FC2ブログ
2014/05/20.Tue

愛と安らぎのお城


何度かご依頼を頂いたHさんが

お家へ招いてくださいました。

出掛ける前に、

メールチェックをし始めた時、

すっと話しかけられました_

” 僕の奥さん・・・・・・”

内容は、思い出せませんが

そう話しかけて下さったので、

( わかりました。)

とお返事をしました。

そうして、電車に乗り、

お待合せ場所に、到着。

少し早めに着いたのに、

もう待っていて下さいました。



お家に入らせて頂き、

お仏壇の前に座らせて頂きました。

とても心地良くなってきて、

自然だけど、不思議な感覚に包まれ始め、

「 なんだか・・・・・・ 」

と言ったまま、言葉で表現できない

幸福感に私は浸り始めました。



「 では、そろそろ 始めましょうか。」

そう言う私自身がおかしく、内心、

( もう話しているのに・・・ )

( 始める、っていうのは変だよなぁ~ )

そう思いました。



椅子に腰掛けると、少し、椅子の位置を

動かしたくなりました。

椅子を動かしてもいいですか?

と了解を頂きました。



では・・・と思ったら、

私の座っている椅子が揺れ始めた!

(あれ?)

その揺れは少しずつ強くなってき、

Hさんも揺れていらっしゃるかと

ちらっと見たものの、私だけのよう。

地震による揺れの感覚とは違う

揺れ方をし、私は・・・

揺らされているのだと自覚しました。



こうしたことは、というか、

人と話す時は、

物事を話す時、伝える時に、

相手に不安を与えることは、

絶対にしない_

私の子どもの頃の経験から得た、

人道的美。

揺れてることはわかったので、

もうこれ以上は揺らさないで欲しいと

心で願い、収まったきた頃に、

Hさんにお伝えしました_

「 揺れてますね。」

と。

Hさんは、驚ろいた顔をされて、

「 実は・・・」

と話し始めて下さいました。

その後は、ご主人がそれら一連のことに

ついて思いをいろいろと話して下さり、

そのことをHさんにお伝えしました。

その他にも、ご主人が伝えてこられる

思いについて、心の中で話したり、

そのまま、Hさんにお伝えしたり、

あっという間に時間が経ちました。



ご主人がお話くださったことは、

Hさんにとって、まさに、現実に

直面していることであり、

ご主人にお尋ねになりたいことで

あったと思います。



その日の夜に頂いたメールに

書いて下さった一部をご紹介しましょう。

- - - - -

人は死して死なない のだなぁ。
と、アガサさんとお話ししていると思います。

亡くなっても、いつまでも心配し、
見守り続けていてくれる。
アガサさんと出会わなかったら、
きっと疑問だったり、
自分の期待だったりして、
想像の範囲を超える事の出来ない事柄が、
少しづつ少しづつ明らかになってゆく。

嬉しい事です。
幸せな事です。

それらの事を伝えたいただける事は、
これからも、主人と共に歩いてゆく私にとっては、
とても大きな希望であり、支えです。

- - - - -

ご主人が私に何度もおっしゃった思い_

「 ここは、ふたりのお城 」。

ええ、わかりますとも。ご主人。

足を踏み入れたまなしから、

ご主人がどれほど、おふたりのお家を

大切に思ってらっしゃるか、

伝わってきましたもの。

お仏壇の前に座らせて頂いた時の

あの時から、私と重なって伝えたいと

思われていたことも。

Hさんとのおしゃべりに参加されていた

ことも。

自分の返事として、○○を鳴らして

おられたことも。

あんなタイミングよく、○○を

鳴らされることに私は可笑しくて

思わず、笑ってしまいましたもの。



私は、すべてをこじつけたりはしない。

現実的視点を大切にしてるから。

聞こえる、見える、といったことを

私のチェック項目をクリアしたことだけ

口にしています。

それらを自然にお伝えするのが私の役。

なぜなら、

すべては 自然だから。

不自然なことは、私は大嫌い。

とってつけたことは、好まない。

不自然なことに、興味はない。



帰り際、Hさんは、

駅の改札でずっと見送って下さいました。

「 また、来てね。私も行くから。」

嬉しそうな顔に私も嬉しくなりました。



あ、そうそう。

出掛ける前のメールチェック時のことを

Hさんにお伝えすると、

「それは合ってると思います!

 その少し前に、主人に

 『 今日はアガサさんが来られるから

  いっぱいお話してね。』って

 私、話しかけていましたもの!

 へぇ~、守ってくれたんだぁ~。」

と、嬉しそうにおっしゃっていました。



奥さんのこと、大好きなご主人ですもんね。

ふふふ。

これからも、おしあわせに。











合掌

アガサ






愛しい家族、大切な人との交流 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示