12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

愛しい家族、愛しい人との対話 _ 静かで 心穏やかなひととき

他界された愛しいご家族や方々との対話回想、思うところを書いています。

ちょっとずつ 

毎日、いろいろあります。

気持ちが浮き沈み致します。

でも、それはこちらだけの話ではないと思うのです。

"所属先"が他界になっても、人は人。

心は心。



真っすぐな気持ちや常識良識がわかる人にはわかりますし、

そうではない方にはそうではないでしょう。(苦笑)

こちら世界はごちゃまぜだと思います。

良い人もいれば、そうではない人も同じ土俵。



自分の心が真っすぐで、

人様を思いやることが出来るのであれば、

それで十分だろうと思っています。



家族が感謝の気持ちを口には出さなくとも、

心で繫がっていることは

心が落ち着いている時にはそう思えます。

そう思える時、最高に幸せだと思います。



生きていくなかで、さまざまなことが起きます。

鈍い人もいれば、繊細な人もいます。

繊細な場合は、心に傷として残るでしょう。

でも、心に傷を受けたからこそ

見えてくるものも多いにある、ということです。

そう思って生きてきました。



生きていくことには、不安がつきまといます。

それを和らげることは出来ます。

和らげるのは、自分自身の地道な努力と人様からの温情です。

人の心に触れる時、

心の傷が多ければ多いほど、その感謝の度合いは違います。

身にしみる、のです。



身にしみることが増えてまいりますと

自然に 身の振る舞いや言葉遣い、

毎日の生活への目線が 変化してきます。



私たちは、慣れてしまうと変化に対して

疎ましく思います。

でも、考えてみてください。

この世で ずっと同じことってないと思います。

地球は、ずっと自転していますし、

太陽の周りを公転してます。

それによって、大気が循環し、季節も変化します。



当然ながら、私たちの体調や心にも影響してくると思います。

年々、私は今までそれほど気にならなかった、

満月や新月、風、気圧といったものからの影響が

顕著になってきました。(苦笑)

( 困ったもんだなぁ・・・)

と不満に思ったりもするんですが、

まぁ〜、仕方ないですね。



どの世の中でも、常に変化してるんだろうなと

そう ぼんやりと思うと 

なんだか、自分の怠け心が可愛くも思えます。

" ちっちぇ〜な、自分 " ってね。



梅の花が咲き始めています。

桜のような豪華さはありませんが、

寒いのは苦手・・・と震えているもん(私)にとって

有難い存在です。

そして、びっくりしましたのは、

愛犬の散歩コースに、倒れて随分になる桃の木が

あります。

昨年でしたか、お天気で大打撃を受けた感があり、

( もう咲かないのかな。今迄頑張ったよね。)

と思っていたのですが、

ふっくらと芽を膨らましていたんです。

びっくりしました。

自然は強い!



どのような年になろうとも、

心まっすぐ、自分の感情を大袈裟に捉えずに

ぼちぼち行こうと思います。








変化を受け入れながら。












= おまけ =

年いってるんですが、子犬に思われます。(笑)
顔面左側にあった大きな腫瘍ボールが取れたのは、いつだったでしょうか・・・
昨年だったのでしょうか・・・日だけは覚えているのですが、思い出せません。
結果、今、こうして元気そうなのですから。
起きている時はずっと食べるものを探しています。
耳も遠くなってきたので、言葉でのやりとりよりも、
ジェスチャーや空気で愛情表現しています。人間が。(笑)
散歩に行くと、すぐ夕飯と思っているのが笑えます。
帰り道のスピードが行きの二倍速ぐらいなんですよ。






Posted on 2017/01/28 Sat. 09:45 [edit]

category: 思うこと

thread: 心、意識、魂、生命、人間の可能性  -  janre: 心と身体

TB: --    CM: 0

28

証明は出来ないけれど 

一ヶ月程前、12月のある日に、

あるご家族の対話をお伝えしていた時のことです。

お子さんが、(といっても立派な青年です)

< ◯○○ >

という音を私に話してくれました。

(それはお友達のお名前ですか?)

ふいに"お友達"ということが口から出て、(そうなの?)と

思いながらも、口がそう動くので流れに任せていました。

ご家族に確認をさせて頂きましたが、

そのお名前に心当たりはない、とのこと。

自分の聞き間違い、ということにして続行しました。

しばらくすると、

ナチュラルな、オフホワイトのような、

太陽の光のような暖かい雰囲気と室内が視えてきました。

そこは、ちょっとした廊下のような感じに視えたのです。

ご家族からは、病院か自宅の廊下かなと色々とご協力を頂きました。

私が着目したのは、場所がどこかではなくて、廊下を

ちょっとだけ勢いつけて滑る!面白い!というあの感覚でした。

男の子だったら、やりたがるアノ感覚。(笑)

とにかく、それを伝えてくれる青年が楽しそうに話してくれたことが

印象深かったのです。



そうこうしていましたら、

別のご家族からご自宅へのご招待を頂きました。

朝早くにお迎えに来てくださったのは方向音痴な私にとって

とても有難過ぎるお申し出でした。

車内ではとっても可愛い黒ラブちゃんがお出迎えしてくれて、

ほとんどずっと、私の膝に顔を乗せてくれていたのがとても

幸せでした。すっかり黒ラブちゃんに魅了されました。



お喋りをしつつ、ご自宅に到着しますと、息子さんも暖かく出迎えて

くださり感激然りの連続。

あっという間に数時間が過ぎました。



「 ◯○○の部屋を見て頂けますか?」

「 良いのですか?」

「 もちろんです!な?!」とご家族に確認をなさるご主人。

出迎えてくださった次男さんも笑顔で了承してくださったので

そっと見せて頂くことにしました。

2階にあがり、お部屋へ行く前だったか、後だったかわかりませんが

廊下のあたりで私は、ハッとしました。

その瞬間、私の周囲の空気が変わり、妙な表現ですが、

異空間に移動したかのような錯覚に陥りました。

< ここですよ!>

< そう、ここ!>

矢継ぎ早に話しかけられ、ちょっと待ってと思いながらも

( ここだったんだ・・・)

心身共に納得している自分がいました。



この時のことを証明することは出来ませんが、

青年たちの楽しそうな空気に温かく包まれ、

彼らの活気ある空気に 圧倒されていました。



同じぐらいの年頃のふたりの青年たちは、

他界した段階のどこかで出逢い、

海が好き、ということで

意気投合したのかも・・・しれません。



他界したら、何も無いとお考えになる方々も多いと思います。

肉体を持って生きている私達が、他界後のことをどうこうは

言えないと思っています。



だけど、

興味の方向が似た者同士が知合い、

お友達になったからといって

誰かが不幸せになるわけではないと思いました。



類は友(共)を呼ぶ、と言います。



一緒に話していて、

一緒に居て、

馬が合う(波長が合う)のですから

至極自然といえば、自然です。



証明は出来ない、突然のことでしたが、

私は、

なんていいますか、

若い青年たちの 男の子っぽい笑い方や行動が

とても眩しく思えました。



子どもの成長って、早いもんなんですねぇ。









あ、子どもじゃないですね!

若き方、ですね!

失礼しました。(笑)





追記1/22:
メールを頂戴しました。
- - - - -
ブログ拝見しました。

どうしましょう…。
驚きと嬉しさとで涙が溢れてしまいます。

アガサさんが我が家の2階に上がったところで、ハッと立ちどまられた時のことを思い出しました。
「話しましたっけ?」とおっしゃられたのですが、うちとは別のご家族のことのようでした。
(中略)
小学生位の子がよくするような遊びかなと思ったので、◯○○がするかな?と思ったのです。
それでも、アガサさんが「あ、ここかも…」とおっしゃった時の様子はずっと印象に残っていました。

そして驚いたのは、
今朝主人が見た夢のことです。
起き抜けに「◯○○の夢を見た!」と興奮気味に話してきました。
ものすごく鮮明に覚えているらしく、細かなことまで話していました。
その夢では、となりに友だちがいました。
◯○○と一緒にいるので亡くなっている子だと思ったそうです。
(中略)
聞いているわたしも嬉しくて幸せになりました。

そんな話を聞いていた後で更新されたアガサさんのブログ。
夜にこの記事をみつけ、主人と驚きと興奮で寝付けなくなってしまいました。
(中略)
◯○○は同年代での海好きの友人はいなかったようなので、
さぞかし喜んでいると思います。私たちも嬉しいです。

- - - - -
私も驚きました。しあわせな驚きです。








最近読んでいる本です。
これまた、とても素晴しい作品です。
寝る前のちょっとした時間しか読む時間がないので、
なかなか読み終えられませんが
読める時間が毎日の楽しみなんです。(笑)
そう言えば何十年も前、母が同じようなことを言ってたっけ。
こういう気持ちだったんだなぁ・・・。







Posted on 2017/01/21 Sat. 16:29 [edit]

category: 愛する人・家族との交流

thread: 心、意識、魂、生命、人間の可能性  -  janre: 心と身体

TB: --    CM: 1

21

大切に思い、日常を生きる。 

ここ数年で、年をとったなぁ・・・と思うことが日常に

影響しています。

そのため、回想記録を以前のように書けなくなったことを

どうか、ご勘弁ください。

今50才ですが、同い年の方々よりも私は老けていると思います。

気持ち的には、70代後半から80才ぐらい。

本当です。

今が一番、といつも思います。



ご存知の通り、このブログは、

命の尊さ

存在の大きさ

自分の悲しみと向き合う

ということを ご自分で心底ご理解なさり、

常日頃から大事にして頂くためです。

間違っても、

現象を推奨するためや、何でもかんでも結びつけることを

勧めるために回想記録を書いているわけでは、ありません。



よく耳にいたしますのは、

"自分には霊感がないから、そういうはっきりしたサインが欲しい・・・"

ということ。

多分、霊能者霊媒気取りの人達がサインサインとおっしゃって

おられるのだろうと思います。それがあたかも " 特別 " かのように。

それは、冷静に捉えますと 一体、誰のためにそう思うか?です。



大切な家族、大切な人のことを心から大切だと思えますと

" サインが欲しい " とは思えなくなってきます。

そして、

苦しいことや辛いことを、試練だと思わないでください。

私は、試練と考えるのは嫌いです。

非常に感傷的で責任転嫁的な考えです。

試練と人様に言えるのは、

そんなにご苦労なさっていないからだと思います。

人生、そんなもんで片付けられるほど浅いもんじゃありません。



自分が大切な家族や大切な人の他界を経験したからといって

他のご家族や他の人たちに対して、

羨ましい・・・

とは思わないで頂きたい。

自分には・・・(幸せとは無関係)

とは思わないで頂きたいのです。



悲しく、辛いのは当たり前です。

大切な人の他界を経験したのですから。

悲しくない方が不自然。

辛くない方が不自然。



" 当たり前のことって ないんだ・・・"

" 普通に生きるって すごいことだったんだ・・・"

少なからず そう思われると 思います。



現象がなければ、

愛しい家族の存在や思いを信じれないなんて

そのことのほうが、" ご家族 " にしてみれば

切ないと思います。



本当に大切なことって、なんですか?

命って大切だね、と心底思ったならば

それを日常に活かすことです。



目の前にいる家族を大事にすることです。

他の命を大事に思うことです。

とってつけたことをするなんて無理。

日常は、とってつけたことの連続ではないし、

よそ行きの顔して 生きるもんではないと思います。



毎日、自分の感情と向き合わねばなりません。

それを積み重ねていくことで、

いかに自分が物事を感情で見、判断していたのかを

知ることが出来ます。



命の大切さ、重さを感じると

表裏というのものが消えていきます。

惑わされなくなってきます。

何が本当に大切なのかが わかってきているから。



生きるうえで悲しみは、つきもんだと思います。

" 他にこんな悲しみと不安はない!"

っていうぐらいに 精神的に打ちのめされます。



だから、

命の尊さに気づくんじゃないですか?

日常の平凡さが有難かったんだと気づくじゃないですか。



気づいたんだったら、

それを 心底 大切に思って

日常を生きねば。



そうでしょう?

私はそう思ってます。












= おまけ =

昨年、クリスマスの日に約束していた「お菓子の家を作る!」実践中の写真です。
忙しさにかまけ、準備することさえ後回しにしていた私は
"美味しいケーキを買った方が喜ぶかも・・・" と思ったりもしました。
でも、わが家の数少ない恒例行事。
私自身、いつまで生きられるかわかりませんし(誰でもそう)、
子どもも日々成長しますので、ね。やっぱり、やらなきゃ!と奮起しました。
出来る範囲で「手作り」を教えたいと思っています。
物を作ることを経験し続けますと物事の流れや有難さがわかります。
すると、自ずと物や無形のものを大事にする心が芽生えます。
手作りというのは、生きる基本だと思ってます。





今にも、壊れそうなお菓子の家!(大笑)
「さ!倒れる前に食べるよ!」
私の一声で家族皆で食べつくしました。
しょうがをすりおろして、ジンジャークッキーを作っておき、
あとは生クリームでくっつければいいか!・・・甘かったですね、考えが。(笑)
クッキーはそこそこ美味しく出来たのですが、見た目がね。(大笑)
家族達の寛容な心に助けてもらいました。













Posted on 2017/01/08 Sun. 10:39 [edit]

category: 思うこと

thread: 心、意識、魂、生命、人間の可能性  -  janre: 心と身体

TB: --    CM: 4

08

いつも同じ、の有難さ。 

ここのところ、晴れの日が続いています。

有難いことです。



子どもの頃からなのですが、お正月というのが

どうも苦手。(笑)

苦手なことが続きます。(大笑)

初詣、白いお餅、お年玉。

神さんにお願いをするのが性分に合わなくて、

白いお餅よりも、粟餅のような方が大好きで、

お年玉も何だか気恥ずかしいというか、

何もしていないのに何でくれるんだろう・・・

と、まぁ、そんなへそ曲がりな子どもでした。(笑)



わが家の年末年始は、いつも同じです。

とりたててどこにも行かず、普段とほぼ同じ。

地域の子ども達が遊んでいるご近所の神社に御礼を言いに行き、

愛犬ごんの短くなった散歩をし、

チェスやオセロといったことを家でしたり。

お天気の良い午前中には、ゆっくり歩いて半時間程にある

山の上?にある公園の入って良い所で凧揚げとバドミントン。

また、ゆっくり歩いて帰る_

というのが、恒例です。



いつも同じですが、全く同じということはありません。

風景も変わっていきますし、

いろいろなものが変化しています。



こうして、同じことが出来るというのは

本当に有難いことです。

家族皆が健康でおれることは、本当に有難いです。



今年は、今年なりに 自然にまかせて

健康を大切にして暮らして行ければと思います。



皆さんも、どうぞ、お身体とお心を

大切になさってください。








= おまけ =


元旦の午前中。
暖かい頃を見計らって、プチ散歩。
朝は6時前から動き出し、夜8時就寝まで"食欲全開"です。
ごん、今年は16才になるんだねぇ。大好き、ごん。




毛繕いをしている愛猫ぺこを見れるのも、しあわせなひととき。
人間が勝手に地球を区分けしているけれど、それもアホらしいですね。
動物達の自由なエリアがどんどん少なくなってきて。ね〜、ぺこ。(笑)
存分に毛繕いしてってよ!




山の上の公園に行きますと、



あちこちに"ぼこぼこ"が・・・。
そうです!もぐらちゃん達の日常の跡。(笑)
都会の方々にはなかなか見られないものと思いましてアップしました。




いちごを家族が育てています。
これは、いちごのお花。




こうなって・・・



これが段々と赤くなっていくんです。
いちごは、春3〜5月に赤くなるんです。冬の果物ではないのです。
子どもの頃は知りませんでした。ケーキに一年中のっかってるもんねぇ。(笑)







Posted on 2017/01/03 Tue. 10:34 [edit]

category: 日常

thread: 人生を豊かに生きる  -  janre: 心と身体

TB: --    CM: 0

03