FC2ブログ
2013/10/01.Tue

天国から届く声


先日のいくつか ” ご機会 ”を通して

あらためて 思うことは、

天国(霊界)から届く声は

私たちへの応援の声です。

天国に住んでいる方々の声や思いは、

愛情がエネルギーとなって

届きます。

ちょっとや そっとの 愛情ではなく

その深さ、広さといったら、

言葉では 表現できません。

感動せずには いられません。



何十年と会いたかったご家族から、

ご近所の方から、

今はどうしているだろうと安否を気づかう

ご家族から、

いろいろな方々が、霊交信の”ご機会”を

心待ちになさって、私に伝えて来られます。



おひとりとして、同じ表現方法は

されません。

だからこそ、霊媒の「人」として姿勢や

歩んできた人生そのものが、

交信内容に 反映されます。



ご依頼主さんご自身が

ご自分のあふれる涙に 驚かれます。

静かに流れ落ちる涙の上に 涙がつたい、

ただ静かに 頷かれるそのお姿に

天国から来られた方々の胸も熱くなります。

それは、私の場合、私の周囲が

少しヒンヤリとするのですが、

あちらの方々からのエネルギーで 私自身は

熱を発しているような感覚に、なります。



具体的な内容は 書きませんが、

その人であるということを

その人らしく

伝えてこられます。



そして、

ご依頼人さんにとって

必要なことを お伝えになります。

依頼人さんが「言われたい」言葉ではなく、

「必要なこと」です。



天国から 届く声は

もしかすると、今の時代に、

今の私たちに、忘れ去られかけている、

大切なものではないかと 思います。



時に、強く、

時に、静かに、

時に、やわらかく。

いつでも、

愛と光に 溢れているのです。












自の命を 大切に。
他の命も 大切に。

合掌

アガサ Medium AGATHA
~天国からのメッセージをお伝えしています~

霊交信(霊界通信)公開霊視(いつもチャリティ)










愛しい家族、大切な人との交流 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示