FC2ブログ
2014/11/04.Tue

記念日

先日、我が家の記念日でした。

我が家では、

記念日の当人が 家族に感謝の気持ちを

伝えています。自然にそうなりました。



記念日だからといって、

どこかへ行きたい! 

プレゼント(物の)してほしい!

プレゼント(物の)したい!

ということが 全くないのです。

それが良いのかどうなのか・・・

分かりませんし、判断しようとも

思いません。

そうしたことに無関心なのでは

ありません。

人生に起こる色々なことのおかげで

何かがストンと落ちた感じが

しています。



家族全員が 健康でいられる。

話せる。

質素ながらも食事ができる。

食事に文句を言う家族もいない。

笑いあえる。

そして、

雨風、寒さ暑さをしのげる家に

住める。

ご近所の方々はとても親切_



これ以上、求めるものや欲しいもの等

何も私には ないなぁ〜

と、家族と共に話せることが

あらためて、しあわせの境地を感じます。



肩が凝ったら 肩をもみ、

肩の固さから

家族にかかっている負担を知ります。

無言の、言葉です。



子どもは元気に外で遊び、

愛犬と共にゆっくり歩く散歩道。

これを感謝せずには いられません。



誰一人、文句を言わず、

作ってくれる食事を残さず食べ、

洗濯してくれること、

掃除をしてくれる、

ふとんを干してくれること、

に感謝し、感謝され、

子は家事を手伝い、

子が人の道を歩けるように、

人として大切なことを話せる_

日常。



"私に、家族を授けてくださった。"

そうしたことに、

心からしみじみと思える一日でした。



記念日は 物をもらう日ではなく、

気持ち(念)を記す日

と 思っています。



何でもない平凡な日常に 私のすべてが あります。










ある日の、自分のお昼ご飯。
もちろん、これだけでは足りません。(笑)











アガサ





日常 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示