FC2ブログ
2013/06/28.Fri

見れば見るほど 〜 愛しいあの子を見つめて 〜


以前に、

少し「絵」についてお話ししました。

ご感想をあらたに頂きましたので

ご紹介させて下さい。

------

見れば見るほど、あの子に似ているんですよ。

(中略)

この子の絵を手にしてから、

私はとても落ち着いた気持ちで過ごせています。

この絵にすべてがつながっていたのではないでしょうか。

------



額に入り、

飾ったところの写真をメールに添付して

下さいました。



不思議と、

写真よりも 存在感を感じました。

とても素敵な額に入れてもらった絵は、

一層、活き活きしています。

その写真に 私は しばらく見とれた。



この方は、

『 あの子の写真を見れないのです。』

と、以前、そうおっしゃっていました。

メールにも、そう書かれていたかもしれない。



” 絵にあまり興味を持たなかったのに、

 突然、あの子の絵が欲しくなりました。”

と、ご相談を下さいました。

この時ばかりは、

小さい時から絵を描くのが好きで良かった

とつくづく思いました。



絵を描くことで、

目に見えないといわれていることを

見えるように出来たこと、

そして、描いた絵が

愛しいお子さんに似ていたことに

安心と確信を頂きました。



いつか、お子さんの写真が見れると思います。











アガサ






愛しい家族、大切な人との交流 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示