FC2ブログ
2013/03/09.Sat

桜の下で  〜 映画のワンシーンのよう 〜


先日の交流時、

来られた方の描写をお伝えしたのですが、

お心あたりがなかったので、" その方 " には申し訳ないですが、

その方についてお伝えするのをストップしました。



だけど・・・・

いつもと「何かが」違う。

何か、ひっかかる感じがするのです。



数日後、

別の方から、突然のご依頼を頂きました。

どうしても近々に・・・と願われていました。



他界後、日が浅いので、来られるかどうか・・・

全く私には検討もつきませんが、ということを

ご了解を得ましたのでご依頼をひき受けました。



その前夜、お布団に入った時に、

” 先日のあの方は、

 明日ご依頼人のお父さん "

と思いました。

そう思いながらも、翌朝にはすっかり忘れました。



当日、スカイプで始めました。

いつもの通り、調整し始めると、来られていました。



" 先日の方だ・・・ "



先日よりも、詳細に渡って伝わってきます。

先日、私に見せて下さったものをまた、見せて下さり、詳細も伝えて下さった。

私には意味がまったくわからないけれど、

来られた方と ご依頼の方だけにおわかりなったようです。

いくつか、伝えて下さった内容で、

「 父です 」とおっしゃるが、

内心、私は、まだ、何か物足りない気がしていました。



そうして 見せられたのは、満開の桜の木の下で、

父と少女が、桜を見上げるシーンでした。



満開の桜。



桜の花びらが舞っている。

ゆっくり 美しく 舞っている。

まるで、

映画のワンシーンのようだ・・・

この美しさを、見たまま伝えることが出来れば、

そう祈りつつ、拙稚な言葉を数珠のように繋ぎ

お伝えしました。



泣いてらっしゃった。



桜を父と娘で見上げた時の、

その男性の気持ち、感情が、一気に押し寄せたのです。



月日が流れ、

父と娘の絆が さらに深まるの感じ、

親子の愛が温かい。



" ああ、人って こんなにも温かい "



伝えることをお伝えして、

お父さんは、すっきりされていました。

私も嬉しかった。







伝えることが出来て、良かった。








アガサ
愛しい家族、大切な人との交流 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示