FC2ブログ
2014/08/02.Sat


- - - - -

子供が1歳○ヶ月で亡くなり○月○日で
一年になりました。
私達家族は流れる涙は止まる事はありませんが、
最近では身内でも(敢えてかもしれませんが)
(中略)してくれる人はいないのに、
(中略)してくださって、
上手く表現出来ませんが、嬉しかったです。

きっと色々な事を犠牲にされ、
精神的にも体力的にも大変なお役目だと思います。

ほんとうにありがとうございました。

家族で映っている写真で○に映っているのが
亡くなった子供の○です。
亡くなる一週間前に撮りました。
(中略)

生きている時から私の子供とは思えないくらい、
穏やかで優しくて、
可愛らしい子で、
亡くなった今でさえ、私に愛情を注いでくれて、
ありがたいです。
私が与えるより与えてもらってばかりでした。

今日はほんとうにありがとうございました。

- - - - -

メールに写真を載せてくださいました。

ご家族の写真は、日常を写されたもので

とても温かさがあふれています。

本当に、天使のような子。



世の中では、いろいろなことで

幼い子どもたちの命が奪われています。

事故、

犯罪、

病気、

戦争やテロ。

特に、子どもたちの死は

胸をひきさかれるような思いです。



中には、

わが子を虐待し、

殺してしまう親さえ

います。

(親とは言えないけど)



物があふれた今、

親が子どもを守ることも

その守り方や育むことも

変わってきているのかもしれません。



でも、私はこう思います_

新しく考えるのではなくて、

昔のように、

本来あるべき姿に戻ることで

大切なことが見えてくるのではないか

そう思うのです。



いつも、死と隣り合わせ。

私たちは そうです。

恐れていきるわけではありません。

人間、いつどうなるかわからない。

だからこそ、

思いっきり人生を楽しむ・・・

のではなく、

人としての道を歩いて行きたいと

思います。



天国から来てくれる子どもたちは

私に、

「 愛を伝えて 」

と言います。

「 悲しまないで 」

と言います。

その純粋な気持ちは、

あまりにも

健気で、

清らかなで、

明瞭で、

その美しさに涙がこぼれます。



どこに住もうとも、

健やかにのびのびと生きてほしい。

心から そう願うのです。






懐かしい頃。皆だれしも、子どもでした。
※この写真は頂いたものではありません。




合掌

アガサ







愛しい家族、大切な人との交流 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示