FC2ブログ
2014/05/12.Mon

うん、うん。

- - - - -

お伝えしてくださった、

父からのメッセージや祖父、

祖母のお話をきいて いつも自分を

見守ってくださっているんだから、

もうこれ以上、

お父さんやおじい様、ばあちゃんに
 
心配をかけずにしっかり生きていこう。

(中略)

家族そのものを大事に守っていきます。 

(中略)

アガサ様をおかあさんのように感じて、

「こうしよう」とか、

「やってやる」などの奮起ではなく、ただ、

「うん、うん、わかった」としかありませんでした。
 
(中略)

ただ、「うん、うん」とです。すみません。

どう表現したらいいのか語彙がなく、

子どもになったような気持ちでしょうか。

- - - - -

先日、わざわざお越し下さいました。

ご依頼が始まる前に

早々と霊界に繫がってしまったためか、

はたまた、

存在を知らせたく思われたのか、

霊界のおふたりが交互に話しかけて

下さいました_

孫に、息子に。



天国にいらっしゃる方々の存在を

知ることや

メッセージ(思い)を伝えられることは

心が温かくなります。

普段頑張っている分、

慰められることで、心の氷がとけます。

真の愛や真心に触れ、

心にささった氷の棘が 涙となり、

身体の外へと 流れ落ちます。

たった一言が、身にしみるのです。

真実や真理というのは、

そういうものだと思っています。

シンプルですから。



「 うん、うん。」



それで十分ですよ。

霊界のご家族は、

十分にわかってらっしゃるのですから。

本当に耐えてらっしゃり、

普通に過ごそうとなさっているのは

その方の持つ空気感や お声やしぐさ

というものからも十分に伝わりますし、

何よりも、

霊界におられるご家族の方々からも

十分に伝わってきています。



お帰りの時、玄関でお見送り。

私は、母のような気持ちでした。

耐えている子の、

踏ん張っている子の、

成長を信じて、

背中に向かって 心で手を掌わせ、

見守ることしかできない不甲斐なさも

よぎりました。



大丈夫ですよ、きっと。

見てる人は 見てるし、

知ってる人は 知ってる。

私が 知ってるのですから。

天国に住んでるご家族が

ご存知なのですから。



心 腐らせず、

心 のびのびと。









合掌

アガサ



愛しい家族、大切な人との交流 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示