FC2ブログ
2015/04/13.Mon

ママ、だいすき。パパ、やさしい。

その小さな・・・2才ぐらいに見えるでしょうか、

その小さな女の子は、パタパタと私の方へ

歩いてきてくれました。

髪型や 純朴な可愛いお顔、そうしたことを

お伝えしたと思います。



< ママ だいすき。

 パパ やさしい。>



確かそう話してくれました。
私自身、録音をしないので回想するにも
手立てがありません。うろ覚えでご勘弁ください。



だけど、この女の子は、

私の中で ” 何か ” が合致しない_

そんなふうに思っていました。

鮮明で、この子は確かに、ご依頼人Tさんの娘さん。

だけど、いつもの感覚とは 違っているのです。

( なぜだろう・・・だけど、この子は

 ママ、パパと言っているし、

 ”センサー” にも 反応している・・・)

そう思いながら、あちらに尋ねようとしながらも

圧倒的な確かさの手応えしか 返ってこない。

とにかく、

その女の子が伝えてくれることを話しました。



< また、ママのところへ(生まれたい)>



一瞬、伝えるべきかどうか 躊躇しました。

なぜなら、確証を得るすべがないから。

知るするすべがない_

知るすべがないことを伝えることは 私は避けたい。

葛藤している時間は、こちらの時間では

そうは かかっていなくても、私には

永遠のように、思われるのです。

そんな私に、あちらの友人達は

( あなたがどうこうではない。 伝えるだけだ。)

そう淡々と 言われたのです。



Tさんの娘さんは、赤ちゃん。

あちらとの対話で、意見交換している私を

思いやってくださり、” 女の子 ”のことを

話してくださいました。

娘さんがあちらに行かれてしばらくしてから、

夢を見られたそうです。

以下、頂いたメールから抜粋掲載致します。

- - - - -

生まれてから入院していた期間が長かったので
母親らしいことはほとんどできなかったのです。
おっぱいも出ず、ミルクも飲めず、
鼻からチューブを入れて胃に流してあげてました。
(中略)

小さな体で何回も手術させてしまいました。
生きても人工呼吸器が必要で風邪などの感染で
亡くなる可能性が高いと言われ、正直、自分に
育てられるのか日々、自問自答の毎日でした。
(中略)

それでも娘は可愛くて、私をお母さんにしてくれたことに
感謝していました。
(中略)

夢に出てきた女の子を、私は娘だと認識していました。
まだ娘は小さいのに不思議と夢の中の娘は2、3才だったんです。
夫に聞いたら夫の夢にも2才くらいの女の子がでてきたことが
あったようです。夫もその子を娘だと認識してました。
少し大きくなった姿を見せてくれたのでしょうか。

娘が今は苦しんでいないことを知れて安心しました。
また、ちょこちょこ歩いている姿を想像して嬉しくなりました。

- - - - -

Tさんも、ご主人も、この女の子を夢で会い、

わが子だと認識されていたようでした。

こうして、私も含め、

三人がそれぞれに この女の子と会っている_

これは 単なる偶然ではないのです。



ママ だいすき。

パパ やさしい。

また、ママのところへ(生まれたい)。



この世での年齢というのは、

肉体の年齢であって、

心(魂)の年齢ではないのです。

そこの解釈や感覚は、私の感性と経験でしか

判断出来ないようにも思います。

どれだけ 忠実で正直であれるか。



メールの最後の方に 素晴らしい言葉が

書かれていました。



” もう自分の子供を看取るのは二度と嫌だと思い、

次の子を作るのをためらっていましたが精神的に

落ち着いてきたら前向きに考えたいと思います。”



輪廻転生、生まれ変わり。

そう簡単なことではなく、

そう容易いことではなく、

不思議系や夢見がち系の人達が口にするような

軽々しいものでは ありません。

私自身、

「 この人生しかない。今しかない。」

という思いで 精一杯 丁寧に生きることを

心掛けているつもり。



だけど、



あのつぶらな瞳の可愛い幼い女の子の

言葉と心は、信じられるのです。

大好きなママのところへ、

やさしいパパのところへ。



あの子は、愛あふれる子。












アガサ 葉山在住 霊媒 Agatha
~天国の人々の思いを伝えています~
天国との対話(霊交信 / 霊界通信)





愛しい家族、大切な人との交流 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示