FC2ブログ
2016/04/16.Sat

一年前の言葉

Mさんが来られる当日の朝、なにげなく外の景色を見ていますと

< 誕生日プレゼント・・・ >

プレゼントに関しては、ここのところ、いろいろありまして(苦笑)

つい、その声の主の男性の言葉の続きを遮断してしまいました。

またしばらくして、私は、ある物のある部分を見つめていました。

( そこに何か、あるのですか?)

と尋ねるも 何の返事もありませんでした。



大きなリュックを背負っておられたMさん。

遠路遥々、ここまで来られたんだ・・・

この時を待っておられたんだ・・・

来られる方、お電話やスカイプの方との その瞬間は、言葉にはなりません。

なかには、私を見るなり、走り出し、涙があふれ出す方もおられます。

おひとりおひとりのお気持ちに対して、気の効いた言葉をかけれるような

そんなスマートさは私にはなく、胸が熱くなる私はぐっと腹に力を入れ直し、

お天気の話やら何やらの話をいたします。





Mさんの髪は、以前より短くなっていました。

とてもお似合いでした。

私は男性のような短さ。髪が短いがゆえのことを話したりしていました。

いつも通り、静かに、自然に始めます。

私がお伝えする言葉ひとつひとつに、静かに耳を傾けておられる様子。

容姿やお人柄やお仕事柄のことや、普段の生活スタイルをその男性は

伝えてくださいました。

「 心当たりはありますか? 」

「 はい。わかります。」

私は伝えてこられる内容に、" 尾ひれ背びれ " を付けることは好みません。

信頼に、" 尾ひれ背びれ " は必要ないと思っています。

信頼には、長い年月がかかっています。



「 彼は、寝転がって、こんなふうにね、してるんですよ。」

「 はい。よくそうしていました。」

「 Mさんの顔ばっかり、見ていますよ、彼。面白い人ですね。」

「 はい。」

「 彼は、Mさんの顔が好きみたいですよ。

 なんでそんなに顔ばかり見てるんですか?って尋ねたんですよ。

 そしたら、そうおっしゃっていました。」

少し恥ずかしそうな顔をされながらも、Mさんはこうおっしゃっていました_

「 食べてる時の顔、寝ている時の顔、顔を眺めているのが好きなんだと

 彼は言ってました。」

「 そうですか。 今も、彼は 変わりませんね。

 でも、彼のその気持ち、わかるような気がします。

 私も、Mさんのお顔を見たいと思ってしまいます。

 彼の影響かも しれませんねぇ。」

Mさんと私は、ふふふ と笑いました。



最後の方だったと思います、

Mさんに「 何かお尋ねになりたいことはありますか?」と申しました。

すると、

「 明日、私の誕生日なんです。」

「 そうですか。それはそれは。」

「 はい。彼は何か言っていますか?」

「 尋ねてみましょうね。」

妙な気持ち。なぜだかそわそわし始める自分。

けれど、彼からは何も返事が来ないのです。

「 彼は、何も言わないです。」

「 やっぱり、そうですか。。。彼はそういうことを言う人ではないのですが

 でも、ちょっと聞いてみたくて言いました。」



私を妙な気持ちにさせている " 彼 "は、とうとう私を押し切りました。

「 なぜだか、わからないのですが、どうも、彼がそうしたいようです。」

と私は、部屋にあった、自分のある物を差し出しました。

「 これをMさんに。」

「 え? 良いんですか!」

「 ええ、良いんです。もうどうしようもありませんもの。

 向こうがそうさせたがっているから、どうしようもありませんね。(笑)」



Mさんの笑顔には、別の意味があったようです。

「 アガサさんは覚えておられないと思いますが、一年前のことです。」

「 そうですね、覚えていないでしょうね。おっしゃってください。」

「 彼が 一年前、アガサさんを通じて『 ○の○○○○○ 』と言ったんです。」

「 へぇ〜、そうなんだ。」

「 その時には、私はなんのことだかわからなかったんです。」

「 そうでしたか。・・・あぁっ!!!」

「 そうなんです! 私、今、これのことだったんだと思いました。」

「 うわぁーーー! すごいな、彼。まいったなぁ〜(笑)」

「 はい。(笑)」





あちらでは、時間の概念がない と言われています。

私はあまりそうしたこと(知識的なこと)を大事にはしません。

すべては自分の経験を優先させます。

彼のとられた行動や思いは、その知識に当てはめることは出来ませんね。

知識というのは、そういう程度です。

何の為の知識か?

知識は、人や動物、命に役立たせてこそ「 知識 」なのです。



こういう時に、あちらの " 粋 " を実感します。

たまにあるから、その実感具合も ひとしお。



誕生日プレゼントやお祝いの言葉やイベントなど

普段から 関心のなさそうな人が、

たまに こういうことをされる、

一生に一度のことかもしれませんが、

そういうことをされる。



たまにあるから、喜びもひとしお。



Mさんがお帰りになったあと、私は、しばらくの間、

こう つぶやいていました_



やられた・・・

まいったなぁ〜・・・。


















最中みたいものに、お湯をそそぐと、あら不思議!
中から 可愛いものが出てきました。
この最中みたいなのが溶けると もちもちっとした食感。
お出汁もすごく美味しかったです。
家族全員で、わぁーわぁー 言いながら。笑
子どもが「美味しいから、もう一つ食べたい!」と言い出しました。
「 美味しいから、一日一回。明日のお楽しみにしなよ。」と私。
子ども心はわかります。
わかった上で、わきまえることを伝えたい。
まぁ〜、単なるイジワル母ちゃんかもしれませんけどねぇ。(大笑)












アガサ 葉山在住
天国との対話 愛しい家族との時間
~天国の人々の思いを伝えています~







愛しい家族、大切な人との交流 | Comments(0)
 | HOME |