FC2ブログ
2019/02/21.Thu

軌道修正・・・か

お久しぶりです。

そこそこ お元気におすごしですか?



ご依頼のお引き受けに関係いたしますことですので

甚だ恐縮ですが個人的な流れも含めながら、ご報告いたします。



●要点

この春、長野市内に越します。

対面をご希望の方には、少しでも便利になるかと存じます。

駐車場もすぐ近くで1台確保出来、

電車の乗り継ぎもそこそこ良いように思います。

小さなアパートですが、ご勘弁ください。



● 時の流れ

ようやく山中生活に慣れてきたと思った矢先の今年1月。

予想外にも、先月下旬あたりから変化の波が表立って出てきました。

一つの波が終わったと思いますと、また、次の波が・・・

というように、家族ひとりひとりにとって、また、それぞれに

関係してくることが表に出てきました。



「 先のために、変われ 」と言われているのか、

「 このままじゃ いかんぞ 」と言われているのか、

あるいは、

年齢的な変化の時期が重なり合ったために、

軌道修正が必要になってきたのかはわかりません。

とにかく、

目の前に起こってくるひとつひとつ、家族ひとりひとりの

気持ち、方向や体質に対応していく他ありません。



もう少し頭を使って、要領良く出来ればいいのですが

次から次へと起こってくる変化の波を私は かわせずに、

真正面から向かってアップアップしてしまうようです。

自分の不器用さ加減が情けなく思え、途方に暮れながらの、

ぎゅっと圧縮された数週間でした。

同時期に、顔面が赤く、倍近く腫れ上がり、耳や首、腕、脚に

おびただしい湿疹が出ました。

昨年経験したとはいえ、(まいったな・・・同時期か )です。



( 自分ひとりだったら、こんなに悩まなくて済むのにな・・・)

幾度となく ふと こんな思い(弱音)が頭をよぎりました。

多分、ひとりだったら、

(家族がいれば、こんなに悩まなくて済んだだろうなぁ・・・)

って思うと思います。



家族は、本当に不思議です。

自然に支え合える家族もいれば、互いに傷つけ合う家族もいて、

無関心な関係もあったり、比較的仲の良い家族もいます。

家族といえども、様々なタイプの人間の集まり。

社会と似ているような気もします。



誰かが楽をして、誰かがしんどい思いをし続けるのはおかしい、

というのが自分の考えのひとつ。

そして、

子どもがいる以上、子どもを中心にした家庭作り、

助け合いと理解する心はすごく必要。

と思っていても、余裕がなくなりますと人間というのは

自分の感情が揺れに揺れまくります。



そうした大波大揺れの時期も、何度も開いた家族会議と

心友からの叱咤激励の一言のおかげで、

少し乗り越えられたように思います。

どれほど色々な事を考えて、決めたことについても

これで良かったんだろうかと思うこともやっぱりあるのです。



限られた可能性の中での選択は、

ひとつのことを選択すればしたで、その先に新たな不安が

立ちはだかっているのですから、仕方がないといえば、仕方がない。(苦笑)

まぁ、肉体を持って生きるというのはそういうもんなのかなと思います。

頑張って 踏ん張って 生きていく他、ない。



1年前、

家族と一大決心をした山の中暮らし。

今までの常識が通用しない日常で、私などは

必至のパッチでした。



ようやく慣れてきたと思えた頃、家族それぞれの周囲にある

ふつふつと沸いてきた変化。

( 頼むから、のんびり生活させて・・・)

自分の願いとは裏腹に、小さな波が幾重も寄せているのを

何とか平らになるようにと努めれば努めるほど、不自然に

思えてきたのです。



( 膿みを出さんとあかんのかも・・・)

不自然なことというのは、皮膚炎の湿疹のようにある日を境に

どんどんと出てくるんですね。



心配しだしたらキリがないけれど、

出来るなら、スムーズに行く時期があってほしい・・・

ところが、スムーズに行くことばかりではないのが人生。

人生はいつも、不測の連続。

往々にして 痛みを伴うこともあるけれど、

そういう時期なのかと思って

軌道修正を受け入れるしかないと思ったのです。

それからが大変、ですわね。(笑)



まだ1年しか経っていない内に軌道修正せねばならないのは

正直、勘弁してほしい気持ちがいっぱいです。

が、仕方ありません。

家族それぞれが岐路なんでしょうから、億劫がっていても、ねぇ。



いつまでもバタバタしていまして、すみません。

便利になるので、ご勘弁ください。(笑)










= おまけ =

現地に初めて行った際に寄ってきた善光寺。
門前には立派な像がありました。
この像の裏に在る像にはさらに驚きました。
そう言えば、他界した父が「 善光寺さん、善光寺さん 」と言ってたっけなぁと
突然思い出しました。
父は元気にしてるかな?
お父ちゃん、孟母三遷って、気力体力資力が要るね。











アガサ


















アガサよりお知らせ | Comments(0)
 | HOME |