FC2ブログ
2015/04/14.Tue

姿は見えなくても、感じる事は出来る!vol.1

お電話を頂いて、いつも皆さんにお話しする

あちらとの交流というのは 実際どのような

ものかを手短かに話し終わり、

あちらと調整する時間_

こちらの時間にして 1分前後でしょうか

静かな時間を過ごしていました。



見た目60歳前後ぐらいの男性が 表れました。

突然、そして、一瞬_

喉がクッと苦しくなり、

「 息苦しい・・・」

思わず そう言ったようです。

呼吸がしづらく、次の瞬間、

無気力や絶望感に 包まれました。

そうしますと、心あたりがあるかどうか

お尋ねする前に、

「 父です。」

Tさんは そうおっしゃいました。

伝わってくる感情を 都度お伝えしていく中で

( この方とよく話をしなければ・・・)

そう思いました。

言われることだけを伝えるだけでは

ならない _ そう思わされました。

それも、Tさんにお話しました。

確か、

「 どうしてあげれば(父にとって)

 いいでしょうか・・・」

そうおっしゃったように思います。

「 それは、今から ちょっとずつ

 お話ししてゆきます。無理はさせないし、

 安心なさっていてください。」

私も何か このようなことを話したように

思います。



<・・・○○○・・・>

○○○?を その続きを聴き取ろうとするのですが

波長の状態が弱くなったりして 聴きとりにくい。

「 お父さんが『 ○○○ 』とおっしゃって

 いますが。。。

 人の名前とも 思えません。

 う・・・ん、お父さんは いろいろと歩かれて

 いるようだなぁ。散歩なのか、なんだろう。。。」

と お伝えしました。

しばらくしてから、Tさんは ハッと思いつかれたようで

「 もしかして、、、たぶん、通りの名前だと思います。

 家の近くの通りの名前が○○○と言います。

 よく通っている道です。」

と教えて下さいました。



< ここにくれば、

 『娘と逢えるから、話せるから』と

 だれかが 教えてくれました。>

お父さんの言葉に、正直 私は、

( そんなことが あるんだな・・・)

と 少々意外な感じがしましたが、

すぐに あちらに合わせ戻しました。



< 妻と温泉旅行に行こうと・・・>

「お父さんは、お母さんと落ち着いたら

 温泉に行こうと思っておられたようです。

 ご存知ですか?」

「 いえ、知りません。」

「 そうおっしゃっていますので、もし、

 お母さんのお気持ちが大丈夫そうであれば

 いつか、お尋ねになってもいいかもしれませんね。

 あくまでも、ご無理のないように。」



< (妻には)頭があがらない。>

半ば、照れながら、感謝の気持ちがあふれているのは

一目瞭然でした。

Tさんは、少し笑いながら、

「 ええ。その通りです。」



Tさんから頂いたメールを頼りに回想しましたが

あとは、Tさんのメール抜粋に助けて頂きます。



- - - - -

逢いたいと思っていた二人が、来てくれて本当に嬉しかったです。
(※もうおひとりは、後日掲載します。)

父は、お話した通り○年前に自ら命を経ちました。
アガサさんの「息苦しい・・・」と言う言葉で
父だと直ぐに分かりました。
○○の事で、色々ありましたが自殺をする様な人では無く
今日まで、どうして???と言う気持ちが消えませんでした。
何年も、どうして・・・恨むより
どうして?何で?
今日、父と話が出来て事情が分かり胸のつかえが取れました。

「娘と逢えるから、話せるから」
父を導いて頂いた方ににも、勇気を出し逢いに来てくれ
話してくれた父にも、感謝の気持ちでいっぱいです。
最後は、父らしい去り方・・・可笑しかったです。

母に話した時、定年後父と二人で温泉へ行く話をしていたと・・・
初めて母から聞き驚きました。

- - - - -



メールと共に添付してくださった写真には

お父さんとTさんが写っていました。

お父さんのお顔を見ることが出来て有難かったです。

髪型といい、私に視せてくださったそのままのお顔

でした。



お父さんが あちらへと帰られる姿を

どうお伝えしたのかは 忘れてしまいましたが、

Tさんのメールでは、

” 父らしい ” 去り方のようでした。

ふっと懐かしさがこみ上げてきて、

クスっと可笑しかったようです。





身内の思いやり(愛)ほど

有難いものは 他にはありません。

本当に、良かった。







※長くなりましたので、続きは、

次回 vol.2として 綴ります。











アガサ 葉山在住 霊媒 Agatha
~天国の人々の思いを伝えています~
天国との対話(霊交信 / 霊界通信)








愛しい家族、大切な人との交流 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示