FC2ブログ
2012/12/23.Sun

クリスマス・キャロル 〜 わかりやすい霊・霊界の説明 〜


私の好きなクリスマス映画に、

「 クリスマス キャロル 」

というのがあります。



リメイク版や、現代風にアレンジしたものが

何作品か出ています。

それぞれに、素晴らしい作品です。



その中でも、一番気に入っているのは

古い 古い「クリスマスキャロル」です。



お子さんは、ちょっと怖がるかもしれません。

中学生ぐらいだったらいいのかな



3人の亡霊がそれぞれに見せてくれる、

過去・現在・未来。



スクルージ(主人公)精霊に見せられる、自分自身の人生。



次第に、気づいてゆき、

生きるとは何か、

どう生きてゆくのが真なのかを悟ります。



素晴らしい映画です。



世界的な有名な作品、

「 クリスマスキャロル 」。




何度観ても、

素晴らしいです。









共に過ごす人数ではなく、

心温まるクリスマスをお過ごし下さい。


アガサ



思うこと | Comments(3) | Trackback(0)
Comment
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
クリスマス・キャロル
おはようございます。

私が見たなかで一番好きなのは、1984年に作られた作品のようです。
(今朝、調べました。)

Youtubeにもありました。
リンクをうまく張れませんでした。すみません。
下記の語句で検索してみてください。

A Christmas Carol (1984 Full Film)

主立った俳優さんは、
ジョージ・C・スコット氏、
フランク・フィンレイ氏。

監督は、
クライヴ・ドナー氏 です。

比較的、昔に撮影された映画に味を感じます(笑)。

ぬいぐるみを一コマ一コマ、動かして作られている
「赤鼻のトナカイ」も毎年毎年、家族全員で観ています。

技術を駆使したものも素晴しいですが、
そうではないものに魅力を感じる私です。

秋の夜長にどうぞ。
アガサ

古い記事にコメント
びっくりさせたらごめんなさい笑
秋の夜長にアガサさんのblogは持ってこいですネ
心が落ち着きます

この映画を観たいのですが、古いバージョンの
クリスマス・キャロルが2作品あるみたいで
どちらを選んだら良いのか分かりません。
アメリカ映画の方か、イギリス映画の方でしょうか?

管理者のみに表示