FC2ブログ
2016/11/03.Thu

囁かれる言葉 〜 ご質問をうけて 〜

ここ一ヶ月ぐらいで、似たようなご質問を

複数回受けましたので

書いた方が良いのかなと思った次第です。





● ご質問内容

他界にいる家族のことを思うことがキッカケで、

あちらのことを考える回数が増えてきました。

いたづら(低級霊/良くない思念)な存在から

誘惑されるようなことはありますか?

知らず知らずのうちに 考え方が変になることはありますか?

また、

眠りかけている時に、他界した家族を感じ、

言われることがありますが、それは家族でしょうか?

そういうことはありますか?



- - - - -



私の経験から申し上げますと、

内容によります。



どのようなことがキッカケでありましても、

目に見えない世界(他界)との交流には、

危険は必ずあります。



例えば・・・

家族や知人友人を名乗り、

当人(私達側)が喜びそうなことを囁き、

当人が自分にもそういう能力がついてきたのだと

喜んでいる姿を見て、そうした輩は喜ぶのです。

悪質ないたづらです。

名前や住んでいた場所などの個人情報の流出は、

他界もこちらの世界も簡単に流出するようです。

ですから、

私は、名前を名乗られても安心はしません。

「 名前が当たる = 一流、本物 」

とは断言出来ないと考えています。

いちいち確認して(用心して)、交流しています。

私の経験からしても、

名前だけで、当人だと認めるわけにはいかないのです。

小さい頃から色々と経験していますので、

非常にこのあたりは慎重です。

(自分の身は、自分で守らねばなりません。)



一番大事にしていることは、人格や性格です。

その人らしさです。



例えば、肉体があった時(私達側)には、

人の良くないことなどを言わない人が

そうしたことを話す_

これはあり得ないでしょう。

こういう場合は、

ご自分(私達側)の願望や意識がそうさせている可能性も

あります。

低い思念体が悪質ないたづらをして、喜んでいる可能性も

あります。



囁かれる内容に寄る、と思います。



私達にとって、都合の良いようなことが聴こえたら

無視なさった方が賢明です。

それが手口がひどくなってきますと、

本人(私達側)を「特別な存在」のように持ち上げたり、

支離滅裂なことを言い出したり、

自分のやることは「正義」だと思わせたり、

します。



まぁ〜、何と申しましょうか、

常識や良識を常に胸に持ち、日常からそうしていれば

そういう手口には、ひっかかりません。

こちらをその気にさせる手口は、あちらもこちらも

あるのです。

(そうした輩は、霊界には辿り着いていません。

限りなく、私達の世界(物質界)に近いのです。)



" なぜ、ひっかかるのか?"

" なぜ、そんなことをするのか?"

と思われると思います。

" オレオレ詐欺は、なぜ、そんなことをするのか?"

というご質問と似ているように思います。

彼らは、人間に潜む感情や欲望をつつくのです。

不安、願望、といったものを。



以前にも何度か書いていますが、

こうしたことに " 憧れ " は禁物です。

憧れは良い面しか、ご覧になっていないのです。

物事には、すべて「多面性」があります。

それを忘れないことです。



そうした輩は、

霊能者、霊媒、占い師、、、といった目に見えないことに

関わる人達を常に狙っています。

それと、願望の多い人、大きな野望を持っている人なども。

私の知人たちも、気の毒な考えになって行かれた方々は

多いです。

" 自分には能力がある " と陶酔するのは

極めて危険な状態ですよね。(苦笑)



大事なのは、なんですか?

と思います。



話せるようになりたい_

お気持ちわかります。

自分の会いたい人とだけ会いたい_

そうだったらいいなと思います。



私が、多分、普通に過ごせているのは、

子どもの頃に たっぷりと恐い経験を

したからだと思います。

何十年もかけて、免疫のようなものをつけてきたんだなと

思います。

これが、5年10年の間に起こったとしたら・・・

頭がおかしくなっていたかもしれない。



どういうことが起きても、

染まらないことです。

常識、良識、思いやり、洞察力、疑問に思うこと等、

常に考える姿勢は我が身を助けると思います。



一番大切なのは、

愛しい家族を、

愛しい人を、

信じること。

心から信じること。

これは口先だけではいけません。

心から、です。



私達にとって、都合の良いこと(楽なこと)、

言い訳がましいことなどを

霊界にきちんと手続きをされた方々はおっしゃらないです。

甘いことを囁いたら、どうなるか?ぐらいのことは

他界ではお見通しだから。








くれぐれも、" 甘い囁き " には、

常識を働かせてください。

良識を思い出してください。



家族を信じること。















= おまけ =

マリーゴールドならぬ、マリーレモンだっけ?レモンゴールドだっけ?
忘れてしまいましたが、畑にはかかせない花らしいです。
ぱっと華やぐ黄色のお花に癒されます。






アガサ 葉山在住
〜 愛しい家族とのひととき ~




頂いたメール | Comments(0)
 | HOME |