FC2ブログ
2015/04/30.Thu

永遠

新緑の美しい季節になり、

晴れの日が多くなりました。

お越しになる日が 良いお天気に越したことは

ありません。

紅茶を淹れながら、しばらくの間、

清楚で可憐な雰囲気のTさんに ほっこりして頂ければ_

そう思いながら、ぼちぼちと調整してゆきました。



しばらくして、若い男性の存在を捉え出しました。

ご依頼人Tさんとの家族関係は男性から伝えられるものの、

私には 夫という感覚よりも ” 恋人 ” の気持ちでした。

「 顎といいますか、顔の形が・・・

 ううん、顎の雰囲気というか形はこんなふうで・・・

 何て言いますか、アイドルっぽいお顔?のような

 ・・・表現って難しいですね・・・

 とにかく、顎はしゅっとした感じです。

 目は、こう・・・

 髪型は、こう・・・で 」

という具合に、描写していました。

性格やお人柄を伝えつつ、私が心の中であることを

願いますと、

” 彼 ” は、黒っぽいつなぎ姿を視せて下さいました。

「 つなぎを着ておられます。

 黒っぽい色の、です。

 このつなぎは何を意味するんだろう・・・」

私には、はっきりとわからないながらも

Tさんには、おわかりになるようでした。



あちらから来られたご家族が私を通して

ご家族に伝えたことが、誰であるかと

認識され始めますと 嬉しいのでしょう、

喜びがとても強く伝わってくるのです。



Tさんへの愛情。

溢れんばかりの愛。

どういうふうにお伝えしたのかは、もう私を

通り過ぎてしまいましたが、Tさんには深く温かく

届いていると思います。

そうして、私は 私を潜め、次第に、

” 彼 ” に 明け渡して行きました。



「 ちくしょー、なんでなんだよ!」



この言葉、私の口から発せられていることに

驚きつつも、任せることにしました。

愛する人を残してしまった悲しみというか、

怒りというか、なんていうのでしょうか・・・

いろいろなことが一度に頭に浮かび、

彼の思いを丁寧に穏やかに補足していったように

思います。



< 家を建てたかった・・・新居を・・・>

「 彼は、お家を建てたかった、建てたいって

 おっしゃています。自分たちの新居のことです。」

「 よく言ってました。

 ガレージ付きの家がいいって。」

「 そうですか。Tさんがおわかりになるなら

 いいですね。おっしゃっている通りですね。

 ありがとうございます。」



彼は、妻のTさんのこれからのことを

考えておられるようでした。

だけど、どう考えてゆけばいいのか、わからない_

そんなふうでした。

私は、彼に

( それで自然だと思います。無理にどうこう、

 今すぐどうこうっていうのは、答えられません。

 いろいろな思いや気持ちが私たちにあるのですから。

 自然に まかせるのが一番良いと思います。)

そんなようことをお話したと思います。

もちろん、彼と私の会話も Tさんにお伝えしました。

Tさんの目からは、止まることもない涙が

あふれていました。

複雑な涙と思います。

寂しい、

恋しい、

そして、ちょっぴり安らぎの涙。



お伝えした内容の一部 _ 思い出せる部分を綴りました。

Tさんから頂いたメールに助けて頂くことにします。
(一部転載します。)

- - - - -

紺のつなぎを着て働いていました。
一生懸命で真面目でかなり頑張り屋さんで、
私の前ではとっても柔らかい、
間違いなく大好きな大好きな夫の言葉でした。
(中略)

今日、「ちくしょー、なんでなんだよ」と聞いて、
(中略)
初めてちゃんと夫の言葉を聞けた気がしました。

アガサさんを通して伝えてくれた言葉は、
以前から夫が言っていた言葉と重なって、
本当に驚きと、納得でした。

悲しみは消えなくても、存在を、ちゃんと
心から信じられるようになりました。

互いに信頼できる人と巡り会えたのです。
(略)

- - - - -



この世での一緒に居れる月日の長い短いで、

愛の深さを計ることはできないと 私は

あちらの方々から教わりました。

愛の深さを教わる日々です。



心から愛せる人、愛し合える人というのは、

一生に そう何人も出会えないと思うのです。

人生は、一言で済ませられるほど、

そんな簡単なものではありません。

心は、深いのです。

大切です。

そして、

永遠です。



Tさんから頂いたメールへのお礼の返事を

出し終わったあと、階下へ行こうとしていた私に

< Tに伝えてくださって ありがとうございます。>

” 彼 ” は、嬉しそうにペコリとお辞儀をされました。

( 私も、本当に良かったと思います。ありがとうございます。)

そう言って、彼にお辞儀をしました。



Tさんに彼の気持ちを書いていると、その最中に、

私の横にある重いポットが

ささやかな可愛い音(カタカタカタ)を

たてていました。

わかっていますよ、

あなたが今もなお 生きておられることは。





” ふたりの愛は 永遠。”











 アガサ 葉山在住 Agatha
~天国の人々の思いを伝えています~
天国との対話(霊交信 / 霊界通信)







愛しい家族、大切な人との交流 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示