FC2ブログ
2014/09/11.Thu

最愛の伴侶

先日お越し下さった方は、

最愛の奥様を見送られました。



最愛の家族を亡くす。

この苦しみや悲しみは到底、

言葉や文字にはあらわせません。

お気持ち、わかります・・・

とも言い難い。

針のむしろの上を歩くような日々、

それを歩いて会えるのなら、

歩かれるご家族が多いことでしょう。

遅かれ早かれ、誰しも経験します。



他界後、非常に間もない方との対話でした。

その方の状態を見ながら、常に見ながら、

慎重な交信でした。

交信による対話で話してくださったことは

どのような些細なことであっても、

お伝えしています。

中盤で、

非常に大切に思っておられることを

話してくださいました。

その通りにお伝えをしたものの、

「 ○○○のことでしょうか。

 それなら確かに贈りました。」

とご協力くださいますが、

どうも、私はしっくり来ませんでした。

「う・・ん、それとは違いますね・・・もっと・・・」

と言いながらも、それはその場で

突き詰めませんでした。



他にも、奥様からの思いや思い出を

お話くださいました。

奥様が私と重なり具合が増し、私は

自分が話している言葉も遠くになりました。



しばらくしてから、

ご依頼人さんからメールを頂きました。

「 思い出したことがありました。」

と知らせてくださいました。

具体的な内容は書くことは控えますが、

先日の符号させなかったことについての

ことを書いて下さっていました。

それは_

奥様の最初の月命日に起こったこと。

奥様とご依頼人さんとしか

知らないこと。

そのことを、

< あのことを覚えてる?あれは私よ。>

と念押しする意味で、私にそう

伝えさせようと思われたのです。

でも、

一番良い形で伝えられたと

思いますよ、私。

ご主人が、あとから、

ああ、そうか

と気づかれたのですから。



霊媒を介してではなく、

後から、ご本人同士で符号する_

私は最高の伝達方法のひとつだと

思います。



- - - - -



妻も亡くなってから、間もないのに一生懸命、
私のために来てくれたんだと思います。
今も妻は傍にいる。
涙が枯れることはありませんが
永遠に妻の魂と一緒にいたいと願う、
私の生きる支えになりました。
妻が寂しい思いをしているなら、
一日も早く妻のいる世界に行って
守ってあげたい。
そんなことばかり考えていました。
妻が無事にいることが判って安心できました。

N様

- - - - -




アガサ





愛しい家族、大切な人との交流 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示