FC2ブログ
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事

カテゴリ

プロフィール

アガサ

Author:アガサ
他界された愛するご家族、大切な方との対話を地道にお伝えしています。

アガサ

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

大好きな家族へ

調整の予定時間に食い込みそうで

焦りながら、用事をしていますと・・・

「 Mは、私の娘です。Mの父親です。」

と私に話しかける男性の声がしました。

時が止まったような感覚を覚えながらも

いつものように、

「お約束の時間が始まってから

 また、私のところにお越し下さい。」

と丁寧に伝えました。



そうして、ご依頼人Mさんからお電話を

頂きました。

おふたりを認識し、付き添ってこられた方の

描写や伝わることをいくつかお伝えしましたが

心当たりがないようでした。
(この方は後ほど、私の方でわかりました。)

そして、

メインらしき方_

他界されて非常に間もない方に

調整しはじめますと、

何とも・・・本当に良い方なのです。

お人柄を伝えてゆきますと、

Mさんは確信されているようでした。

その方は、

Mさんがとても会いたかった

” お父さん ”でした。

心でわかるとしばらくは私の出番は

ないようです。

流れるままに泣いておいででした。



お父さんは、Mさんとの思い出を

いくつか話して下さいました。

ひとつは、幼稚園か小学生ぐらいの

時のこと。

もうひとつは、ご結婚が決まった頃のこと。

「・・・お嫁に行くんだろうか。」

そう思われたそうです。

愛する娘が結婚すると決まり、

嬉しい反面、父親の寂しさがあったと

この言葉に託されて 話して下さいました。



本当に色々とお話下さいました。

個人的な内容ですので割愛させて頂きますが

愛情あふれる思いでいっぱいでした。



そろそろ、私から離れてゆかれるその時、

お父さんは何かを思い出されたようで

お母さんへ指輪の件で何かおっしゃって

いるようでした。

とにかく、

お伝えしなければと思い、

「お父さんが、○色の指輪のことを

 何かおっしゃっていますよ。

 きっとお母さんはおわかりになると

 思いますので、お母さんに話す機会が

 おありの時にお伝えください。」

そう言い、交信を終えました。



頂いたメールをご本人のご了解の下、

掲載させて頂きます。

- - - - -

(中略)

母はこのようなことを否定的でしたが、私が
『お母さんへのことばだけ伝えるね』と
母への言葉を伝えると、涙ながらに
『ありがとう。
 お父さんは見守ってくれてるって思ってた』
と言ってました。
そのあと、○○や指輪のことも伝えました。
心当たりがどれもあるようです。
母は去年から○色の指輪をなくして、
あきらめているみたいです。
『近いうちにでてくるのかな』
と母が嬉しそうに言っていました。
(中略)
霊媒的なことは、
何回か経験したことはありますが
こんなに現実的なことははじめてでした。
お父さんがすぐそこにいるような・・・
『○○○ そんなに泣くなって』
という言葉。
お父さんがいいそうな言葉。

夢で見たのは、妹だけ。
これは家族でもよく話しをていました。
『こっちの世界はすっごく楽しいよ。
 心配いらないよ』
ってお父さん言ってたと。
お父さん優しいから、
心配かけないように言ってるのかな~?
と家族みんなで話していたので、
『妹には夢ではなしてる』と言われ
本当におどろきました。

(中略)
父のような親になれるよう、
明日から少しずつ前をむき子供と接していきます。
(中略)

- - - - -


” 親は 子の鑑 (子は親の鏡)”

わが子から尊敬される親を持つ子が

やがて、

大人となり、親となり、

心に焼き付けた親の言葉と行いを

思い出しながら

人へ、わが子へと伝えてゆく。

真心から発する愛情はとても温かいのです。

その温かさは、一生の宝です。

あれ買ってもらった、

どこどこ行った、、、ではないのです。

イベントの数が しあわせの数では

ないのです。

「 家庭 」を大切にする心。

まずは、「 家 」。

聖地というのは、社寺や海外など

パワースポットにあるのではなく、

家庭に存在するものです。

家が聖地であり、

憩いの場所であります。

これを すっとばして

他所に 聖地や安住などありません。

親が子を育ててゆくと同時に、

箱ものの家自体も育ってゆき、

そこに「 家庭 」が築かれてゆきます。



お父さんは、まさに 家の中心。

大黒柱。

心の大黒柱的存在です。



永遠に、そうなのです。








アガサ 葉山在住 霊媒 Agatha
~天国の人々の思いを伝えています~
霊交信(霊界通信)公開霊視







テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル:心と身体

コメント

非公開コメント