FC2ブログ
2015/04/27.Mon

父さんは、すごい

Tさんご夫妻は、朝早くにご自宅を

出発なさったのだろう・・・

後ろ姿をお見送りしながら そう思いました。

どんな思いで 来られるのか_

お察しすることは出来ても、ひとりひとり

胸の内の思いは 違うと思っています。



調整を始めて、しばらくしますと

若い男性が 私の方へ来られました。

< ・・・あまり認められなかった・・・>

最初の方を聞き逃してしまいましたが

そのまま お伝えしました。

Tさんは、

「・・・そうかも しれません。」

思うところがあるように 噛み締めるように

そうおっしゃいました。

「 息子さんは、頭も良くて 比較的

 なんでも出来る方です。」

ご夫妻は、頷いておられたようです。



< (仕事は)最初は乗り気ではなかったけど、

 段々と興味を持ち始めたところ矢先だったんだ。

 ・・・(お伝えする)

 仕事をしている父さんをそばでみていて

 すごい!と思った。

 男だと思った。

 父さんを誇りに 思えて来たんだ。>

伝えすることに夢中だった私に、

< 父さんが泣いたのを見るのは 久しぶりだ・・・>

息子さんがそうおっしゃるので、

一瞬、意識をこちらに戻すと

息子さんがおっしゃっている通り、

Tさんの目には 涙があふれそうでした。

「 以前に一回ぐらいかな・・・」

そうTさんは おっしゃいました。



< お母さんは・・・料理が上手なんだ!

 でも、最近は、ちょっと手を抜いているかも。>

これには、ご夫妻で 笑われました。

「 確かに、妻は料理が上手です。

 お弁当を作らなくなったから、そう思うのかな?」

奥様は、少し照れながら、

うんうんと頷いておいででした。



< 父さんに、伝えてほしいのです。

 (自分が)いることを知らせるからって。

 仕事中に 音で気づかせるから。>

< お母さんには、音楽で知らせる。

 (自分の)好きな曲でね。

 ・・・それから・・・>

( それから? )

< 部屋(の戸)を開けてほしい。>

そうお伝えしますと、

お母さんは 目を丸くされて、

「 ずっと締めてて、私が戸を閉め忘れたら

『 ちゃんと締めて。』って言ってたのに。」

これには、

ご夫妻も、息子さんも苦笑いでした。



対話が終わったあと、息子さんのことを

ご夫妻からお話してくださいました。



後日、Tさんよりメールを頂きました。

” 私にとって先日の経験は、

 かけがえのない出来事となりました。”



息子さんは

こちらでは分かり得なかった、

両親の深い愛と思いに

触れておられるようです。

















アガサ 葉山在住 Agatha
~天国の人々の思いを伝えています~
天国との対話(霊交信 / 霊界通信)





愛しい家族、大切な人との交流 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示