FC2ブログ
2012/08/05.Sun

その涙も悲しみも


先日、ご依頼頂きました方からの

お気持ちが届きました。



ご感想を頂いたこの方は、

努力して、

人知れず、努力し、頑張り、

時に、

小さい肩にのしかかった「荷」に

涙されます。

泣いても、また、頑張ろう・・・

そう思われ続け、

いつも、真摯で、誠実でいることを

ご両親から、受け継がれてこられました。



霊界通信は、

そんな彼女の頑張りを労う、

愛に満ちあふれ、

奇跡とも思えるような方からのメッセージも

頂け、お伝えすることが出来ました。



---------------------------


霊界からのメッセージを伝えて頂き

ありがとうございました。
 
身体が無くなっても、確かに存在する魂の温かさに

すっかり癒され、浄化され、勇気を頂きました。

(中略)
 
両親の言葉は生前とあまり変わらず

久しぶりに聞く懐かしい響きでした。

あ~、お父さん節・・。

母が私のことを見てくれていることは嬉しい反面、

少し恥ずかしい感じでした。

でも、見ていてくれていたんですね・・。

父が亡くなり仕事を受け継ぎ、(中略)

孤独感に時々苦しくなることがあります。

(中略)

ひとしきり、自分の不甲斐なさに涙をこぼすと

すーっと気持ちが楽になる・・

これは母の力だったんですね。

気持ちに後を引くという感覚がありませんでした。

母がきっと、背中を撫ぜていてくれたんですね。

改めて、感謝だなぁ~と思いました。
 
一番以外だったのは、会った事のない弟が

私と一緒に居る事でした。

それは、本当に驚きでした。

と同時に、とても愛おしくなりました。

(中略)

とても、心が喜ぶ・・幸せな時を過ごしております。
 
(中略)
 
霊界と通信して頂いたお陰さまで、

常に後ろの方達へ愛情深く接する事ができます。

母が「独りじゃない」と言ってくれた言葉が

どれほど私の励みになったことか。

本当に嬉しい気持ちでいっぱいです。
 
(中略)

KY様

---------------------------


天国に住んでいる人達は、私たちが

人知れず、涙を流しているときにも、

人知れず、苦しみ、

孤独に耐えているときこそ、

傍にいて、愛で包んでくれているのです。



挫折、悲しみ、苦しみは、

人生をより深く、

魂に輝きを増幅させます。



我慢するばかりが、人生ではないけれど、

時に、もろくなっても、

わぁーと涙がこぼれ続けても、

それでも、

私たちは、前へと明日へと生きていくのです。

生きてゆかねばなりません。



そっと見守ることは、

強くなければ出来ません。

口出したり、

手を出したり、

感情に任せて、怒りをぶつけ、

関係ないストレスまでぶつけることは、

容易いこと。



あなたの悲しみや苦しみ、

あなたの挫折は、

きっと、誰かの役に立っているのです。







アガサ



愛しい家族、大切な人との交流 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示