FC2ブログ
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事

カテゴリ

プロフィール

アガサ

Author:アガサ
他界された愛するご家族、大切な方との対話を地道にお伝えしています。

アガサ

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

母さん、気をつけて。

数ヶ月毎にご依頼を数年続けてこられたYさん。

毎回、来られるご家族が話されるのを

楽しみになさっているご様子に

母の愛を感じずにはいられません。

ご自分で向こうに行かれたお子さんは、

毎回来られるものの 話題が実に様々。

私の方が話の内容についていけず、

理解に乏しさを感じながらも、

Yさんにお伝えすると

「 息子はそういう子でした。」とおわかりになる。

「 息子が言いそうなことです。」と笑われる。

親と子の結びつきの深さに 胸が熱くなるのでした。



お約束時間になり、

あちらに合わせ始めると もう来られていました。

非常に軽やか。

まるで・・・

細かい霧状のような、

炭酸の細かい泡のような・・・

そのような軽やかさが私の周囲全体に広がっているよう。

いくつか、ご自分だということをおっしゃって、

Yさんがおわかりになり、

私も納得出来たところで、

息子さんは、ご自分が話したいことを話し始めました。



可愛いさかりの甥っ子たちを見守っていることを

話されたあと、

< お父さんの○のあたりに痛みが1月あたりに出るから

 今から気をつけてやって。大事には至らないけどね。>

そう伝えますと、

「 わかります。○○が弱っているようなんですが、

 その痛みが○に出るようで・・・何年か前に痛みが

 あった場所です。あ〜、そうですか。わかりました。」

とおわかりになったようです。



<・・・妹は教育ママなんだ。これから先、

 エスカレートしていくだろうから・・・

 孫たちを見守っていてやってほしい。

 気がぬける場所として。

 まあ、本人も気づくことが起きるだろうけど。笑>

「 と おっしゃっていますけれど、おわかりになりますか?」

「 えぇ、とってもわかります。(笑)
 
 そんなに厳しくしなくたっていいのにって思っていました。

 よく 見てるんですねぇ。(笑)」



時間もそろそろ、という時に、

息子さんが、Yさんのお仕事の行き来に傍におられる映像を

視せてこられました。

「 Yさんがお仕事の行き帰りか、帰りか・・・

 隣に息子さんがおられるのですが、ご存知ですか?

 いつもではありません。

 決まっているわけでない。

 けれど、よく一緒におられます。」

Yさんが何かを言おうとされたのですが、

むこうから続いているので、私は続けました。

「 なんだろう・・・傍に居る、見守っている・・・

 そんな意味ではありません。

 そんなんじゃない。何か・・・こう・・・

 え? なに?

 あぁ、わかりました。聞こえました。

 『 気を付けて 』って おっしゃっていますよ。

 ご存知でしたか?

 ご存知でなくても、いいんですけどね。(笑)」



Yさんは、多分、びっくりされていたと思います。

(ご本人の顔は、Yes 、No の確認以外は

 ほとんど見ないので、わかりませんけれども。)



「 わかります。言ってることがわかります。」

そう Yさんはおっしゃって、話してくださいました_

「 私ね、いつ頃からだったか ハッキリ思い出せませんけど

 車に乗る時、乗っている時に、

 『 お母さん、気を付けて。』って言われてるような気が

 何度も何度もしていたんです。

 主人や娘たちからはそんなこと言われたことないし、

 なんだろうって思いながら。

 息子だと思ったんです。

 でも、自分の妄想かなって思っていながらも、

 『 お母さん、気をつけて。』って言われると

 『 わかった。気をつけるね!』って思って。

 何度も何度も、そんなことがあります。

 そういう時の時間も決まってないんですけど、

 結構、そういう回数が多いなって思っていました。」

と興奮気味で、そうおっしゃっていました。

「 なんだ。ご存知だったんですね。

 Yさんの妄想ではありません。

 息子さんが そうおっしゃっています。」

「 わかります。(頷いて)わかります。」

流れる涙は、愛と感謝の涙。



Yさんは、こう付け加えておられました、

「 私、スピード出し気味なんです。笑」

「 あぁー、そりゃー、息子さん、心配ですよ!笑 」。

大笑いで幕を閉じました。






こうなるまでに、月日が流れています。

” 通り ” が良い時とそうでない時もあります。

” 通り ” の条件は、暫定ではないと思います。

けれども、

私が経験しているなかで、いくつか理由が

わかってきているなかのひとつに、

これだけは言えるんじゃないかって思います。

それは_

ご家族への許しが 始まっていること。

心から受け入れること。

これが一番難しい。



そして、

私を 受け入れてくださること。

霊媒としてではなく、ひとりの人として、です。

心の通い合いです。

スピリチュアルなんかでは ないのです。

人生そのもの。

こうしたことに、

スピリチュアルな団体の認定なんか要らない。

何かの評価があるとするならば

私が興味を持つならば

あちらの方々の気持ち、心、

ご依頼人の方々のその後、

だけ。






< 母さん、気をつけて。>






大丈夫ですよ、

お母さん、はっきりとわかってらした。

車、飛ばさないって。

気をつけるって!













二ヶ月程前、家族が私の大好きな干し芋にチャレンジ。
出来上がりは・・・固かった!(笑)
でも、ほんのり甘いのは 自然の甘さ。
市販の味に身体が慣れていた私は、家族のおかげで
自然の味を感じれるようになってきました。
普通は、固くなるんですよね。(苦笑)
それで、自然です。
いつまでも柔らかい、腐らない、っていう方が ” 不自然 ” 。
不自然な物に慣れてしまった現代人への警笛として、
様々な病気やウィルスが流行るのもある意味、「自然」なのかも。
自然の味は、第六感を思い出させてくれます。




アガサ 葉山在住
天国との対話 愛しい家族との時間
~天国の人々の思いを伝えています~


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル:心と身体