FC2ブログ
2013/11/25.Mon

それぞれに


心温まる思い、お言葉、メールを頂戴し

心の中で 何度も何度も

お礼を 申し上げています。



コメントに、実名にて

温かいお言葉を下さった方には

個人の特定材料に配慮する責任が

ありますので 公開致しません。

ご理解頂けましたら、幸いです。

心から 御礼を申し上げます。

ありがとうございます。



痛みを 経験して

人の優しさや温かさ、有難さを

知ります。

いつもより より一層。



相手の立場にたって

物事を考える_

これは、小さい時から言われ続けている

言葉ですが、なかなかそうはいきません。

人間は、自分が可愛いものです。

誰もそうです。



誰かが困っていると思った時に

自分の痛い、辛い、悲しい経験を

役立ててこそ、

自分の経験したことが

何か こう・・・納得できる瞬間と

なるのではないかと 思うのです。



経験する。



これは、本当に 心強いことです。

特に、有難くない経験は

あとあとになって、

心の宝となるように思います。



経験する、ということは、

人の倍、悲しみが大きいかもしれない、

辛さや苦しみが深いかもしれない、

ああ、いいことなんて ありゃしない、

なんて、自分は ダメな人間だろう・・・

って思うことが 多いと思います。

私が そうでした。



不思議なもので、

年齢を重ねてゆくに従って、

そういった、有難くない経験が

輝き出すのです。



” ああ、あの時、失敗して良かった ”

” あの人と結婚していたら、今の私はなかった ”

さまざまなことを 思います。



その時は、大変な思いをしますが、

ひたすら、全うに生きていこうと

必至に生きてきて、

そうして、

何十年か経った時に、若い時の経験が

活きてくるのだと 思います。



良い思い出や嬉しいことは、ちょっとだけ。

それも、些細なしあわせ。

エッセンス程度。

エッセンスも 必要。



すべては 自分次第。

すべては 心の持ち方次第。

すべては 心の在りよう次第。













心から 感謝を致します。

合掌

アガサ Medium AGATHA
~天国からのメッセージをお伝えしています~

霊交信(霊界通信)公開霊視






思うこと | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示