FC2ブログ
2015/11/09.Mon

愉快な父さん

朝から、せっせとご来客準備に勤しむ私に、家族から

社会に対しての疑問と不満についての所見を聞かされ、

意見を求められていました。(苦笑)

元来、私は、

「 人は人。自分は自分。」という考え方。

人生に起こる様々なことを乗り越えてくると、

そうしたことにも、鈍くなるんでしょうか。(笑)

家族のストレスをじっくり聞く時間と気力がなかったので

トイレへ非難?!しました。



( さあ、気持ちを切替えよう・・・)

そう思った瞬間、

< ははは。気の毒だなぁ〜。ははは。

 いつも、ああなのか? はははは。

 気の毒っていうか、笑える。ははは。>

と話してこられた初老の男性。

その方のおかげで、私も、一緒になって笑えてきました。

( もう、来られてるんですね。)



そうして、部屋へ行き、調整し直しました。

ふぅ〜っと、何かの匂いがして、

何の匂いだろう・・・

なんの匂いかわからないけど、

男性が着ける匂い。

コロンなのか、頭髪に着ける何か。



そうこうしていますと、がらっと空気が変わりました。

沸き上がるような・・・強い思い。

家族への深い深い思い。

< 何を してあげただろう。

 何を 残してやれただろうか。・・・>

そうおっしゃったのです。



そうして、待ち合わせ場所へ。

ご依頼人おひとりと思い込んでいた私は

「 あ、お母さんもご一緒なんですね。」と話し、

(あ!椅子とカップをもう一組、準備しなきゃ。)

と思っていました。

Tさんが、

「 母も連れてきました。事前に言ってなくてすみません。」

私は、

「 いえいえ。大丈夫ですよ。」と話していました。



すると、

< 良い娘でしょおぅ!>と言われたので、

「 良い娘さんですねぇ!」と言わずにはおれませんでした。

Tさんは、きっと、

” アガサさんは一体何を言い出すんだろう?”

と驚かれたかもしれません。

とにかく、その男性は、よく喋られるんです。



そうして、アガサ部屋へ。

お母さんは、まさか、私が霊媒だとは思われず、

驚かれたご様子。

そういう時、私は内心、ニヤリとします。

だってほら、

霊能者や霊媒のイメージって、

白い着物を着てるとか、

手首にジャラジャラと天然石ブレスレットを着けてるとか、

首には、大きめの天然石か、どこかの先住民っぽい

シルバーのデコラティブなものとか、

木や木の実で作られたものをぶら下げてるとか、

あるいは、

部屋には水晶の大玉や、岩石をくりぬいたようなものがあったり、

高そうな服に身を包んでいる! というイメージですもの。

そうした” 物質 ” に頼る必要は 全くありません。



大体の年台、背格好、そして、性格といったことを

お伝えしていったと思います。

Tさんは目を赤くされていたんじゃないかな、と思います。

お父さんから話されること、伝えられること、

すべてを話し続けていますと、

Tさんは驚かれた様子で、

「 こんなふうに言ってはいけないのかもしれないですが、

 当たってる・・・。」

とおっしゃっていました。



お父さんは、

妻へ、そして、娘の仕事について、家のことについて、

いろいろと(言いたいように)話しておられました。

Tさんやお母さんがお伝えした内容にまつわるお話を

してくださっている時に、

お父さんは、娘さんの毛を触ったり。

お父さんの動きがあまりにも面白くて、

「 お話の途中にすみません。

 お父さんが、Tさんの髪の毛を触ったりしておられて、

 その姿が何とも面白くて、つい笑ってしまいます。」

と申しました。

すると、

母娘で顔を見合わせて、

「 よくちょっかいを出してたんですよ!父は!」

と大笑い。



「 なんだ、全然変わってないじゃん!

 本当に何も残していなくて、苦労したんですよ!」

と娘のTさんは、大笑い。

お母さんも、涙き笑い。

そんなご家族に、私もつられて、大笑い。



娘の仕事に、とても応援しているとおっしゃっていました。

その姿が目に浮かぶと話しておられたお母さん。

お母さんは、寂しい気持ちを話してくださいました。

自分の妻への応援もしていること、

やってみようかとお考えになっていることへのアドバイスも

お父さんは おっしゃっていました。



「 あぁ、本当に来てよかったぁ!」

心からそうおっしゃっていたTさん。



思春期だった頃、ご自身のお父さんへの反抗に

ずっと自責の念を持っておられたとのこと。

娘が大好きなお父さんは、確かにショックだったけど、

こうやって一人前になっていくんだなぁ・・・

という感慨深いお気持ちであったことも

話して下さいました。








とにかく!

笑って、笑って、笑って。

涙もぽろぽろ流されて。









お父さん、良かったですね!























ご近所さんから頂いた、ざくろ。
お茶にお呼ばれしている時に、コップ片手に来た家族。
「 ざくろジュースです。エキスかな。。。種も一緒にジューサーしました。
 驚くような色でしょ!」
ショッキングピンクという表現が今もあるのかな?
ザクロのルビー色のイメージとは程遠い、はっきりとしたピンク色。
何やら、ザクロの種の回りに栄養があるのだとか。
味は・・・想像では、うげっというイメージだったのですが、
実際は、びっくり!とても濃い酸っぱさ!だけど、イケる。
ちょうど出してくださっていた、ローズヒップティーに入れて混ぜて飲みました。
「女性ホルモンに良いらしいね。」とご近所さん。
「私、女性ホルモン、あったかなぁ。」と普通に言うと、大爆笑。
秋の外でのお茶も笑いに満ちた日でした。




アガサ 葉山在住
天国との対話 愛しい家族との時間
~天国の人々の思いを伝えています~








愛しい家族、大切な人との交流 | Comments(0)
 | HOME |