FC2ブログ
2016/07/05.Tue

理解する、というよりも。

" やっと、更新したか!"

そんな声が聞こえてきそうです。(苦笑)

随分と暑くなってきました。

年々、暑さがこたえます。

今日は曇りで風があって、身体が楽です。

しのぎ易いですね。



ここのところ、頂くメール内容に共通がありました。

思いを馳せながら書かせて頂きます。



" 理解する。"

家族であっても、心底の理解を得る、理解するというのは

難しいと思います。



" わかってほしい!"

と思うのは、人の感情として自然。

家族間で、協力し合える、思いやりを投げかけれるのは、

稀少価値だと思います。

協力しあう、しあえる家族が良くて、

そうではない家族が悪い、とは思えません。

物事すべてに「 二面性 」があるからです。



親であっても、

子であっても、

夫婦であっても、

彼、彼女であっても、

友達であっても。



良好な関係の時にこそ、見直すことが必要。

そこに礼儀や尊重が含まれているかどうか。

良好な関係が崩れてから見直すのは、大変。

大抵は、相手を責めるでしょう。

言い過ぎてしまう。

言い過ぎるのは、やめた方がいい。(笑)

そう思います。



関係が良好でない時ほど、

" 理解されたい!" という思いが膨らんで来るでしょうし、

" コントロールしたい!" という思いが膨らみます。

両方共、人間ならば誰にでもある感情です。

思い通りにならないから、キツい言葉を投げてしまう。

まぁ、八つ当たりはそうですよね。

当たられる方は、えらい迷惑ですけど。(笑)






理解する。

理解したい。

多分、これらを思う時、心の余裕がなくなっているかも。

だから、苦しくなる。

それぞれが " 一人の人間 "(個性)ということを

心のどこかに 鎮座させておくことで、随分と違います。

あぁ、そうだったと思い出せ、相手を尊重しやすくなるし、

客観的に自分の心とも向き合えます。



人を理解することは、やっぱり難しいです。

血縁関係があろうとなかろうと、関係ないです。

誰でも自分を大事にしてほしいと思います。

それが、自然。

ならば、相手も尊重しないと。ね。

バランスが崩れます。



自分を理解してほしい、

自分を認めてほしい、

過剰に思いますと、まぁ〜、ええことないです。(笑)

逆のことばっかりになってしまいます。

要するに、

" 上手いこと いかない。" です。



相手がどうであれ、

相手の出方(行動や言動)がどうであれ、

自分の心を腐らせることは しない。

最後の最後は、そこやと思います。



家族がどんなに理不尽だと思えても、

周囲の人達が、どんなにダラけていようとも、

目くじら立てることは、ないのです。

その人は、その人なりに その人の人生を歩いておられる。

その人に任せておいたらいいんです。

その人の人生であって、自分の人生ではないから。



時に、思います。

家族にイラっとした時に。(苦笑)

" 理解してる、理解したい "

本当にそう思ってるんだろうか、自分は?

と問います。

その「 理解 」というところに、

我が身可愛いさが 有るのではないか?

大抵は、有りますよねぇ。(笑)

皆、そうです。



理解したい、理解するということは、

相手をひとりの人として尊重する、

ということだと私自身の経験から そう思います。

家族であっても、です。



それは、

長い長い時間をかけて 少しずつ 少しずつ です。

今は、何でもかんでも、早く早くの時代で、

長い時間かけることは疎まれ、

人の心や感情さえも「 早く!早く!早く!」です。

早くて善いのは、命に関わることだけです。



命を育てる、心を大切にする、愛を育む・・・

本当のこと、大切なことというのは、

やっぱり 長い時間がかかってしまいます。



だからこそ、

本当が見えてきて、わかってくるような気がします。













プランター育ちのスイカちゃん。
随分、スイカらしくなってきました。
が、よくみると・・・
左右アンバランスでしょう?
なんでかなぁ〜と家族と話していた時、ふと、思ったのです。
向かって左側。建築工事側です。
向かって右側。工事側ではない方。
ずっと大きな音が、ストレスになったんだなぁ。
少なからず、わが家も何とも言えない空気にゲンナリした時期がありました。
そこに関わる人間の感情というのは、こんなにも影響を与えるもんなんですね。
びっくりしました。
家族が作る方法は、すべてが自然。
化学的なものが入っていないからこそ、これだけ顕著に表れるんですね。
農薬や化学的な肥料というのは、人間にとって便利な物ですが、
持って生まれたものを鈍くしてしまいます。

すべてに「 二面性 」がある。
そう思いました。

どんな形になっても、大丈夫だ!



















日常 | Comments(2)
 | HOME |