FC2ブログ
2016/02/12.Fri

会えるんだよ

頂いたメールで 久しぶりに泣きました。

ご紹介したいと思います。



- - - - -



先日主人の夢に○○が現れて、

主人の目をしっかり見つめ、

涙を浮かべながら、

「 会えるんだよ 」

って伝えてくれたそうです。

また会える・・・。

一生懸命、伝えてくれました。



- - - - -



夢でご覧になった時のお気持ち、

奥様にそう話された時のお気持ち、

ご主人から そう聴かれた時のお気持ち。



ここのところ、多忙で 涙さえ枯れかけていた私に

久しぶりの涙が溢れました。



たった一言。

その重さ。

優しさ。

愛。



たかが夢だと思われるかも しれません。

けれども、

わが子があちらへ旅立った親御さんのお気持ちは

いつも 私の周りにあり、

いつも 私の心に あります。



お子さんが 懸命にご自分で伝えられたその姿が

目に浮かぶような気が 致します。



" わが子が 元気であれば、それで良い。"



ほとんどの親御さんは しぼりだすように

そうおっしゃいます。

想像を絶する苦しみと悲しみがありながらも。



いつか、

いつか会えるその日まで

悲しみ、苦しみ、時々ふいにやってくる穏やかな時

それらと共に

生きていく_

言葉で言えるほど、簡単なことでは ありません。

一生、背負ってゆかれるその思いや覚悟に

私などは 足下にも 及ばない。

努力しても したりない。








大丈夫。

必ず、会える。

再会は、たとえようがない_

そう聴いたことがあります。

そう思いを伝えられたことがあります。

深い悲しみと苦しみを経験した人だけに与えられる、

想像しえないほどの

喜びとしあわせ。





" 会えるんだよ。”





必ず、会えるから。

そのことを忘れないで。






















学校でもらってきた折れた桜の小枝。
強風の時に折れたのかも、しれません。
コップに水を入れて、時々、ライトをあてたりして、
「生きる」と信じているわが子。
黙ってその姿をみている私。
願いがかなったようです。初々しい薄緑の部分が育ってきました。





自然農法を自分で研究しながら、出来る範囲で実践している夫。
とうとう、種から苗を作ることまで手を出しました。笑
その几帳面さに、驚きます。(私は無理だなぁ〜)
わが子を育てるように、大切に大切に育てています。
いつか、そうしたことが続けられるようになるといいね。

そして、不精な私。
家族たちのおかげで、自然に育つものの逞しさ、自然に育てることの難しさ、
自然に育てられたものを口にする稀有さ、貴重さを実感しています。
大量生産、安く買いたい、形を優先した市場と消費者意識などを思うと、
アレルギーをはじめとする各種病気というもの、現代社会の代償かと思えます。










アガサ 葉山在住
天国との対話 愛しい家族との時間
~天国の人々の思いを伝えています~






愛しい家族、大切な人との交流 | Comments(5)
 | HOME |