ではなく
元気で,お洒落も出来、文字も書けるようになって,嬉しく思います。
その事が1番心配してた所です。

ずーっと心の中では,母に何度も「ありがとう」と言ってましたが、
やっと直接言うことが出来ました。

一行日記・・・‥母とのつながり。
悲しみが深い,私への母からのプレゼントです。

たまたま黒い表紙のノートが有りましたので,今日から書きます。

(略)

- - - - -





一行日記。

何とも愛がつまった提案です。



” たまたまあった黒い表紙のノート ”

たまたま在ったようですが、

お母さんは ご存知だったのかも・・・

しれませんね。






良うございました。













アガサ 葉山在住
~天国の人々の思いを伝えています~
天国との対話(霊交信 / 霊界通信)







愛しい家族、大切な人との交流 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示
« 自力 | HOME | 不安と焦り »