FC2ブログ
2015/01/27.Tue

芽吹く時機

先日、久しぶりにご相談の依頼を頂きました。



伝えられた、また、お伝えしたことの

ほとんどは私へのことではありませんので

何度も申し上げているように 私の内から

「 流れさってしまう 」ため

回想できる部分は 一握り。

ご勘弁頂ければと思います。



電話から聞こえるお声は

とても優しい誠実な男性の方でした。

優しい方、誠実な方というのは、

欲薄い方であることがほとんどですので

その分、

物質至上主義が はびこる時代の今、

生きにくさをお感じになることもあるでしょう。

でも、そこに嘆いてしまうと、同じ穴のむじな。

真に誠実である人は、何とかやっていこうと

自分自身を激励しつつ、時代を静観します。

この男性は、後者の方だとお見受け致しました。



ご相談の場合は、

「 天国との対話 」と違い、ご依頼人さんの

エネルギーフィールド(霊域 / オーラ)に

含まれることをお伝えしています。

突拍子もない情報は、ありません。

突拍子って???と思われる方のために

私の体験を例え話としていたします。

随分昔にある霊媒の方に
(団体に認定を受けたとか何とか)

言われたことです _

「 あなたはイタリアに行って、

 絵を描かれるとお金持ちになります、

 と後ろの方がおっしゃっています。」

と興奮されながら、

言われたことがあります。

私は至って 冷静に聞いていました。

内心、

” この方は大丈夫だろうか。

どうぞ、正しい道を歩まれますように。”

と帰り道、祈ったものです。

このように突拍子もないことは

ないのです。

鵜呑みにして 行動したら

エラい目に遭います。

現実的視点というのは、大切なものです。

そんなことは オーラには含まれません。



さて。



霊域を拝見しようと思っておりましたが

あちらから何人かの方々がお越しになり

伝えねばなりませんでした。

ご自身は、

こういう特徴のある土地に住み、

生前なさっていたことをおっしゃいました。

ご依頼人Kさんにお伝え致しますと、

小さい頃に他界されたので

ほとんど覚えていません ということでした。

お祖父さんが 穏やかに お話されることを

お伝えしました。

- - - - -

(中略)
あの後、それとなく母親に聞いてみたところ、
祖父が書道をしていたそうです。
外見も、アガサさんが
お伝えして下さった通りでしたし、
寡黙な祖父でしたので、(中略)
理解できます。
あと、(中略)○○も書いてみました。
(中略)

- - - - -

孫が 悩んでいることをご存知で

その悩みの糸口を見つけるのは

” 見えない存在 ” ではなくて、

お孫さんである「 ご本人自身 」の

活力と物事を正しく見、静観する力

であることをお祖父さんらしい方法で

アドバイスをされました。



自分らしい生き方というのは、

パッと浮かんで

サッと出来る、実現するものでは

ないと思っています。

一生かかって

自分らしさを見つめてゆくのですから

ゲームのように、

インターネット検索のようには

まいりません。

自分らしさを見つける、

自分らしく生きる、

これらは 長い長い月日をかけて

人生における経験を 積み重ねて

ようやく

何となく

こうかなぁ〜

ああかなぁ〜

というおぼろげな輪郭を感じるもの_

そう思います。

ひとりひとり、様々な可能性が

あります。

ですので、

こうでなくちゃ いけない、

ああでなくちゃ ならない、

などと

自分の枠や色を決めつけなくて

良いと思うのです。

一生、同じ色でもいいし、

色々な色を経験してもいいし。




同じであってほしいのは、

” 思いやり(誠実)を持ち続ける ”

ことと思います。

これを持ち続ける努力があって

あなたの心(内面)が

輝き続けるのだと思います。



ご依頼人のKさんの周囲では

新芽が 今か今かと

美しい緑の葉が

顔を出そうとする感じでした。



自分らしくは、

行動していくなかで

次第に

わかってきますよ。












愛しい家族、大切な人との交流 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示