FC2ブログ
2014/11/12.Wed

身体は正直もん

先日、ご依頼くださった方からは交信のご依頼を頂いていましたが、

お越し下さる前に、他界からの空気はそうではありませんでした。

( あれま。そうなんですか・・・)

まぁ、何も決めつけることなくご依頼人さんをお迎えしました。



そのことをお伝えしようかと思っていましたら、

「 通信をお願いしましたが、アガサさんにお任せします。」

「 あぁ、そうですね。私、というか、他界に任せましょう。

 今日は、あなたへのアドバイス的なことがどうやら多いようですよ。」

とこうなったのです。



次から次へと あちらから話されました。



どれもこれも、ご依頼人さんにとって

モヤモヤされていたことに対してのアドバイスのようでした。

「なるほど!」としっくりこられた様子。



他界から話されることは、

無理なことは何一つなく、至って自然でした。



「親戚を看取ってから、この辺(肩や腕など)が

 ドシンと重いんです。」

とおっしゃっるご依頼人。



「 ご親戚はそのような方ではありませんし、

 憑いてるとか、未練とか何とかという類いでは、ありません。

 大抵の霊能者さんや霊媒、霊感があると自負している方々は、

 『あ〜、それはご親戚の念です。』なんておっしゃる方が

 多いかもしれませんが(大笑)それは ありません。」

とお伝えしてから、

私自身の体験やら経験などをまじえて、

痛みの原因について いくつかお話を致しました。

すっかり、ご納得され、安心なさったご様子。



身体は、実に正直です。

繊細な人であればあるほど、身体の痛みとなって私たちに

「おーーーい!」

と表現してきます。



憑かれる、というようなそんな単純なものではないのです。

もっと、現実的なことなのです。









アガサ

















愛しい家族、大切な人との交流 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示