FC2ブログ
2014/04/30.Wed

” お母さんをよろしく ”


この方のご依頼は

静かに ゆっくりとしたペースで

始まりました。

最初に来られたお身内の方が

ご自分のことをいくつか伝えた後、

思いを話されました。

一緒に来られている方が

おられたので

その方が 少しずつお話を

され始めました。

話されることをお伝えしていく内に

「 父です。」

ご依頼人さんは そうおっしゃいました。

自分が誰だかわかってもらえると

霊界から来られている方は

とても喜ばれます。

そして、流れも一気に良くなります。

通りが良くなります。

お父さんなりに、

いろいろなことをお話下さいました。

仕事ばかりで、

忙しく、厳しかったお父さんは

決して 家族には言われなかったであろう

胸の内を 私に伝えて下さいました。

お父さんの気持ちが高ぶり、

感極まって 泣いていらっしゃる姿に

私は どう表現すれば、

お伝えしきれるのか、、、

語彙の迷いが出て来ます。

愛を表現するのは、

本当に難しいことです。

何を言えたのか覚えていませんが、

私の内側には、お父さんの幻影が

あるような感覚になりながら、

お伝えしていました。

ふと、

「 お母さんを頼む・・・」

「 お母さんをよろしく・・・」

という声が聴こえてきました。

妙な感じがしましたが、

そのままお伝えしました。

ご依頼人さんのご協力により、

” 妙な感じ ” は腑に落ちました。



ご依頼人さんの

胸にあったことへの、

お父さんの気持ちであり、

娘へのお願いであり、

答えでした。

ご依頼人さんは、

まさか、そのことについて、

返事があるとは思われなかったと

思います。

お身内から伝えられたことについても

気になっておられたことだったと

おっしゃっていました。

そして、

コンタクトが終わったあと、

話して下さいました_

” アガサさんにメールを送信した時、

 とても安心しました。

 そして、

 横に母がいるのを感じました。”

その他にもお話下さったことは、

すべて、

霊界からお越し下さった方々が

話して下さったようです。



この方はとても我慢強い方で、

厳しい状況にあっても、

他への思いやりを持ち、

人としての正しい行いを見つめ、

乗り切ろうとされていたようです。



セッションを終えたあと、

肩の荷が 下ろせたことは

言うまでもありません。

ほっとして、麦茶を飲んでいたら

お母さんが、

立ち寄ってくださいました。



きっと、すぐに

お父さんと再会されることでしょう。

おしあわせに。








合掌

アガサ 葉山在住霊媒 Medium AGATHA
~天国からのメッセージをお伝えしています~

霊交信(霊界通信)公開霊視
愛しい家族、大切な人との交流 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示