FC2ブログ
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事

カテゴリ

プロフィール

アガサ

Author:アガサ
他界された愛するご家族、大切な方との対話を地道にお伝えしています。

アガサ

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

思う心  〜 気高く、気丈な母心 〜

医療とは、何だろう。

なぜ、医師になろうと思われたんだろうか _

あらためて深く、こう思った交流でした。



医療拒否というのは、患者側にあっても、医療側にあるとは

思いもしませんでした。

何のために、猛烈に勉強され、専門知識と経験を積まれていた

のだろうか・・・

頭ごなしに患者側のご家族に対して、圧をかけるのか。

人に偉そうにしたかったから、医師という職業を選んだとは思えない。

初心は遠い昔に、権力と資力と引換えに置いてこられたのだろうか。

それでも、

誠実に真面目な医師も多くおられると思いたい。

実際、交流ご依頼を頂いた方々で医師をされていた方は実に、誠実。

それとも、慣れに甘んじてしまい、責任感と誠実に対応することが

バカバカしく思えてしまうのだろうか。

いづれにしても、どのような仕事、職業であっても、

迷惑をかけている者は鈍感で相変わらず、分厚い面をし続け、

真面目に尽くしている者は、表裏変わらず、真面目に尽くし続ける

のだろう。

何年かに一度、不誠実な医療現場の現実を耳にし、何とも

やりきれない思いが蘇ります。



Fさんから頂いたご依頼フォームには、「家族の死を受け入れられません」と

短い文章でお書きになっていました。

はっきりそう書いてこられるには、"相当以上の"何かがあるのです。



ものすごく遠い距離を車で伺いたいですとメールに追記されていました。

「 ええっ? 車で? 」

思わず、パソコンに向かって、叫んでしまう程 心配でした。

車でも、行ける距離というのがあるように思います。

いろいろな運転をする人達がいますから、長距離は大変です。

( 休憩を取られると思うけど、大丈夫なんだろうか・・・)

もうそのことばかりでした。





当日の朝、準備をし始めますと、かなり高齢の女性がおられました。

久しぶりと言えるぐらいの、高齢の方です。

Fさんのご家族の方か、ご親戚の方か、それは分かりません。



< どんなに苦労しても、子どものため! 子どものために、頑張る。>

訛りがあり、上手に聴き取れなかったのですが、心は私と重なります。

きっぱり、強い意思でそう言われました。

まるで、それは、私への助言のようにも思えていました。



< F・・F・・・F・・・・>

何度も名前を呼ばれます。

( 今日、お話ができますから、安心してください。私、頑張りますから。)



< 寿命だったから。気にせんで。

 人を悪くおもうたら いかん。

 Fがおって しあわせやった。>
※方言を大事に思っていますが、覚えていません。意味は上記の通りです。


しばらくすると、

< ようけの 人ら と会った。なつかしい子どもの頃の友達も・・・>

とおっしゃりながら、沢山の方々に囲まれて懐かしい笑顔で

おられるところを見せてくださいました。

( ものすごい人達に囲まれておられる・・・)

眺めている私まで、感無量でした。

後で話してくださったのですが、ご兄弟やご親戚が多いとのこと。

出迎えの人達が多かったことを「 なるほど 」と思えました。



「 母親が亡くなってから◯日経った頃、こんなことがあって」

と交流の後、話してくださいました。

稀で貴重な実話でした。

お知りになりたい方も多くいらっしゃるかもしれませんね。

ご存知の通り、このブログは不思議系や興味本位系ではありませんので

ご容赦願いたいと思います。



Fさんにとって、ご自身の経験は、貴重で大事な宝です。

経験したから、死後があるのだと信じれた、

だから、依頼をしましたとおっしゃっていました。



Fさんは、本当に親孝行な人。

これほどまでに、孝行されていたのですから、大きなショックと

怒りでいっぱいだったのは当然です。

ものすごく口惜しくて辛くて、

どうしようもないお気持ちでおられるのは、仕方のないこと。

それでも、お母さんはあのようにおっしゃったんです。

自分だったらどうだったろう・・・と思いました。





親が子を思う気持ちは、痛い程、わかります。

いくつになっても、親は親。

年老いてきますと、子に従うことが増えてきますが、

それはそれで幸せを感じれるのです。

子が話しかけてくれるその言葉に、愛情を感じるのです。



遠い昔、

子が幼かった頃、子を抱っこする、手をつなぐ、ほっぺたを寄せる、

寝息を聞いてほっとする・・・

その瞬間にしあわせをしみじみ感じれる余裕はあまりなかったと

思います。

今のように、夫が家事や育児に協力してくれる時代ではないですから、

その時代の母親は、家事、育児、仕事、義親のこと等、必至の連続です。



子どもが大人になり、ふと、子どもが幼かった頃を懐かしいと

思い出せるのです。

大きくなった子どもに、しがみつけることは、親が子に甘える

ということではなく、子が幼かった頃を思い出せる至福の一瞬

なのだと思います。



どんな目に遭おうとも、人を悪く言ってはいけないよと言う母。

そこには、子に、心を腐らしてはいかんよという願いが込められて

いるのだと思います。

人がどうであれ、気丈であることが お母さんの人生において、

とても大切なことだったのです。

そうでなければ、生き抜くことなど出来なかった時代。

次から次へと災難が起きる時代でしたもの。





大病院の肩書きある先生が、患者を見下し、

医療を施さない自分に酔いしれているかのように圧をかける現実。

なぜ、医師を目指したのか・・・

一番大切なことを見失ってしまった医師が担当になったために、

大事な家族の体調が急変急降下していく様は、許し難い現実です。

私のような者が聞いていても、許し難く、非常に腹立たしく思いました。



それでも、お母さんは、

"人を悪く言ってはいけない" とおっしゃるのです。



自分が、Fさんのお母さんと同じ立場だったら、どう言えるのか?

お母さんのように言えるのか・・・

それとも、

あの先生に自分は殺されたと思ってしまうのか・・・



もし、自分だったら・・・

もし、自分の親だったら・・・

もし、自分の子だったら・・・



その時、自分だったらどうするのか。



どのようであっても、Fさんのお母さんのように

気高く、気丈な心を持ち続けることの難しさもあります。



Fさん、

たくさんの身内、友人、知人の方々に出迎えられ、

再会の感激でいっぱいの母上の姿は、

とても穏やかで神々しくみえましたよ。



折にふれ、Fさんのお母さんの思いを思い出したいと思います。

ありがとうございました。













= 最近の写真 =

葉の色が変わり出してから随分経ちます。
街の中でも、紅葉がとても美しい頃になりました。
遠くに見える山肌も、色とりどりのパレットのようです。
りんご散歩では、落ち葉が風で舞う度に、りんごは落ち葉を追いかけます。
ひきづられて転けないように必至の私です。(笑)

皆さんのところでも、紅葉していますか?






アガサ


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル:心と身体

おーい!

頂いたメールから一部を掲載させて頂きます。

- - - - -

(略)
朝一番に朝を流してきたなんて本当に主人らしいと思いました。
学生時代に同じクラブで一緒に汗を流してきた同級生が10年ほど前に亡くなっているので、
きっとそのお友達だと思います。

あちらの世界でも運動楽しめるんですね。私が悲しんでなかなか立ち直れていないことで、
心配ばかりかけて主人には申し訳なく思いましたが、整然と変わりなくにポジティブ思考で。
あっさりした性格そのままで、一緒に会話しているようで涙が出ながらもとても楽しかったです。

今は悲しいですが、本当に幸せでした。
これからも見えないけれどこんなに思ってくれている主人がいるだけで幸せです。
心配かけないように頑張りますが、思いが深いので、涙が出るけどこの涙が笑顔に変わる日が
来ればいいのにと思います。

主人と一緒にまたあちこちでかけていけるようになれるといいなと思いますし、
これからも二人で過ごしていきたいと思います。

(略)
おーいっていつも呼びかけられていました。今もおーいって答えているってびっくりしましたし、
数日前におーいって空耳かなって思いましたが、声が聞こえたように思いました。

(略)

久しぶりに主人とおしゃべりができたようで、懐かしくもあり楽しくもあり、
今またそばにいてくれているんだと信じられるけど、こちらから話しかけても
返事が聞こえない寂しさがあります。

本当に二人でおしゃべりしていると楽しくて、コントのようでもあり、
受け答えで笑いが絶えない、漫才しているような楽しさがありました。
どうしても後ろ向きになってしまいますね。

それでも。今でも見えないだけで、いつもと同じようにそばにいてくれていて、
そのままの主人であることは、実感できました。
これからも二人で楽しむんだという主人の姿勢にかわらないなとうれしかったです。
今までもそういう主人にずっと手を引いてもらってきていました。

(略)
いつまでも、心はつながっているし、一緒なんだと思って過ごしていきたいのです。


- - - - - -


頂いたメールをもとに回想させて頂きます。

( 覚えていなくて、ご勘弁ください。)



確か・・・この日、交流直前に、

60歳前後の男性が、軽く息をはずませて来られました。

< すいません、すいません・・・ハァ ハァ >

遅れておられないのに、ちょっと遅れて申し訳ないといった具合で

来られたのです。

何やら、軽く運動をされていたご様子。

ハァ ハァと少しだけ、息がはずんでおられましたけれど

全く 平気そうなんです。

私がその運動に参加したら、ハァハァどころではなく

ゼイゼイ言いながら、フラフラして、よろよろしながら、

顔真っ赤で、喉がカラカラで すぐには喋れなかったでしょう。

それぐらいの運動量だと思います。



( すごいなぁ・・・)

軽く汗を爽やかにかいておられてのご登場に驚きつつも、

万年運動不足に馴染んでしまった私は 尊敬の眼差しでした。

( 私も若い頃は鍛えていたんだよなぁ・・・)

どっちが年齢的に若いか分からないなと苦笑いしてしまいました。



< 懐かしい友人にね、会ったもんだから。>

( そうですか。それは感激ですね!)

< ええ、そうなんです。ちょくちょく会うんですよ。>

( それはそれは!)



なんだか、普通の日常みたいで、こっちと変わらないんだなぁ・・・

そんなように思いました。





< 話しかけているから「おーい」って返事しているのですが

 どうやら、聞こえないみたいで。>

さらっと微笑みながら話されるのですが、優しいなぁ〜と思いました

だって、ちゃんと返事をされるのですから。

面倒くさいなと思う人がいても、不思議ではないですもんね。

ご主人のそういうさり気ないところにも、お人柄の温かさを感じました。



その後も、車の一部分が故障していること、音楽のこと、

Kさんのことを話してくださったのです。







交流の度に、いつもそう思えるのは、

" 大切に思っている者同士が一番わかりあえる " です。



縁あって出会い、共に過ごす時間があって、

今も大事な存在だと辛く悲しくなるほど思えるのですから、

過去の人ではないでしょう。

大切な人だと思えるでしょう。

無理ですか?

悲し過ぎて、そんな余裕 ありませんか?



私は こう思うんですよ。

私達のこの肉眼で、どれだけのものが見えるのか?

私達の肉耳で、どれだけの音が聞こえるのか?

ほんの一部です。

一部。

人間より他の動物達の方が、多くを見聞きできます。

全てを見聞きできない(感知できない)からこそ、

豊かな感情が発達しているのです。



本当に大切なものは、この目では見えないと思います。

ずっとは 見えない。

だから、善いのだと思います。



他界しても、いつも見えて聞こえていたら・・・

私達は これほどまでに

大切な家族を 大切な人を 大切な動物家族を

今のように恋い焦がれ、大切だと痛感しているでしょうか。



人間というのは、誰しも 欲深いですから、

いつか " 有難い " が " 当たり前 " になってしまいます。

極々 たまに 奇跡のように、

空耳か

見間違いか

このようなことが あるからこそ、

感激の深さがあるのです。







私達が覚えている限り、

愛情を持っている限り、

いつか、必ず、再会できるのです。




泣いていても、いつか、会えますよ。

ちょっと 笑顔が出る日があったらいいなぁ〜 と

陰ながら 祈っています。




「 おーいっ!」って ご主人がおっしゃっているんですよ。

ご主人のために、泣きながら笑ってください。

ご主人との信頼と愛情が一番深いのは、他の誰でもなく

Kさんなんですもの。


















= おまけ =

りんご です。
寒くなってきましたので、スリッパ必須の私です。
洗濯物を干したり、入れたり、と狭っこいベランダに出ると
必ず スリッパの上に ドカッと居座るりんご嬢。
どこに脱いでも、スリッパの上に座る。

キッツーイおばちゃんの私ですから(笑)、「母ちゃんのだ!」と
ビシッとスリッパをひっこぬきます。

哀れ、りんご。





アガサ



















テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル:心と身体

更新遅れの言い訳です

2019.11.03 12:16|頂いたメール
更新が遅れておりまして、

「 体調がよくないのですか?」とご心配頂くメールを頂戴しています。

ご心配をおかけし、申し訳ございません。



あっという間に月日が流れていくのは、気のせいでしょうか?(笑)

あまりご心配を頂いてはいけないと思いまして、

具体的な言い訳を述べさせて頂きたいと思います。(苦笑)

お時間のある時にでも、お読み頂ければ幸いです。



- - - 言い訳 スタート!- - -

交流について、いつも、自問自答しています。

傍におられる、その方らしさというものをお伝え出来ても、

ご依頼ご本人が「そうです」と納得されても、

やっぱり、"肉体"を脱したことが、物質至上主義寄りの世において

非常に大きな壁であり、悲しみの元になっているのだとしみじみしながら、

考え込みます。



その状態において、スピ系に次から次へといっても、納得や満足が

得難いのは、心が正直だからです。

本当の癒しというのは、他から得れるものではないから。

慰めや励ましを頂けるのは有難く思えても、ひとりでふとした時に

感じるのは、心の芯までは無理なんだなぁ・・・ということ。

それで自然だと思います。

長年培った、大切な家族、大事な人との信頼の深さ、愛情の温かさ

に到底及ばない。



楽しいこと、悲しいこと、辛いこと、驚くこと、様々なことを

重ねていきつつ、月日も重ねてゆくのです。

それをインスタントのように、宗教のように短期間で与えようと

思っておられるから、アヤシくなるのです。

だから、不自然さが生じ、浮き足立つのです。



交流をどうお考えなのだろうか。

交流を伝える側が、どう考えているのか?_

これが大きな影響を与えてしまうのです。



悲しみについて・・・

癒しについて・・・

医療について・・・

交流について・・・

日常について・・・

などを考えながらも、ちょっとした時間がとれる時に、

おおよそ、全く無関係に思われるかもしれませんが、科学や物理の

難しすぎる本を読み出しています。

それには、ある考えがあるからです。





世の中のスピリチュアルに関わっておられる多くの方々が口を揃えて

よくおっしゃっる言葉・・・

「 傍におられます。来られていましたよ。」

なんては、当たり前過ぎるように思えてしまうのです。

私自身、そのことを言葉で表現することさえ、何だか妙な気持ちになります。

その言葉や表現というのは、ちょっと違うんじゃないかと思うのです。



なぜなら、

大切な方の他界を経験なさり、悲しくて仕方のない方に対して、

誰にでも言える言葉だから。

慰めとしても多く言われているだろうと思います。

表現悪いようですが、本音ではビジネスライクなスピ傾倒

されている方々や団体の方々の常套句だと思えてしまう。

なぜ、"それ"の一点張りで、なんでもかんでも"それ"に結びつけて

しまわれるのだろうと思うのです。

"それ"によって、ある種の洗脳状態になった方々からご依頼を

頂くことも年々増えてきたように思え、欲が欲をくすぐって

しまうのだな・・・と思うのです。



決して、美しくきれいごとだけではないことをおだてるかのように

おっしゃったままでは、真実を伝えることとはかけ離れてしまう。



表情と声から嘘か本心かがわかりますので、自分は

スピ系の方々とも一切、関わりません。(苦笑)

嘘と偽善が漂う空気と空間には、瞬時に体調が崩れるのです。

不器用といえば、不器用な自分です。



欲と自己陶酔の空気を作りっぱなしの人達は、なんとかならんのか?

と時に腹立たしく思えたりもします。



もっと、確かな何かを掴みたい、肉眼で見えないことを

自分で地道に研究をしていこうかと思うようになりました。



群れてしまうと、団体になります。

団体になりますと、避けては通れない"経営(運営)"が絡みます。

派閥も当然ながら、生まれます。

親切そうな笑顔、心配そうな表情の奥には、

金欲、媚び、嫉妬、、、、様々な感情や欲が渦巻いているのは

吐き気さえ、してきます。



そんなことに時間と気を浪費するのはおかしい。

結局は、

自分と他界だけの関係・信頼と真実でしょうと思います。

大切な方と自分の関係が、どうかです。

自分のなかで大切な人への思いが自分の感情よりもどうか・・・

というのが非常に大切だと思うのです。



霊媒というのは、人気商売ではありませんから、

人を集める必要もありません。

人としての信頼と自分の経験に基づいているのであれば、

群れる必要などないのです。

団体になる必要もなく、有名著名になる必要もない。

力関係になびく媚びる必要など、全く無いのです。



交流の時間以外は、こういうことを考えつつ、家事や内職をしていますので

あっという間に時間が過ぎていってしまいます。



「 内職?」と思われるかもしれませんね。(苦笑)

目に見えないことだけで生計や運営を立てようとしますと

不自然ですから、必ず、欲が増幅し、歪みが出てきます。

交流で頂いた御礼金で生活するのは違うという意志を持っていて、

サラリーマン家庭ではありませんので、細々と内職をしています。



" おかしいことは、おかしい。"

人様がやっていても、自分がおかしいと思えることは、やりたくない。

やらない。

そういう意味での頑固な自分で、良いと思えています。(笑)



長々と まとまりのない言い訳をしました。

ご勘弁ください。














= おまけ =

こんなに大きなりんごを見たのは初めて!
黄色のが普通サイズですから、1.5倍ぐらいはありそうです。
さすが、長野! と思いました。




上から見ると、こんな感じ。
まあ・・・味は・・・ほら、ご想像通りですよ。
小さい方がぎゅっと味がつまっていますからね。
我が家では「秋映」が断トツ人気。
※このりんごは、台風前の収穫のものです。

今年は台風災害で農家さんが被害にあわれましたから、
本当に・・・言葉が出ないほど、です。








アガサ









テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル:心と身体