FC2ブログ
2014/03/31.Mon

ちょっと、座んなさい


先週末の出張先で、

ご依頼を頂いた方々のコンタクトは

本当に 素晴らしかったです。

私自身にとって、

さらに 微細になった感覚が、

確信に繫がるような機会でした。



ある方のコンタクトを

具体的なことは避け、ご紹介しましょう。

ご依頼前の 私だけの 静かなひととき_

その静寂に 熱が帯び始めました。

圧倒的な存在感のある”その方”は 私を

覆いつくし、重なるようにして

コンタクトが 始まって行きました_



「 ○○、ちょっと 座んなさい。」



( もう始まった・・・ )

( あぁ、早く来て下さらないかな・・・ )

あちらから来られた” その方 ”は、

この世でそうであったように

深い愛をエネルギーにして

思いを 語り始められたのです。

別に、困ることなど無いのですが、

言われた内容の全てを覚えていられないのです。

次々に 伝えてこられる思いに

精一杯応えるべく 波長を調整し続け、

エネルギッシュな勢いに

その速さに

アップアップ状態でした。

( ああ、もう(ご依頼人さんを)呼びに行こう!)

そう思った時に、

来て下さいました。

あぁ、やっと 来て下さった!



あとは、先に 伝えられたこと、

今、伝わってくること、

それらを 出し切ったと思えた時、

あっさりと 大きなエネルギーが

私の内側から

すぅっと抜けてゆきました。



今回の出張も、多くの体験を

四六時中 させて頂きました。

その経験は きっと

霊体験好きな方、興味のある方にとって

興味津々な内容だと思います。

ですが、そうした体験は

あまり 語りたくない_

そう思います。

なぜなら、

輝きが9割程 損なわれるから。

経験は、コンタクトやサークルで

” 深み ” として還元するのが

本筋だと 思っています。



お伝えしたことが、

その方の ” 日常 ” に活かされてこそ

コンタクトの意味が あるのだと

信じています。

普通の日常に、活かされてこそ

あちらから来られた方々の愛が

ご依頼人の内側で 輝き出します。

コンタクトとは そういうものです。

霊媒の 自己満足を満たすための

機会では ないのです。




数ヶ月前、” その方 ” から

「 ある計画 」を突然 告げられたことを

自宅に戻ってから 思い出しました。



” ちょっと 座んなさい。”



何一つとっても、
「 ある計画 」

それはそれは 見事でした。

見事に やってのけられました。




愛犬との散歩道の道ばたに咲いている、たんぽぽ。
花屋さんの美しい花々も好きですが、そこいらに咲いている花に惹かれます。




良き日をお過ごし下さい。

合掌







アガサ AGATHA
~天国からのメッセージを伝えています~
愛しい家族、大切な人との交流 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示