FC2ブログ
2016/06/10.Fri

心は嘘つけない。

交流をしていくなかで、一番難しいところは、心。

心というのは多面性があります。

一筋縄では理解出来ません。

心というのは、他界していようが、こちらに居ようが、

変わりません。



他界したら誰でもかれでもが、心が浄化される・・・

というような自動的なことはないようです。

この世的な誤摩化しは効かない。

嘘はつけない、ということです。



わかりやすく例えますと、

表沙汰になるならないに関わらず、

人を騙したり、脅したり、いじめたりしたとします。

もちろん、犯罪も含みます。

人を蔑むように生き続けるも 誰でも他界します。

たまたま、お金持ちだったとします。

他界したら、

お金を積んで、

高額な戒名をつけてもらったり、

高僧にお経を唱えてもらったり、

一等地にお墓を建ててもらったり・・・

というようなことをすれば、

自分がやってきた行いがすべて「帳消し」になる!_

そんな都合の良いことなどありません。

人としてどうなのか?

というところです。



犯罪でなくとも、

"ラベル"崇拝し、自分に酔っている人達は

日常を見直した方が善いと思います。

学歴、勤務先、職種、お金の量・・・

これらは、この世的。物質的。

他界では、そうしたものは、一切関係ありません。

すべては、「 心 」。



悪いことしてるな、

誰かを傷つけているな、

誰かを困らせたな、

というようなことが少しでも心にあるならば、

思ったら吉日、すぐに止めた方が善い。



勇気を奮い立たせて、欺瞞なことは止めること。

潔く今までの悪しきことを認め、止めること。



それが出来る、出来ないは、

いままで、一度でも

心から 誰かに感謝したことがあるか、ないか_

だろうと思います。



自分さえ良かったらいい・・・

誰も見てないからいいだろう・・・

他の人もやってるから、別にいいだろう・・・

といったようなことは、やらない方がいい。



誰もみていなくても、記憶(記録)されているのだから。

自分の心に。



自分で蒔いた良くない種は、

自分でしか刈れない。

他の家族に影響する、ということはありません。

家族といえども、自分ではないから。

家系の因縁、なんとか、、、、というのは迷信。

感情の良い悪いはあったとしても、

良い霊、悪い霊というのも、人間が勝手に作ったこと。



これからの季節、テレビ番組で

そうした類いの番組が放送されるかもしれませんが

低迷し続けるテレビ局の視聴率狙いですから

そのあたりは良識でご判断ください。



悪いと思ったら、止める。

良いことを地道にやっていく。

最初は、自分の感情とのにらめっこ。

でも、忘れた頃に 良い習慣になっていく。

それが、性格に加わり、

人格が備わってくる。



そうやって、ようやく

人と成れる。









そう 思います。



















プランターの隅っこに、可愛い「オジギソウ」がやってきました。
風で飛んできてくれたのかな〜?と家族間で言ってました。
わが家で前から大人気のオジギソウ。
そっと触れると、動くところが良いですよねぇ。







思うこと | Comments(4)
 | HOME |