FC2ブログ
2015/05/11.Mon

洗濯機

待ち合わせの場所におられたのは、

穏やかな雰囲気の大柄な男性。

実に落ち着いておられる方でした。

アガサ部屋へ お入り頂き、他愛もないことを

話しておりますと、

「 今日、青森から来たのです。」

「 青森からですか!出張のごついでとはいえ・・・」

「(笑)いえ、このためだけに来ました。」

「 えぇ?!本当ですか?!」

「 はい(笑)」

「 それはそれは・・・責任重大ですね、私。

 いつも、責任重大なのですけれどもね。」

という会話の後に、静かな調整に入ってゆきました。



あちらからは、たくさんのお身内の方々が

来られていて、内心、どうしようか・・・

そう思う程の人数でした。

お身内以外の方も、お越しになっていて

その方を描写しますとお心当たりがある方でした。

しばらくすると、

若い男性を捉えたかと思うと、私は、

筒状のようなところに 落ちたような、

挟まっているような感覚が全身にありました。

遊んでいて、間違って落ちてしまった感覚。

そうしたことをお伝えするも、

ご依頼人Iさんは、「わかりません」とのこと。

その他のことを描写している際中も、

ずっと、私は ” 窮屈 ” な体感のままでした。

「 Iさんはご存知ないとのことで恐縮ですが

 あまりにも強烈な感覚です・・・

 子どもの頃の思い出のようです。

 事故というか、遊んでいて落ちたんです。

 確かに、そうなのです。

 お帰りになったらお母さんにお尋ねに

 なれればいいのですが、まあ、こうしたことは

 人によっては話づらいと思います。」

と言いながらも、私は相変わらず 狭いところに

ぎゅうぎゅうのままでした。



そろそろ、終わりになるころに、

突然、Iさんは声をあげられました。

「 あ!思い出しました!

 弟は小さい時、5才ぐらいじゃないかな、

 洗濯機の中に 落ちたんです。

 あのまま、洗濯をしていたら、弟は命が

 なかったと思います。

 遊んでいて、落ちたらしいです!」



もう 私は 申し上げることなど

何もありませんでした。

疑う余地もない”証拠” です。

私も納得したと同時に、今まで窮屈だったのが

すぅっと解かれました。



Iさんから頂いたメールの一部です。

- - - - -

(略)

アガサ様のお蔭で弟の存在を、思いを
直接感じとることが出来ました。
今、長年心の中にあった霧が晴れたような
すがすがしい気持ちです。
母にも伝えましたところ、弟が幼少時に
洗濯機に落ちた話に笑い、
なつかしい思い出にしばらく浸っていました。
弟があの世で元気でいる、傍にいて見守っている。
こんなに嬉しいことはありません。
 また子供の頃に可愛がった犬や友人、
祖母や祖父が私のために会いにきていただいたことに
大変驚き、恐縮いたしました。
肉体を去っても、忘れずに私たちを見ていてくれていることに、
心から感謝の思いが溢れます。

これからは、自分だけの人生と考えず、
あの世から思いを受けた方々を忘れることなく、
しっかりと自分の人生を生きたいと思いました。

(略)

- - - - -



洗濯機に落ちるって、

弟さんご本人のみならず、

ご家族もどんなにか心配されたことでしょう。



遠路はるばるのIさん。

帰り道は、きっと足取りも軽く

お帰りになったことと思います。

良かったです。
















アガサ 葉山在住 Agatha
~天国の人々の思いを伝えています~
天国との対話(霊交信 / 霊界通信)










愛しい家族、大切な人との交流 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示
« お弁当 | HOME | 日々徒然 »