FC2ブログ
2014/09/23.Tue

いつか

どうか、

否定しないでください。

わが子を亡くしたからといって

あなたのすべてを否定しないで。

ご主人を亡くしたからといって

奥さんを亡くしたからといって

ひとりぼっちだとは思わないで。



よその家庭が楽しいそうだと

しあわせそうだと

そうしたものを失った、

とは 思わないで。



手で触れることが出来なくなった

だからこそ、

心で わかってくるものが

たくさん増えたのではないですか。

どれだけ与えられていたかを

知れたのではないですか。



愛しい家族を思うがゆえの

悲しい気持ちがそのままでは

愛しい家族が 悲しいのだから。



いつか。



あなたの周りに多くの生命が在ることに

気づきますように。

家族、

ご近所、

知らない人々、

犬や猫、動物たち、

草、

花、

木、

そのほかにもたくさん。



今、生きてるんだな・・・私。

あの子も 生きてるんだ、

あの人も 生きてるんだ、

皆、みんな。

今までは、

雑草にしかみえなかった草も、

道ばたに咲く、ありふれた小花も

虫たちにも、

命があるんだと 気づいてほしい。



あぁ、そうだったんだ・・・



いろいろなことが身にしみて

わかるようになってきたその時、

愛しい家族が

傍にいるような感じがします。



誰からも教わることなど必要ない、

自分の悲しさを埋めるための証拠ではなく

確かな ” 証 ” だと

心から わかって頂きたいのです。



いつか。

必ず、そういう日は 来ます。



愛しい家族を信じて。

あなた自身を信じて。

それが 真の交流です。








散歩の時に姿を見せてくれる、カワセミ。



アガサ




思うこと | Comments(1)
Comment
Re: Yちゃん母さん
コメントをありがとうございます。何もご心配には及びません。ブログでは多くの方々がご覧になりますので、ホームページの問合せなどからご連絡頂けますと嬉しいです。

管理者のみに表示
«  | HOME | やりたいこと »