FC2ブログ
2013/06/20.Thu

生きている証拠


先日お伝えしたことについて、

「アガサさんに 確認して欲しい、

 見て欲しいです。

 うきうきわくわくです!」

とメールを頂き、

葉山までお越し下さいました。



お電話から聞こえてくるお声は、

とても可愛らしく、

こちらまで元気になるようなお声。

声というのは、その方の姿勢や性格、

生き方までが伝わってくるような気がします。



当日、お迎えに参上した時もわくわくなさっていました。

交流に静かに入ってゆき、お伝えしてゆき

後半は、

お越し下さったご依頼人様とおしゃべり。

"ご家族"様も、私たちのお話に参加されています。



「 ある物 」をバッグから出して来られました。

今回のご依頼人さんの大きな目的のひとつ_

私が、何度も繰返しお伝えした「あること」

の確認。

今まさに、それを出してこられ、

私に 見せて下さいました。



( 驚いた!・・・これって・・・)

その時の(前回の交信)感覚が蘇ってくるかのようでした。

同時に、ご家族の感情も伝わってきたように思えます。

「 それです。その美しい風景です。」

持って来て下さったそれを私は何度も何度も、見つめました。



他界した後も、生きているんだ。と念押しされたいお気持ち。

( あなたが見せてくださったのは、これなんですね・・・)

驚きつつも、しみじみいたしました。

同時に、とても有難かった。



生きている証拠_

死後証明をする、



長きにわたり、海外で生き、研鑽を積んでいる方が

おっしゃっていたことを思い出しました_

” 技術的なことばかりに目を向ける人が多く、

 大抵は、多くは、そこで止まってしまう。

本当に、大切なことに気づくまえに。”

とおっしゃっていました。



< 亡くなった後も生きているんです。>

私には、この言葉の重さがわかる。

彼らの心を心から伝えようと思っているのです。



持ってきて下さった「証明」。

とても、素晴らしかったです

私まで、わくわくしました!

ご夫婦の愛をたっぷりと浴びさせて頂きました。











アガサ








愛しい家族、大切な人との交流 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示